夏は特に紫外線が多い季節で、UVケアをしっかりしていないと、すぐに肌が焼けてしまい、シミの原因になる可能性も。特に女性は敏感になってしまいますよね。そういった紫外線の悩みを解説するために、肌が焼けないための日焼け止めについて解説していきます。

おすすめの日焼け止めランキングと賢い使い方

外出する時に、日が差しているとすぐに日に焼けてしまいます。そうなると、肌に焼けたあとが残ってしまい、肌のケアを入念にしなくてはいけなくなります。最近では紫外線の量も増えてきているということもあり、ちゃんと外に出る時は、紫外線をカットしたいですよね。

しかし、紫外線を予防するにも、日焼け止めの種類が多すぎて何を選んだらいいのか悩むことはないでしょうか?そんな悩みを解決するために紹介したいのが、おすすめの日焼け止め。しっかり塗って毎日の暮らしを快適に過ごしていきましょう。

その日焼け止めも、自分の肌に合わないと肌トラブルの原因になることも。正しい使い方で、自分に合ったものを選択することが重要になってくるのです。特に直接肌につけることの多い日焼け止めは、特別意識を持って購入することが大切です。

中には敏感肌の方や子供の肌を守りたいという方もいるでしょう。そういった方は、普通の紫外線を使用するよりも、少し特別な効果を与えてくれる日焼け止めを購入することを推奨します。そういった、日焼け止めについての知識を紹介していくので、参考にしてみてください。

日焼け止めの種類

紫外線をカットして、肌トラブルを解決してくれる働きをする日焼け止め。その日焼け止めにいくつかの種類が存在しています。用途や好みに合わせて使い分けることも有効ですし、自分に合ったものを選択することが、これからの日焼け対策には重要になってきます。

液体タイプ

一番使用率の高い日焼け止めの種類は、この液体タイプといわれています。その理由は、保湿力が高いことや肌への浸透率が高いということからきているようですね。しっかりと肌になじんで、化粧の下地としても使用できるということもあり、とても人気があります。

しかし、伸びが悪いために白浮きしてしまうこともあるというのが欠点かもしれません。また油分の多い性質のものがほとんどなので、肌荒れやニキビの原因になる可能性も考えられています。また落ちにくい性質のものなので、ちゃんとクレンジングなどで落として、肌をケアしてあげましょう。

この液体タイプには、色々な形式があります。例えば、ジェルタイプだったり、乳液タイプだったりと、その内容は多岐に渡ります。使用する時のケースによって、使い分けてもいいですし、自分の肌に合うと感じるものを選択することが重要なので、慎重に考えて購入していきましょう。

パウダータイプ

メイクの仕上げにポンポンと乗せるだけで効果があるので、液体タイプが苦手という方や敏感肌の方におすすめです。肌に優しい性質を持っていて、肌トラブルに悩んでいる方にも安心してつけることの出来る日焼け止めのタイプといえるでしょう。

また落としやすいので、帰ってきてからのクレンジングも容易に出来るでしょう。しかし、問題なのが落としやすいということは、日ごろの生活の途中でも日焼け止めの効果が薄れる可能性があるということです。何度も塗り直しが必要になるケースもあるので要注意。

少し動いているだけでも落ちやすいパウダータイプ。このタイプを選択して外出するのであれば、持ち運びが可能な日焼け止めを持っていくことがいいでしょう。そうすれば、効果を持続させることが出来ますし、日に焼ける心配もないので、一度考慮してみてください。

スプレータイプ

液体タイプの日焼け止めと違い、手に取って日焼けしたくない箇所に塗るのではなく、直接スプレー缶から噴出することで、日焼け防止をすることが出来るので、手の届きにくい箇所や手を汚したくない時に重宝されます。また日焼け止めを塗ることを嫌がる子供にもつけやすいと評判です。

しかし、そのスプレーの特性で、噴出することによって、しっかり日焼け止めが出来ているのかどうかのムラが発生する可能性があるので、しっかりと日焼け止めをつけたいという方には向かないかもしれないですね。液体タイプと併用すると効果がさらに見込めそうですね。

シートタイプ

手を汚したり、ベタベタと塗りたくないという方におすすめなのが、このシートタイプです。日焼け止めには意外なタイプですが、塗りたいところにサッと塗れるのが特徴なので、ムラも少なく手を汚さないことから使用する方が続出中です。

特にスポーツをして汗をかいた時に、ベタッとしない感じが好評の秘密だといわれています。また日焼け止めでいちいち手につけてから塗る必要がないので、手軽に出来ることも楽でいいといわれています。しかし、使いやすい分すぐになくなってしまうので、いくつかストックしていた方がいいかもしれないですね。

日焼け止めの選び方

次に日焼け止めを選ぶ基準を解説していきます。このことを参考に選び方を考えて、自分に合うものやこのパターンには何を使用すればいいのか、判断する材料を把握していきましょう。きっとこれで悩む必要もなくなることでしょう。

顔用と身体用を使い分ける

よく日焼け止めコーナーの商品を見ても見かけるのが、顔用と身体用があるということ。この二つを使い分けることが今、推奨されています。その理由としては、顔と身体では皮膚の薄さや皮脂量というのが違います。そのため、つけるべき日焼け止めの種類というのを変えることが肌トラブルを回避するコツになります。

また日焼け止めにも、完全に日焼け止めのみを重視してつけるタイプと乾燥肌の方のために、潤いを与えるタイプのものとがあります。それを身体の部位ごとに使い分けることも重要なので、よく商品をみて自分の身体のことも把握しておきましょう。

シーンに合わせたSPF・PAを選ぶ

日焼け止めでよく見かけるSPF・PAの表記。一般的にこの数値が高いものの方がいいといわれていますが、そうでもないんです。確かにこの数値が高い方が、紫外線をカットする能力が高いのですが、その分肌に対する負担も大きいといわれているので、使用には十分注意する必要があります。

そのため、部屋の中にいるけど窓枠から入ってくる紫外線から肌を守りたい場合には、少しSPF・PAの値の低い日焼け止めでケアしたり、外出する時には紫外線の影響を受けたくないのでSPF・PAの値が高いものを選んだりと、シーンによって組み合わせを変更することが重要になってきます。

日焼け止めの基本的な知識

ここからは日焼け止めの基本的な知識に関する内容について解説していきます。日焼け止めはどういった理由で、紫外線をカットして肌を守ってくれているのか、紫外線の種類にはどんなものがあるのかなど、わからないことを解決するために紹介していくので、参考にしてみてください。

SPFとは

日焼け止めに記載されている表示で、SPFというの見たことがある方は多いのではないでしょうか?SPFは日焼けや肌に赤みを起こしてしまう、紫外線の一種UV-Bを防ぐ数値の大きさを示しているとされているので、この値が高い方がUV-Bを防いでくれる時間が長くなると考えられています。

例えば、1SPFが20分間、肌を守ってくれるとされているので、SPF30であれば30かける20なので、600分間もの時間、UV-Bから肌を守ってくれるというわけなのです。600分間なので10時間ですね。ちなみにSPF値の最高はSPF50だとされています。

PAとは

またPAとは肌を黒くしてしまう、UV-Aを防ぐ数値の大きさを示しているとされています。これも日焼け止めに記載されているので、見たことある方は多いのではないでしょうか?日光に当たった時に、肌が黒くなるのをどれくらい遅らせることが出来るのかというのが、PAの値で決まります。

PA+~PA++++までの4段階で区別されていて+の数が多いほど、UV-Aを防ぐ力が強いとされています。その分、日焼け止めの効力が高いのですが、高額になることもしばしばあるといいます。自分に合ったスタイルの日焼け止めを購入するようにしましょうね。

UV-Aとは

肌を黒くしてしまうといわれているUV-A。地表に届く紫外線の約9割がこのUV-Aだとされています。UV-Aに当たってしまうと、肌のハリや弾力を生むコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などに影響を与えて、シワやたるみの原因になるともいわれているので、怖いですね。

これを防ぐために、PAの高いものを選択すると、防ぐことが可能だといわれています。そのため、このUV-Aを防ぎたいと考えるのであれば、PAの+の数が多いものを選択するといいでしょう。

UV-Bとは

肌を赤くしてしまうのが、このUV-Bといわれていて、地表に届く紫外線の中では1割がこのUV-Bだとされています。肌の表面で吸収されることが多いので、真皮層までは到達することはあまりないといわれているのですが、短時間でも肌に影響を与え、日焼けや炎症の原因を作ってしまうと考えられています。

そのため、肌が赤くなってしまうというのは、このUV-Bが関係していたのですね。また日焼けは炎症の一種として考えられているので、油断していると取り返しのつかないことになるケースもあるので、肌が赤くなってしまった時には、対処を考えておくことにしましょうね。

紫外線対策は年中必要?

日光というのは、毎日欠かさず差しているものです。そのため、焼けないためにも日焼け止めは、毎日つけることが望ましいと考えられています。冬場や曇りの日はそんなに日光が出ないからといって油断してはいけません。雲を通して、紫外線は地表にやってきているので、天気は関係ないと考えた方がいいでしょう。

また夏の日差しはとてもまぶしく、紫外線対策をしているのは、夏がきてからという方も多いと思います。しかし、紫外線の量や強さが一番多いのは、5月頃だといわれています。そのため、紫外線の量を意識して紫外線対策をするのであれば、夏がくる前の5月以前に対策を講じていた方がいいでしょう。

一年前に開封した日焼け止めは使える?

基本的に一年前に開封した日焼け止めは使用しない方がいいでしょう。開封した場合、空気中の雑菌の混入などにより、品質が低下して肌トラブルの原因になる可能性も考えられます。そのため、開封して一年が日焼け止めの使用期限とされています。

ちなみに未開封であれば、3年は持つといわれているのですが、それは化粧品としての側面からみると3年ということなので、日焼け止め効果が実証されたわけではありませんし、衛生的にいいのかも疑問視されています。そのため、日焼け止めは一年以内に使い切ってしまった方がいいでしょう。

日焼け止めを塗る量は?

日焼け止めをする上で重要なのは、適切な量を塗るということ。少なすぎると効果が発揮されない可能性もあるので要注意です。ちなみに日焼け止めを使用する際の適切な量は0.6~0.8g程度といわれていて、500円玉くらいの大きさだとされています。

またどれだけ効果の高い日焼け止めでも皮脂や汗、化粧崩れによって日焼け止めが崩れてくるとされています。そのため2~3時間経過したら、もう一度日焼け止めを塗ることを推奨しているとされています。特に夏場は皮脂の量などが増えてくるので、しっかり塗りなおすことが大切です。

日焼け止めを塗る順番

日焼け止めを塗る時、化粧下地を先に塗るのか、日焼け止めを先に塗るのか、その順番に悩む方も多いのではないでしょうか?結論からいうと、日焼け止めを塗ってから化粧下地を付ける方が好ましいとされています。ちなみに化粧品などは一番最初につけて、肌に浸透させることが大切です。

それは化粧下地の役割を考えるとわかることです。化粧下地は、肌になじませてからファンデーションなどを塗る必要があり、それを疎かにしてしまうと、化粧乗りが悪くなる可能性もあります。日焼け止めは顔全体に日焼けをしないように塗ればいいので、化粧下地がしっかりしていれば、日焼け止めもキレイにぬることが出来ます。

紫外線吸収剤に注意!

一般的に、日焼け止めに使用されるものは、紫外線散乱剤といわれていて、その他にも紫外線吸収剤というのがあり、紫外線を吸収して化学反応を起こすことによって、日焼けを防ぐといったものです。

汗にも強いので好んで使用する方も多いとされていますし、塗り心地もさらさらとしていて、気持ちいいという方もいます。

しかし、気を付けないといけないのが、この紫外線吸収剤というのは化学反応で紫外線を吸収する時に熱を発する性質があります。そのため、敏感肌の方にはあまりおすすめできません。肌トラブルの原因になる可能性が考えられるからです。

子供の紫外線対策について

子供の肌は大人と違い、未発達のため紫外線に弱い性質があります。そのため、紫外線対策は講じておかなければいけません。しかし、SPFやPA値が高ければいいというわけではなく、高いものほど肌への負担が多くなるので、子供たちの肌には刺激が強すぎる恐れもあります。

まず紫外線対策で気を付けるべきは、帽子をかぶり赤くなった箇所には、水や氷を用意して冷やすというアフターフォローを心がけるということ。それがしっかりできる状態で、プラス日焼け止めで、お子さんの肌に合うものを選択しましょう。子供はスプレータイプの方がなじみ易いかもしれませんよ。

赤ちゃんにも使える日焼け止め5選

ここからはなんと赤ちゃんにも使用できるとされる日焼け止めを紹介します。子供以上につけるものには気を付けないといけない赤ちゃん。日に焼けると肌が炎症する恐れもあるので、しっかりUVケアはしないといけません。そんな肌に優しい日焼け止めを紹介します。

ベビーセバメド UVミルク

ロート製薬から販売されている日焼け止め。肌に優しく敏感肌な赤ちゃんにも優しいスキンケア商品になっています。その秘密はノンケミカルであること。デリケートな肌の赤ちゃんだからこそ、肌に刺激を与えない日焼け止めをつけてあげたいですよね。

また肌を守る弱酸性のUVミルクだからこそ、安心して赤ちゃんの肌をプロテクトしてくれます。これで外出先にも安心して、赤ちゃんを連れて行けますね。

エーデルワイス UVプロテクト

ヴェレダから販売されているオーガニック素材のUVプロテクタ。SPF33、PA++で全て天然由来成分で出来ているから、肌の負担が少なく潤った触感で安心して使用できます。赤ちゃんにも使用が認められていて、肌のキメを整える効果も期待出来ます。

柑橘系の優しい香りがするのも特徴で、石鹸で簡単に落とせることも重要なポイントです。ゴシゴシ洗い流せない赤ちゃんの肌にも適用することが出来るでしょう。

レイセラ ミルキーベビー UV

ノエビアから販売されていて、敏感肌の方にも安心して使用できるというUVケア。SPF25、PA++の商品で赤ちゃんの肌にもなじむように開発されています。またぬるま湯で落とせる性質も兼ね備えているので、安心して使用できるのも特徴です。

デリケートな肌に使用が推奨されていて、メイクアップベースとしても、使用している方がいるというほど、肌に優しくなじみやすいものになっています。

UVケアミスト アロマイン

ママバターから販売されている、ノンシリコンなのにサラサラな仕上がりになるUVケア。ミストタイプなので、手を汚さずに全身使用できることから、とても使い勝手のいい商品になっています。シトロネラ・ゼラニウム・ローズマリー・ユーカリ・レモングラスの5種類のエッセンシャルオイルを配合されています。

保湿成分・シアバターを配合しているので、UVカットをしっかり行いながらも、肌に潤いを与える性質もあるので、安心して使用できるUVケアです。使うほどに保湿が出来るので、積極的に使った方がいいUVケアといえるかもしれませんね。

アロベビー UVクリーム

純国産で、100%天然由来成分配合のオーガニックUVクリーム。敏感肌の赤ちゃんに使用することが出来るのはもちろんのこと、お湯でサッと落とせることも安心して使用できる秘密の一つといえるでしょう。世界オーガニック基準のエコサート認証も取得している、安心して使えるスキンケアです。

肌への優しさをとことん追及したこの製品だからこそ、赤ちゃんに使用しても肌への負担が少なく出来ているのです。刺激に弱い、未発達で守るべき存在であるからこそ、使用するものは慎重に選んでいきたいですよね。

たっぷり使えるプチプラ日焼け止め5選

ここからは口コミでも話題のプチプラ日焼け止めを紹介していきます。気軽に購入して扱えるからこそ、使用するものは厳選していきたいもの。どれも同じように見えますが、その成分や特徴は多岐に渡ります。しっかりスキンケアを行いたいからこそ、使用するものはこだわっていきましょう。

プロテクトウォータージェル

ニベアから販売されている日焼け止めに強いUVケア商品です。SPF50、PA+++のポンプタイプで、とろけるような質感で、肌になじむような感覚が味わえます。絶対焼きたくないと思っている方には、おすすめの強力な日焼け止めになっています。

無香料、無着色で肌に優しいことが証明されていることも、安心して使用できる理由の一つです。化粧下地にも使用できるといわれているほど、肌馴染みがよく浸透できるように開発されているのも特徴の一つです。外出前に必ずつけておきたいUVケアですね。

ウォータリーエッセンス

ビオレから販売されている「さらさらUVアクアリッチ」。紫外線から肌を守りながら、軽くみずみずしい感覚を味わえることが出来るUVケアです。紫外線カット成分を、ぷるぷるのウォーターカプセルに閉じ込めたらからこそ、実現した紫外線に強いスキンケアです。

ローションタイプだから使い勝手もよく、外出前に適量をなじませてつけるだけで、安心して紫外線を受けることが出来ます。浸透しやすいタイプなので、化粧下地としても使用できるとされています。ぜひ外に出る時には使ってみてください。

メンターム ザサンUVジェル

メンタームから販売されているこのUVジェルは、SPF50+でPA++++のため、紫外線にとても強い性質が確認されています。また紫外線からガードしてくれるだけではなく、うるおい成分として7種の植物エキスが配合されているため、自然なうるおいを肌に与えてくれる効果も期待できるといいます。

水分を含んでいるジェルなので、石鹸などで簡単に落とせることも人気の秘密です。無香料、無着色というのも肌に負担が少ないので、うれしい特典の一つといえるでしょう。素肌よりも肌のキメ細かさを補ってくれるので、キレイな仕上がりに演出することが可能でしょう。

ウォーターエッセンス

サンキラーから販売されているパーフェクトウォーターエッセンスは、SPF50+でPA++++と紫外線をガッチリとガードしてくれるのが頼もしい商品です。水のようにスーッと肌に浸透する感覚なので、べたつくようなことはなく、ノンストレスで使用することが出来るとされています。

アルコールが不使用なので、肌にも優しく、シトラス系の香りで匂いでも癒されることが出来るというものです。簡単に落とせることが可能といわれていて、普段使用している洗顔料で落とすことが出来るので、安心して使用出来ますね。

UVウルトラフィットベースN

セザンヌから販売されているこのUVケアは、うるおい、毛穴補整、肌色補整を同時に行ってくれる優れもので、高保湿タイプの機能性化粧下地として使用されています。毛穴をしっかり調整してくれることにより、ファンデーションの乗りをよくしてくれる効果も期待できるとされています。

SPF36でPA++と肌への負担を減らすUVケアで、無香料というのも使いやすい形で開発されています。紫外線吸収剤不使用というのもあり、そうした肌トラブルの原因も作り出すことが少ないため、安心して使用が可能です。夏の化粧に強い化粧下地といえる商品です。

海に行っても絶対焼けない日焼け止め5選

夏場になると行きたくなる海。そんな海辺では、日光を遮るものがないので、必ずといってもいいほど紫外線を浴びることになります。そういった状況ではしっかりUVケアを行う必要があります。その時に使用を推奨できる日焼け止めを紹介していきます。

パーフェクトUVサンスクリーン

資生堂のアネッサから販売されいる紫外線に強い日焼け止めです。SPF50+、PA++++と焼けたくない方には、おすすめの商品になっています。また新スーパーウォータープルーフ技術により、軽い伸びとつけ直しの時もストレスなく重ねづけできる乳液としても特別感のあるUVケアです。

落とす時にも、石鹸で簡単に落ちることからも、肌への負担が少なくなるように開発されているのも消費者としてはうれしい特徴です。化粧下地としても使用できるほど、肌への浸透率もいいことから、その効果の高さをうかがえることも出来るので、日差しの強い季節には、使用を推奨できる日焼け止めです。

エクストラUVジェル

ALLIE(アリー)から販売されているSPF50+、PA++++の日差しに滅法強い日焼け止めとしておすすめな商品です。ジェルタイプなので、肌に塗る時にムラがなくしっかり日焼け止め効果が期待できることも、紫外線を防ぎたい方なら抑えておきたいUVケアの一つですね。

UVブロック シールドホワイト

POLAから販売されいるホワイティシモUVブロック。大人の美白と保湿を守るというコンセプトで開発されているので、肌への浸透率、うるおいを与える効果は保証済みです。また顔と身体両用の日焼け止めとしても開発されているので、肌への負担が少ないことにも自信があるといったことが伺えます。

また成分の中には、美白有効成分ビタミンC誘導体、ブライトカプセル、ヒアルロン酸などの保湿成分が配合されているので、つけるだけで肌のツヤやハリが一つ上の肌へと生まれ変わることが出来るともいわれています。日焼けを防止しながら、肌の質を上げたいという方にはおすすめのUVケア商品です。

サンプロテクションミルク

BIOSOLIS(ビオソリス)から販売されている、子供にも安心して使用できる完全オーガニックの日焼け止めとして、支持を集めているUVケアです。SPF50、PA++++と日差しに強いという特徴も安心して使用できる理由の一つといえるでしょう。

UVAをより防ぐミネラル、酸化亜鉛(紫外線散乱剤)をより多く配合し、ダメージを受けやすい肌を守ることから、子供への使用も推奨されているというわけなのです。水や汗に強いウォータプルーフで、石鹸で洗い流せるほど簡単なことから、肌への負担を少なくすることにもこだわりが見受けられます。

スーパーサンシールド EX

アクセーヌから販売されている、紫外線に負けない日焼け止めとして有名な商品です。強く・やさしく・美しくをコンセプトに、肌に優しいものでありながら、しっかり肌を紫外線からプロテクト出来るUVケア。肌が深呼吸できる( SPF50+ )UVベースで開発されているといいます。

紫外線から守るという、UVケアに必要なことを保ちながら、つけた時の心地よさや優しさにこだわりを持っていることも、この日焼け止めの特徴です。スルンと伸びて、潤い感が持続することも、つける上では重要な要素といいえるでしょう。一度つけてみて、その心地よさを体験してみてください。

日焼け止めは必需品

日差しが強い日は、日焼け止めをしないとすぐに日に焼けてしまいます。しかし、日差しが強くない時にも日焼け止めを塗らないと、あとから後悔する結果になることもあるのです。それは、曇りの時でもそうです。日差しが見えないから安心していても、見えない紫外線が地上まで伸びているのです。

最近では、たくさんの日焼け止めが販売されています。その中でも人気の液体タイプは、色ムラがなくてスッキリするものも数多く存在しています。しかし、肌に合わない方がいるのも事実です。そんな方はスプレータイプなどで、肌への負担が少ないものなどを試してみるといいでしょう。諦めずにチャレンジです。

また日焼け止めは、いつまでも効力が続くというわけでもありません。大体2~4時間の間に効力が消えることがほとんどです。そのため、外出先当分帰れないという時には、必ず持ち運びが出来る日焼け止めを持参して紫外線を防ぐ手段を持っておくことをおすすめします。

肌というのは、とても敏感なものです。そのため、紫外線に浴び続けるとあっという間に肌トラブルの原因になってしまうことも可能性としてあるのです。そのため、そういったことがないように、自分に合った日焼け止めを持つように心がけていきましょう。