おやつやお酒のおつまみとしてそのまま食べるだけでなく、料理にも使い勝手が良い優れもの。そんなチーズにはどんな栄養が含まれていて、食べるとどのような良いことがあるのかまとめてみました。チーズ好きの人はもちろん、「チーズって体に良いの?」と気になった人も参考にしてみてください。

そもそもチーズはどういう食べもの?

お酒のおつまみにも、ちょっとしたおやつにも、料理の材料にも…。使い勝手の良さもあって、多くの人にとってチーズは馴染み深い食品なのではないでしょうか。では、そもそもチーズとはどういったものなのでしょうか?どのようにして作られるのか、どんな種類があるのか、知っているようで知らないチーズの話を紹介します。

大きく分けてチーズは2種類

普段食べているチーズは、製法の違いによって「ナチュラルチーズ」と「プロセスチーズ」の2つに分けられます。それぞれの特徴を見ていきましょう。

ナチュラルチーズとは

簡単に言えば、ナチュラルチーズは「乳」+「凝乳酵素(レンネット)」-「ホエイ(乳清)」という手順で作られるものです。まず、乳(牛、山羊、羊などの乳)に、乳を固めるための酵素・凝乳酵素(レンネット)や乳酸菌を加えて固めます。その際に出てくる水分がホエイ(乳清)と呼ばれており、この一部を取り除きます。

そして、乳酸菌などの微生物の作用で発酵・熟成させることによって完成するのがナチュラルチーズです。カマンベールチーズやモッツァレラチーズ、ゴルゴンゾーラなどがこちらの種類です。

プロセスチーズとは

一方、プロセスチーズは「ナチュラルチーズから作られるチーズ」と言えるでしょう。砕いたナチュラルチーズに乳化剤を加え、加熱したものを再度成型して作られます。味が変わりにくく保存が効くのがこのタイプで、日頃の食卓でよく使われるスライスチーズ、おやつに人気の6Pチーズなどがこれに含まれます。

さらにナチュラルチーズには様々な分類が…

いろいろな種類があるナチュラルチーズは、その分類法もさまざま。「セミハードタイプ」「ハードタイプ」「フレッシュタイプ」「白カビタイプ」「青カビタイプ」「ウォッシュタイプ」「シェーブルタイプ」などに分類されることが多いようです。それぞれの特徴は以下の通りです。

■フレッシュタイプ→熟成させず乳酸発酵したもの。最も水分量が多く柔らかい。味はさっぱりしたくせのないものが多いく、前菜や菓子などに使われる。代表的なものは、モッツァレラチーズ、カッテージチーズ。

■ハードタイプ→セミハードタイプより水分が少なく40%以下。長期にわたってゆっくり熟成させるので独特の深い味わいがあり、食べごろが長い。削ってパスタやサラダなどにかけることが多い。代表的なものはチェダーチーズ、パルミジャーノ・レッジャーノ。

■セミハードタイプ→圧縮し水分を取り除いたもので、水分量=40~50%。味にクセがなく誰もが好む風味で、ピザなどに使われることが多い。代表的なものは、ゴーダチーズ、フォンティナなど。

■ウォッシュタイプ→外皮を塩水や酒などで洗って熟成させる。その土地の水や酒で熟成させるため、生産地により特徴が見られる。中は濃厚でクリーミーだが、外皮はクセの強いものが多い。代表的なものはエポワス、マンステール。

■白カビタイプ→表面に白カビを植えつけて熟成させている。比較的小さく、早く熟成が進むと中がトロトロに柔らかくなる。表面の白カビは多少酸味や苦味が感じられる。代表的なものにカマンベールがある。

■青カビタイプ→青カビを全体に混ぜるので、中から熟成が進む。塩味が強く独特な風味がありワインに良く合う。代表的なものは、ゴルゴンゾーラ、スティルトンなど。

■シェーブルタイプ→山羊の乳から作られたチーズで、熟成途中それぞれの風味が楽しめる。特有の臭みもあるが、個性的で味わい深いチーズであり上級者向けといえる。

栄養たっぷり!チーズに含まれる栄養素

牛乳などのミルクから作られるチーズは、タンパク質、脂質、カルシウム、ビタミンAやビタミンB2などが豊富に含まれた栄養抜群の食べものと言えます。では、それぞれの栄養素が体にとってどのような役割を担っているのか見ていきましょう。チーズがどのような食品か、よりわかりやすくなるはずです。

タンパク質とは?

タンパク質は言ってみれば体を作る栄養素です。筋肉、内臓、血液、皮膚、髪など体のさまざまな部分を作るのに必要とされます。タンパク質を多く含む食品は、魚や肉、卵、牛乳、大豆などです。

脂質とは?

体温を保ち、体を動かすエネルギーとなるのが脂質です。神経組織や細胞膜、ホルモンなどを作るために必要な成分でもあります。肉の脂身、ラード、コーン油、大豆油などに多く含まれています。

カルシウムとは?

カルシウムはミネラルの一種で、体の調子を整えたり、骨など体の組織を作る役割を果たしています。乳製品、小魚、海藻類、大豆製品、緑黄色野菜などに多く含まれている栄養素です。

ビタミンA、ビタミンB2とは?

体の調子を整える上で必要な栄養素がビタミンです。ビタミンAは体の成長を助け、肌の調子を整え、目や粘膜を正常に保つといった役割を果たしています。ビタミンB2は、糖質や脂質の代謝に必要とされ、粘膜や皮膚の機能を維持することにも関わっています。

チーズで健康になろう!

栄養がたっぷり含まれており、タンパク質やカルシウムを取れることから、チーズに対し何となく「体に良さそう」と思った方もいるのではないでしょうか。実際、チーズは健康に良い食材として注目を集めつつあります。どのような効果が期待できるのか、紹介していきます。

骨粗しょう症の予防

骨粗しょう症は、カルシウム不足が原因のひとつとなって引き起こされる病気です。骨の中がスカスカになってもろくなってしまい、骨が折れやすくなる、身長が縮む、背中が丸くなるといった症状が現れるようです。

カルシウム不足を解消するためには、カルシウムを豊富に含んだチーズは最適の食品と言えます。また、チーズは他の食品よりも比較的吸収効率が良いため、効率よくカルシウムを摂取できるとされています。

腸内環境を整える!整腸効果

チーズには、善玉菌の代表、ビフィズス菌の増殖を促進する効果があるとされています。これによって腸内環境が整い、便秘が改善されデトックス効果が得られるだけでなく、腸の調子が良くなることで、肌の状態がよくなると見られています。

白カビタイプのカマンベール、青カビタイプのゴルゴンゾーラ、他にウォッシュタイプのチーズがビフィズス菌を増やす効果のある成分を特に多く含んでいるようです。

虫歯予防にもチーズが効果的?

チーズはカルシウムが豊富なため、歯の健康にも良い食べものと言えます。チーズ1個でめざし11匹分のカルシウムがあるのです。特にハードタイプのチーズには、食事の後の酸性をチーズがアルカリ性に変えてくれるという、シュガーレスガムと同様の虫歯予防効果があるとして世界的に注目されています。

虫歯は大まかに言えば、虫歯菌が作り出した酸によって歯が溶かされてしまう病気です。チーズにはこの酸を中和する働きがあり、歯が溶けるのを防いでくれるのだそうです。

チーズを食べてメタボ予防?

チーズは乳製品の中でも糖質が最も低い食品です。そのため、食べても血糖値を緩やかに上げ、インシュリンの分泌を抑えることができます。インシュリンの抑制によって脂肪が溜めこまれるのを防ぐため、太りにくくなり、メタボリックシンドロームの改善や、ダイエットにも非常に効果があるといえます。

塩味は強い、でも高血圧にはならない?

チーズと言えば、塩味が強い印象ですよね。高血圧の原因として塩分の取り過ぎが言われてますが、塩分の排出を促す効果があるカリウムがチーズには豊富に含まれているのです。

また、血圧を下げる効果のあるペプチドも含まれており、カルシウムにも同様の効果があると言われています。塩味が強くても他の成分がカバーしてくれるので、高血圧を引き起こす原因にはならない、ということですね。ちなみにチーズの中ではカッテージチーズやクリームチーズが塩分が低めです。

チーズがガンの予防に役立つ?

ウォッシュタイプ、白カビタイプ、青カビタイプのチーズに、ガン細胞が増殖するのを抑制する効果がある、という研究結果が報告されています。これはまだ細胞レベルでの結果ですが、将来、チーズでガン予防ができると言われる日が来るかもしれません。

チーズできれいになろう!

健康に良いのであれば、きっと美容にも良いはず!チーズにはどのような美容効果があるのでしょうか?チーズを食べて、「体の中からキレイになる」を目指しましょう。

お肌がきれいになる?

肌や粘膜の調子を整えるビタミンAとビタミンB2。チーズはこれらを豊富に含んでいるため、食べることによって美肌効果が得られるとも考えられています。また、チーズの整腸作用によって腸内環境が改善され、それによってお肌の調子も良くなる可能性もあると言えます。

アンチエイジング効果まで?

ウォッシュタイプや青カビタイプのチーズには、抗酸化作用があるらしいことがわかってきました。これにより生活習慣病の予防や、老化の抑制――つまりアンチエイジングに対しても効果があると見られています。

食べても体脂肪がつきにくい?

中鎖脂肪酸というのがチーズに含まれる脂肪分だとされています。これはココナッツ油やパーム油、牛乳などに含まれているもので、代謝されやすく脂肪として蓄積されにくいと言われています。そのため、チーズにはそれなりにカロリーはあっても、体脂肪がつきにくいと言えるようです。

効果的なチーズの食べ方は?

いろいろな健康効果が期待できるチーズですが、より効果的な食べ方というものはあるのでしょうか?また、1日の摂取量に制限はあるのでしょうか?おすすめの食べ方や摂取量の目安を紹介していきます。

野菜と一緒に食べよう

栄養たっぷりのチーズですが、残念ながら全ての栄養素をもれなく備えている訳ではありません。ビタミンCや食物繊維が不足しています。そのため、サラダなどと一緒に食べることにより、不足している栄養素を補うことができるでしょう。

毎日の食事に取り入れよう

チーズには血糖値の上がり方を緩やかにする働きがある、とも言われています。血糖値が上がりやすいご飯やパン、麺類などの炭水化物、肉類や魚介類といったタンパク質の多い食べものと一緒に取ることで、血糖値の上昇速度を抑えることができるようです。おやつなどに単品で食べるのも良いですが、料理に取り入れて食べる方が健康には効果的と言えそうです。

とは言え食べ過ぎはよくない…

健康に良いとは言え、食べ過ぎてしまっては逆効果。いくら蓄積されにくい脂肪分を含んでいても、大量に摂取すればカロリー超過に変わりはなく、太る原因になりかねません。その他にも、鼻炎や副鼻腔炎、中耳炎が悪化してしまうというケースも報告されているようです。

チーズの1日の摂取量は?

1日のチーズの摂取量は、目安として約30~55gと言われています。チーズにはさまざまな種類があり、種類によってカロリーや塩分量などの成分が変わってきます。そのため、この数値はあくまでも参考として考えるようにしてください。

まとめ

いかがでしたか?身近な存在で普段何気なく食べていたチーズでも、健康に美容にいろいろ役立つ心強い見方と言えそうです。ちょっとだけ意識して、毎日の食事にチーズを取り入れてみましょう。