肌のボコボコ、気になりますね!ニキビ跡や毛穴のボコボコが悩みという人は、けっこう多いのです。肌のボコボコが気になるのは、性別を問わない悩みの一つ。では、なぜ肌は凹凸ができるのか?から、自分でできるケア、最新の治療アイテムを詳しく紹介します。

肌のボコボコは治るのか?

肌のボコボコの原因の多くに、ニキビの跡があります。ニキビは、日本人では10代で約90%が悩んだことがあると答えるくらい、ほとんどの人におきる肌トラブルです。

そして、ニキビの進行具合によっては「瘢痕(はんこん)」と呼ばれるニキビの跡が残って、新たな悩みとなってしまうことがおきてきます。

でも、なぜか肌の悩みの質問で「肌のボコボコ」を挙げる人は、意外と少ないのです。肌の凹凸は治らない、と諦めてしまっている人が多いのではないでしょうか?

確かに、肌の深部まで傷ついてできてしまった、クレーター状のボコボコは、根気のいる対策が必要です。でも、芸能人の人たちでも、だいぶ目立たなくなった人が多くいるように、改善する方法はありますよ!

肌のボコボコの原因とは?

1.ニキビの炎症

ニキビによって炎症するのは、細菌が大増殖した刺激を受けて、毛細血管から白血球など、細菌を殺す働きが集まってくることによっておきます。

毛細血管からにじみ出た白血球が、細菌と戦っているとき、毛細血管は血液が集まり、パンパンに膨張します。これが肌の上から見ると、炎症している赤ニキビの状態です。

さらに皮脂腺や血管が破れ、細菌や皮脂の刺激で、周囲の皮膚組織が傷つくということが起こります。この時、肌の細胞を作る表皮層の母細胞や、真皮層の母細胞が傷つくと、その部分は細胞を生み出す力がなくなってしまいます。

そして、薄い膜を周囲の母細胞がなんとか作って、保護をするということになります。これがいわゆる、クレーター状といわれる状態です。

2.乾燥による肌荒れ

ニキビが落ち着いた後は、皮脂腺も毛穴も傷ついているため、皮脂の分泌が上手くいかなくなることで、皮膚の保護膜である皮脂膜の形成が上手くいかず、皮膚表面の乾燥が起きやすくなります。

そして乾燥してくると、それを保護するため、周囲の皮脂腺が活発に皮脂を分泌して、また毛穴が開き、詰まらせることで毛穴がぶつぶつと目立つという悪循環になります。

傷跡が薄い膜で覆われているのと同じように、肌がニキビの炎症によって傷ついたところは、通常28日間をかけて育ってくる角質層が、数日で急いで作られて、表面の保護のため出来上がってくるため、ちょうど唇部分の皮膚のように薄く、剥がれやすい保湿力をほとんど持たない細胞で形成されてしまいます。

これは、角質同士のつながりも弱いため、少しの刺激でもボロボロとはがれてしまいます。この後、長い時間をかけて落ち着いてくると、今度は角質が厚く肥厚してきます。これも傷ついた部分をカバーしようとする、肌の保護機能のひとつです。

肌のボコボコを治す方法・6つ

1.コラーゲンの摂取

このように、傷ついてしまった肌をきれいにしていくためには、まず、内側から肌の再生を促すことが必要になってきます。肌を作ることに効果的なものを、食事でも化粧品などからでも、しっかりと取り入れていきましょう。

その一つがコラーゲンです。コラーゲンは肌の保湿力の元であり、肌の弾力を維持する真皮の成分のひとつ。肌内部をふっくらとハリのある状態にするために。内側からも外からもコラーゲンを補給し、コラーゲンが作られやすい状態を作っていきましょう。

コラーゲンを、サプリメントやドリンクなどから摂るのも効果的です。2010年に製薬会社で行われた調査では、コラーゲンドリンク(コラーゲンペプチド5000mg配合)を二カ月間、一日1本就寝前に20名の女性に飲んでもらったところ、だいたい平均して肌のハリが1.5倍まで回復したという報告があります。

継続すると十分効果がありますので、ぜひ取り入れてみましょう。化粧品も健康食品も「低分子コラーゲン」と書かれているものを選ぶと、体内で分解されにくく、効率よく働いてくれます。

2.ニキビ跡のマッサージ

ニキビの跡にマッサージは、非常に効果的です。マッサージは、肌の血液やリンパ液の流れを促進して、代謝を活性化することで、肌の再生を促す効果があります。

それに合わせて、真皮層の弾力組織であるコラーゲンやエラスチンは、適度な伸縮の刺激を加えると、ハリを一時的に良くする働きがおきます。

ニキビ跡のセルフマッサージで、簡単かつ弾力の回復効果が高いのがピアノタッチです。ピアノを弾くように指先をリズミカルに動かして、肌を叩いていきましょう。肌を強く摩擦せず、真皮層まで刺激が伝わるので、弾力回復におすすめです。

だいたい5分を目安に、化粧品をのばすときなどに毎日やると、ハリが出てくるのがわかりますよ。赤く炎症しているニキビの部分は避けましょう。

3.線維芽細胞の活性化

肌のクレーターを少しでも回復しようと思うと、繊維芽細胞の活性化は欠かせない要素です。繊維芽細胞は、真皮のコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸などを作り出す母細胞で、この繊維芽細胞が活性化すると、肌の組織を再生する働きを助けることに繋がります。

繊維芽細胞には周囲に成長因子という、繊維芽細胞を活性化させる働きの因子があり、これは加齢とともに減少していきます。

繊維芽細胞成長因子は、最近美容医療での注射や化粧品も出てきています。比較的手に入りやすいのは、プラセンタです。プラセンタには、繊維芽細胞成長因子が含まれています。

4.肌内部の真皮の修正

肌の真皮の修正には、ビタミンCが有効になってきます。コラーゲンの生成にも欠かせないビタミンC誘導体は、美容医療やエステサロンでも色素沈着やニキビ後のケアとして、直流電流を使用した導入が行われています。ビタミンCは水溶性ビタミンなので、通常は肌の上からのばしても肌にはなじみません。

これを深層部分まで届けやすくした形が、ビタミンC誘導体です。直流電流での導入が効果が高いですが、肌なじみを良くしたホームケア商品もあるので活用しましょう。

これにより、肌の新陳代を促しコラーゲンの生成を助けていきましょう。ビタミンCは、毛穴を引き締める効果もあるのでおすすめです。

5.洗顔を丁寧に

絶対的に洗顔は重要です。洗顔方法は、鼻、毛穴を清潔に保つよう、Tゾーンを特に丁寧に行いましょう。T顔の額、鼻から顎までの部分が、皮脂分泌の活発な部分です。洗顔は一回一回を丁寧に行うようにしましょう。

洗顔は泡が転がることで、皮脂などを取り除く働きなので、泡立て具合がいちばん重要です。しっかりと泡立てて、泡を転がして洗いましょう。

ゆすぎは、触って暖かいかな?と思うくらいが適温です。熱すぎると脱脂がおきて乾燥させてしまうので、温度に気を付けて丁寧にゆすぎましょう。

6.化粧水でしっかり保湿

化粧水をたっぷり使用して、肌の乾燥を防いでいきましょう。ボコボコになってしまった部分は、思った以上に乾燥しやすい環境になっています。保湿での保護を必ずおこないましょう。

炎症は色素沈着につながるため、鎮静効果のあるものを使用するのがおすすめです。ニキビ跡が色素沈着になるのをなるべく防ぐため、紫外線防止にノンコメドジェニックの紫外線防止剤を使用して、紫外線を防ぎましょう。

ニキビ跡に効果が高いと評判のケロコートとは?

ニキビ跡・傷跡ケアのシリコンジェル

ケロコートは、ニキビ跡で悩む人が圧倒的に多いアメリカで、1年に30万個も売れたという商品です。傷跡ややけどの跡のケアとして開発された、シリコンジェルでの圧迫療法を採用している商品です。

圧迫療法は、やけどの後や傷跡を長期間一定の圧力でしっかり密着したパッドで保護をしていると、徐々に皮膚の再生機能が高まっていくことを利用した療法で、スキンケアでも注目されています。

使い方

使い方は1日2回、塗りたい部分を洗顔料などできれいに洗い、清潔にした後ケロコートを薄く伸ばしていくことで、クレーターの保護になります。

はじめはジェル状ですが、数分で乾いてシリコンの膜状になるので、使用前に化粧水やクリームを使うと、乾かない場合もあります。素顔にのせるようにしましょう。乾いた後はメイクなども可能です。

注意点

圧迫療法は、長期間かけて徐々に効果を出すものですので、半年~1年を目安に使い続けてみましょう。炎症性のニキビ、化膿した部位は細菌の繁殖を促す可能性が高くなりますので、その部位は使用を避けましょう。まれにアレルギーの出る人もいるので、アレルギーのある人は気をつけましょう。

まとめ

肌のボコボコは、真皮層の活性化をはかることが非常に重要です。身体の内側と外側から活性化を促し、機能向上をさせていきましょう。

保湿・マッサージ・洗顔を欠かさずに、コラーゲン・ビタミンC・プラセンタは大きな味方になります。ケロコートも、肌をなめらかにするのに効果的なアイテムです。毎日のケアで肌の機能を高めていくと、肌の状態は変わってくるので、ぜひ取り入れてみてくださいね!