様々なお肌のトラブルの原因となる乾燥肌は、放っておくと乾燥だけではなくシミやしわを作ってしまうとっても恐ろしい症状です!毎日しっかり保湿しているつもりでもなかなか良くならない、というお悩みをお持ちの方は化粧水が乾燥肌に適していないせいかも…?そこで今回は乾燥肌を改善してくれる化粧水の選び方から口コミやランキングで人気の化粧水について詳しく調べてみました!是非化粧水選びの参考にしてみてくださいね!

乾燥肌にはどんな化粧水を選ぶべき?しっとりタイプじゃダメなの?

毎日しっかりケアしているはずなのにお肌がカサカサで化粧のノリが悪い、お肌が突っ張る、すぐテカる…など肌トラブルは尽きないですよね。実はそれ、すべてお肌の乾燥が原因かもしれません。

化粧水を付ける目的は、お肌に水分を付けて潤す事と考えられがちですがそうではなくて、お肌に美容成分を届けることが主な目的です。したがって自分のお肌の状態を把握してそれに適した成分が入っていないとあまり効果が期待できません。

しっとりタイプと書かれた化粧水を使っていても、乾燥肌に大切な保湿成分が配合されていないと意味がないですし、テカリが気になるからといってサッパリタイプを使っているのも逆効果になってしまいます。では乾燥肌にはどんな化粧水が適しているのか詳しく見ていきましょう!

乾燥肌とは?

皮膚の細胞が壊れている状態

お肌が乾燥するとお化粧のノリが悪くなったりつっぱった感じがしたり、肌の表面がガサガサしたりしてとっても不快ですよね。これは乾燥によってお肌の細胞が壊れてしまっている証拠なんです。

本来の正常なお肌は表面の角層細胞という細胞がほぼ同じ多きさと形をして細胞同士がくっついている状態です。しかし乾燥肌の場合には角層細胞の大きさが不揃いになっていてしっかり並んでいなかったり、破れてしまっていたりします。乾燥でお肌がガサガサするのは、角層がはがれてしまうためにおこる症状です。

肌のバリア機能が失われている

角層細胞が壊れてしまうと肌の表面の細胞がスカスカになっている状態なので、本来お肌を守るためのバリア機能が失われてしまっています。

そのため外部からの刺激などによってダメージを受けやすかったり、生命を維持するのに必要な体内の水分が出て行って乾燥肌となってしまいます。乾燥肌のことをドライスキンともいいます。

ターンオーバーの異常

お肌にはターンオーバーといって古い細胞から新しい細胞に生まれ変わるサイクルが存在します。皮膚の下で新しい細胞が作られ、古い細胞は垢となって剥がれ落ちていってお肌はリセットされるのですが、乾燥によって細胞が壊れてバリア機能を失っているお肌は、ターンオーバーが正常に行われません。

その理由は失ったバリア機能を修復しようと細胞がいつもよりスピードアップして増えようとしますが、急いで作られた細胞は不完全なものになってしまうからです。

不完全な細胞では十分なお肌の修復ができないため、さらに細胞を増やそうとしてまた不完全な細胞が増殖してしまう…という負のループができてしまうのでいつまでたっても正常の細胞を作ることができずに乾燥が続いてしまいます。

乾燥肌の原因とは?

加齢によるお肌の老化

乾燥肌になる大きな原因として加齢によるお肌の老化が挙げられます。20歳を過ぎるとお肌の水分を守る角質層が衰えたり、皮脂の量や保湿成分が減ったり、体内のコラーゲンやエラスチンが減って水分を保つ力が弱くなる事でお肌が老化してゆきます。

加齢や老化が原因だなんて、とくに女性にとってはショッキングな理由ですが、20歳を過ぎると誰でも起こる現象なのであまり深刻に受け止めないでくださいね。

アレルギー反応

普段から行っているUVケアやファンデーションなどのメイクや保湿の為につけている化粧水や乳液、美容クリームなどのスキンケアもかえって乾燥肌を生み出す原因になっている場合があるようです。というのも化粧品は人工的に作られた合成化学物質なので、お肌からすれば異物となってしまう可能性もあります。

お肌が異物として反応すると問題なく使っているつもりでも、目に見えないダメージが日々蓄積されていき、アレルギー反応として乾燥したりある日突然受け付けなくなってしまったりとお肌になんらかの影響を与えてしまうこともあります。

洗顔のしすぎ

顔を清潔に保つ為にも洗顔はとても大切なことですが、洗いすぎも乾燥肌の原因となってしまいます。メイクを落とすためのクレンジングはガッツリ洗顔してしまいがちですが、メイクだけではなくお肌の保湿成分まで洗い流してしまうので必要以上のクレンジングは禁物です。

そして実は女性だけではなく男性も洗顔での乾燥肌のリスクがあるんです。その理由としては、一般的に女性よりもスキンケアをしないうえに「スッキリ」や「サッパリ」タイプの洗顔料などを使うことが多いため、十分保湿できていない事が挙げられます。

また男性の肌は女性に比べて水分の蒸発量が多いことや、ヒゲソリによってお肌がダメージを受けて乾燥肌になってしまうケースが多いんだそうです。

乾燥肌に必要な成分って?

乾燥肌に使う化粧水選びは特に慎重になりますよね。でもいざ買いにいっても種類が沢山あって分からない、とりあえず「しっとり」や「高保湿」って書いてあればいいの?と迷ってしまいがちですよね。そこで乾燥肌にとくに効果があるおさえておきたい成分についてご紹介します。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸とは体内にある多糖類という成分の一種で、皮膚や関節液などに多く存在しています。このヒアルロン酸は皮膚の水分を保って潤いを維持する役目がありますが、加齢によって不足してしまいます。

それによってお肌のバリア機能が失われて乾燥肌になったりシミやしわが出来る原因を作ってしまうので、
化粧水で是非補いたい成分になります。

セラミド

セラミドとは脂質の一種であり、表皮の角質層を作っている細胞膜に多く存在しているものです。一般的には保湿成分として知られており、肌のバリア機能を強化し水分が出ていくのを防ぐため高い保湿効果があります。

また加齢に伴い減少していく体内のコラーゲンやエラスチンの細胞が作られるのを助ける働きもするので、乾燥肌の保湿はもちろんアンチエイジングにも効果が期待できます。

ピテラ

ピテラとは「ガラクトミセス」という特殊な酵母が発酵することによってできる天然成分の液体です。この天然成分のピテラはとても栄養価が高く、乾燥肌を潤してハリが出る効果があります。

人工では作り出すことのできないお肌にいい成分が、バランスよく含まれた貴重な成分なんだそうです。

グリコシルトレハロース

グリコシルトレハロースとはトウモロコシデンプン由来の天然成分から作られており、とくに保湿力の高いトレハロースの効果をさらに高めた成分です。

トレハロースは砂漠に生息する植物にも含まれている成分で、乾燥の中でも生息していけるその強い生命力が、皮膚にも効果があるのではないかと着目されて開発されたものです。そのため高い保湿力があり、乾燥肌には頼もしい成分です。

乾燥肌の化粧水でおすすめな市販品

無印良品 化粧水敏感肌用 高保湿タイプ

この無印の高保湿タイプの化粧水は、口コミサイトのアットコスメでベストコスメアワードの化粧水部門で1位に輝いた人気商品です。

プチプラなのに大容量でコスパが良く、高保湿成分のヒアルロン酸やリピアジュアR(ポリクオタニウムー51)、お肌を守るグレープフルーツ種子エキス、スベリヒユエキスなどが配合されていてしっとりするのにべたつかない軽いテクスチャーです。

さらにアルコールフリーで弱酸性、着色料、香料不使用で刺激がなく安心して使えます。またシンプルなパッケージで無印良品なので買いに行きやすいため男性にもおすすめです。

ちふれ 化粧水 とてもしっとりタイプ

ちふれのコスメはプチプラなのに優秀なアイテムが多く人気ですが、化粧水も高品質で口コミでも人気の商品です。ヒアルロン酸とトレハロース配合の乾燥肌に適した化粧水は「しっとり」と「とてもしっとり」があるので自分の肌に合った方を選んでみてくださいね。

軽いテクスチャーでべたつかないのにしっとり潤うお肌になると、コスメの口コミサイトのアットコスメでも良い口コミが多く年代を問わず愛用者が多い印象。プチプラなのでバシャバシャ使えるのもポイント高いです。

ハトムギ化粧水

プチプラなのに高い評価を得ていて、カリスマ美容家の佐伯チズさんも愛用していることで有名なハトムギ化粧水も乾燥肌におすすめです。ハトムギ化粧水に含まれるハトムギエキスは天然の植物成分でお肌に優しく、高い保湿効果もあります。

コスパがいいのでコットンにたっぷり含ませてパックすればなめらかで潤いのあるツヤ肌になれます。また乳液の代わりにニベアを塗る「ハトムギ化粧水+ニベア」の組み合わせは、もはや女子の中では鉄板の美容法ですが、どちらもドラッグストアで簡単に手に入るのでこちらも男性にもおすすめです。

SK-II

SK-IIといえば超が付くほどの美肌の持ち主、女優の綾瀬はるかさんも愛用していることで知られる美肌、エイジングコスメブランドですが、1本1万円以上する高級コスメなのでなかなか手が出ない方も多いのではないでしょうか?

しかしSK-IIフェイシャルトリートメントエッセンスには高い保湿効果がある貴重な天然成分、ピテラが配合されていてお肌につけるとキメを整えて潤し、肌本来の働きを取り戻します。また毛穴の開きや肌荒れを防いで美肌へと導きます。

なんだか物凄い効果ですが、個人差があるのは仕方ない事なのでもちろんすべての人に効果がある訳ではないようです。しかし効果があったという方も多く、少量でかなり潤う為、長い目で見ればコスパが良いのでは?との意見もありました。ご予算がある方には是非おすすめしたい商品です。

アヤナス RC ローション

アヤナス RC ローションは「decencia(ディセンシア)」というポーラ・オルビスグループの敏感肌や乾燥肌専門のブランドから発売されている化粧水です。

保湿力や浸透力が高いセラミドをさらにお肌に浸透しやすくした「ヒト型ナノセラミド」配合で、乾燥したお肌にしっかり浸透してほうれい線やしわ、たるみや毛穴の開きを防ぎます。香料やアルコールを使用しておらず、低刺激ながらもエイジングケアもできる化粧水です。

こちらは市販品ではなく公式サイトからの通販のみの販売になってしまうのですが、口コミサイトで高評価の人気商品なのでご紹介させていただきました。

乾燥肌の化粧水でおすすめな医薬品

さいき

さいきは小林製薬から発売されている第2類医薬品に分類される化粧水です。化粧水といっても医薬品なので乾燥肌の治療薬になります。化粧水として顔に使うのはもちろん、手足など全身の皮膚の乾燥に使用できます。

保湿効果やお肌の機能を整えるヘパリン類似物質や、炎症を抑えるグリチルリチン酸二カリウムや、お肌の組織を修復するアラントインなどが含まれており、お肌の細胞に浸透して水分を保ち乾燥肌を改善させる効果があります。

アルコールフリーで弱酸性、着色料、香料不使用のお肌に優しい処方で小さなお子様にも使用できます。医薬品ですがドラッグストアや薬局で手軽に手に入ります。

へパソフト薬用 顔ローション

へパソフト薬用 顔ローションはロート製薬から発売されている医薬部外品の顔用ローションです。高い保湿効果のある保水有効成分ヘパリン類似物質が配合されており、皮膚の表面を守り水分を保って肌を潤わせ、乾燥による肌荒れや小じわを改善します。

またグリチルリチン酸ジカリウムやアラントインという有効成分が炎症を抑えます。保湿力があるのにべたつかないのがポイントです。

乾燥肌で化粧水がしみる時の対策

使用を中断

普段問題なく使用している化粧水でも、お肌が乾燥して皮膚のバリア機能が低下すると化粧水がしみてピリピリしたりかゆみがでることがあります。これはお肌が敏感になってかぶれてしまっている状態です。我慢してそのまま使い続けると悪化する恐れがあるので、一度使用を中断しましょう。

その代わりにしみる部分や乾燥してカサカサする部分にはワセリンを塗ってお肌を保護してください。それ以外の部分には化粧水ではなく乳液やクリームをつけるのが良いとされています。

水分補給

乾燥肌には化粧水などでお肌に直接水分を与えるだけではなく、体の内側からしっかり水分を補給して細胞に水を与えることも大切です。ですので水分補給はこまめに行いましょう。

細胞に効率よくスピーディーに水分を届けるには水よりもスポーツドリンクや麦茶やお白湯がおすすめです。ただしスポーツドリンクで水分補給する場合にはカロリーの取りすぎに注意してください。

またカフェインを含む飲み物(コーヒー、紅茶、緑茶など)は利尿作用があり、水分が出て行ってしまうので水分を飲んでいるつもりでも補給できていないので適していません。しっかりと確実に水分を摂取して体の中から潤うことが大切です。

乾燥肌の化粧水は保湿力を優先

今回は乾燥肌の化粧水選びについてお伝えしました。本来は冬が最も乾燥しやすい季節といわれていますが、空調が効いている現代では季節を問わず乾燥しやすくなっているので油断は禁物です。

高機能な化粧水が色々売られていますが、乾燥肌に大切なのは保湿力です。保湿を重視しつつ美白やエイジングケアなどの効果はプラスアルファとしてチョイスするのがポイント。乾燥はお肌がガサガサするだけではなくシミやしわ、たるみの原因にもなってしまうのでしっかりケアしていきましょう!