きれいな人はすでに実践していますが、紫外線対策は実は夏だけでなく、通年必要です。でも、日焼け止めを塗ると肌が荒れる、という人が多いのも事実です。そんな敏感肌の人へ、肌に優しい日焼け止めを選ぶポイントと、おすすめの日焼け止め、化粧下地を紹介します。

肌に優しい日焼け止めで素肌ケア

紫外線は、肌にダメージを与えるというのは、今では当たり前となりましたが、日焼け止めによる肌荒れやトラブルも結構あります。日焼け止めを塗っているうちに、肌がボロボロになってしまったという経験をしている人も少なくないはず。

紫外線防止の数値が高い方が、日焼けをより防いでくれるような気がして、普段から強力に紫外線をカットするものを選んでいませんか?選ぶ日焼け止めによっては、返って肌に負担をかけている場合も多く、肌トラブルを起こしかねません。

シミやしわの原因となる紫外線ですが、防ぐにはどのような日焼け止めを選んだらいいのでしょうか。誰でも使える、肌に優しい日焼け止めについて見ていきたいと思います。

日焼け止めの基本と選び方

PAとSPFの意味

日焼け止めのパッケージを見ると、SPFとPAが書いてあるのを覚えていますか?これはどのような意味なのでしょうか。

紫外線には「A波=UV-A」と「B波=UV-B」があります。UV-Aは紫外線の9割を占め、窓ガラスや衣服もすり抜けてしまうので、家にいても冬でもUV-Aを浴びていることになります。

波長が長いので、肌の真皮の奥深くまで届いてしまいます。そのため、肌内部のコラーゲンやエラスチンを破壊し、肌のハリや弾力を奪い、しわ、たるみの原因となります。

UV-Bは、太陽から届く紫外線のうちほんの1割程度しか含まれていませんが、肌への影響は強力です。肌表面を赤くする炎症を起こし、メラニン色素を過剰に生成させるため、シミやそばかすなどを増やします。

SPFとは「Sun Protection Factor」の略で、紫外線UV-Bから、どの程度肌を守ってくれるかを数値化したものです。1SPFは20分間UV-Bから肌を守るということなので、SPF30では20×30=600分、すなわち10時間程度、肌をUV-Bから守ることになります。

一方、PAは「Protection grade of UV-A」の略で、紫外線のUV-Aによる日焼けから、肌を守る効果を+の数で表したものです。+の数が多いほどUV-Aを防ぐ効果が高いとされています。

数値が高いほど紫外線を防ぐ

「色の白いのは七難隠す」と昔から言われていますが、それに加えて近年の美白ブームにより、日焼け止めも数値が高いものが続々と登場しています。数値が高ければ日焼けは防げるのでしょうか?

SPFは、UV-Bから肌を守ってくれる時間の長さを表しています。50+が最大です。前項の計算によると、SPF50だと50×20=1000分、つまり16時間40分の間UV-Bの影響を遅らせてくれるため、シミやソバカスができにくくなるという事です。

また、PAのプラスの数は4つが最大で、数が多いほどUV-Aから肌を守る効果が高いとされています。数値が高い方が、一般的に日焼けを防止する効果が高いと言えます。

日焼け止めで起きるトラブル・4つ

1.肌を乾燥させてしまう

紫外線を防ぎたくて、ついつい数値の高いものを選びがちですが、肌にとってはそれはかなり危険かもしれません。それは、数値の高いものには、肌に負担をかけやすい紫外線吸収剤を含んでいるものが多いからです。

紫外線吸収剤は有機化合物を原料とし、紫外線のを化学反応によって、別のエネルギーと変換して外へ排出するので、肌には負担がかかりやすいと言われています。紫外線を熱エネルギーに変換させて外へ逃がす際に、肌の水分も一緒に蒸発させてしまうため、乾燥が進んでしまうらしいです。

紫外線を浴びるだけでも乾燥が進むのに、紫外線吸収剤が入っている日焼け止めを使うと、さらに肌の乾燥が進み、肌にとってはダブルパンチです。

2.赤み、痒みを引き起こす

海や山のレジャーで1日中外に出ていると、肌が赤くなってしまったり、痒くなったりしますよね。それは、紫外線で引き起こされるのではなく、日焼け止めが原因かもしれません。数値の高い日焼け止めには、紫外線吸収剤が入っていることは前述しました。

この紫外線吸収剤は、紫外線を取り込んで別のエネルギーに変換する、化学反応を起こします。化学反応が起きた時、紫外線を取り込んだ分子が活発化することで熱として外へ排出されるそうです。

その活発化した分子は要注意で、肌に触れると赤みやかゆみ、肌荒れを引き起こすそうです。そのような仕組みから、日焼け止めをつけると赤くなったり、痒くなったりするという事です。

3.吹き出物ができる

よく見かける日焼け止めは、「皮脂・汗・水に強い!」なんて書いてありますね。汗をたっぷりかいてしまう夏に使う日焼け止めは、汗に強くて落ちにくいものがイイ!という感じで選んでしまいますが、どうもそれは良くないみたいです。

崩れにくいというのは魅力的な日焼け止めですが、崩れにくいのはシリコン系の合成物質が含まれているからだそうです。この合成物質は他の油脂と混ざりにくいため、皮脂にも強いのでしょうが、そのため汗や水分を強力にはじくとのこと。

崩れないけど、肌の角質を守るために、分泌される皮脂もはじかれてしまうので、肌の潤いを守ることができず、バリア機能が働かなくなってしまうらしい。

紫外線で肌の表面がダメージを受けているうえに、肌を守るバリが機能が正常に働かなくなると肌の水分や油分のバランスを崩し、ニキビや吹き出物の原因となってしまいます。

さらに、このシリコン系合成物質は、専用クレンジングで落とさないと落ちないので、強力な洗顔料で洗う事で、またまた肌がダメージを受けてしまうらしいです。そうなると、肌の環境は最悪になり、吹き出物が増えてしまったり、肌荒れが進んでしまうのです。

4.甲状腺ホルモンへの影響も

日焼け止めに含まれている紫外線吸収成分には、もっと健康に良くない影響もあるそうです。紫外線吸収成分の中には、甲状腺機能を低下させる恐れのあるものがあるそうです。

最近の研究でわかってきたことですが、皮膚に塗っただけで、浸透して体内に取り込まれ、甲状腺ホルモンのバランスを崩してしまうらしいです。そうなると、倦怠感や疲労感が抜けず、皮膚や髪がつやを失い、ひどい場合にはうつ症状も引き起こすとか。かなり恐ろしいですね。

さらに、紫外線吸収成分には、環境ホルモンへの作用があるものもあり、生殖機能や脳の発達を阻害するという事が、動物実験からもわかっているそうです。

日焼け止めを選ぶポイント・2つ

1.紫外線散乱剤(ノンケミカル)を選ぶ

日焼けを防ぐ日焼け止めに含まれている成分には二つあり、一つは今まで説明してきた紫外線吸収剤。もう一つは紫外線散乱剤というもの。前に書いたように、紫外線吸収剤は石油由来の化学物質です。

紫外線散乱剤は言葉の通り、紫外線を反射させたり散乱させることで、皮膚を守るというものです。主に金属酸化物を原料としており、自然に存在する成分を使用して、物理的に紫外線から肌を守るものです。

紫外線散乱剤のみを使用し、紫外線吸収剤が入っていない物は化学物質が少ないため、ノンケミカルと言われています。

紫外線散乱剤の日焼け止めは、肌への負担が少なくて、肌荒れしにくいと言われていますが、ぬると白っぽくなったり、つけ心地が良くなかったりしますが、肌の弱い人にはおすすめの日焼け止めです。

2.低刺激な成分のものを選ぶ

敏感肌や肌の弱い人は、肌荒れの原因となるものが他にもあります。日焼け止めに含まれている成分を十分確認しましょう。強い防腐剤や着色料、香料なども肌への刺激となり、肌荒れを起こしてしまう可能性もあります。

無香料、無着色、防腐剤フリー、アルコールフリー、海面活性剤フリーといった表記がされている、低刺激のものを選ぶと安心です。ただし、注意が必要なのは「赤ちゃんでも使える」というもの。

肌の弱い赤ちゃんでも使えるなら、と安心できそうですが、実は大人の日焼け止めと、ほとんど成分が変わらないものもあります。成分を注意深くチェックする必要がありますね。

ページTOPへ

日焼け止めを使う際のポイント・3つ

1.TPOによって使い分ける

紫外線の害はよくわかっているので、とにかく紫外線を防ぎたいとばかりに、数値の高いものを選んでいる人も多いのですが、今までの説明から見ていくと、少し変えなければなりませんね。

通勤や通学、日常生活で、紫外線にさらされる時間はそんなに多くありません。しかも、数値の高いものには多くの化学物質が含まれていることがわかりましたから、日々の日焼け止めに、高SPF値の日焼け止めを使うのはちょっとコワイですよね。

日常生活では、SPF20~30のものがおすすめです。SPF30でも、10時間前後は肌への影響を遅らせてくれるので、充分でしょう。一方、海や山のレジャーでは外に出ている時間も多いので、すこし数値の高いものを使うと良いかもしれません。

でも、化学物質の影響が怖い人は、数値の低いものを多めに塗って、しっかりと効果を上げる塗り方をすると良いでしょう。

2.効果的な塗り方<こまめに塗る&重ね塗り>

数値の高い日焼け止めを朝塗って、夕方まで全く塗りなおさないというのは、大変問題があります。どんなに強力な日焼け止めでも、知らないうちに汗や皮脂で落ちています。ということは、塗った時よりも確実に紫外線を防ぐ効果は落ちているのです。

本気で日焼けを防ぎたかったら、2~3時間おきに塗り直さなくてはなりません。私はファンデーションを塗っているから、日焼け止めを塗り直すなんてできない、という人も日焼け止めじゃなくても大丈夫。UVカット効果のあるパウダーファンデーションでも良いのです。

つまり、こまめにお化粧直しをすると良いという事です。必ず余分な皮脂を取り除いてから、メイク直しをしてください。

さらに、効果のある日焼け止めのぬり方としてはたっぷりとムラなく塗ることです。日焼け止めは1㎠あたり2mg皮膚に塗らないと数値通りの効果は望めないそうです。1㎠に2mgって結構多いです。そんなに塗ってしまうとムラができる、とかファンデーションがよれるといった別の問題が起きそうですので、まずは一度ムラなく塗ってから乾かし、もう一度塗るといった重ね塗りがよいでしょう。

3.化粧下地に使用する

お化粧をしている人は、こまめにファンデーションを塗りなおすことで、効果を持続させることができますが、さらにおすすめなのは、化粧下地としてUVカット効果のあるものを使用することです。

前項で2度塗りをおすすめしていますが、化粧下地にもファンデーションにも、UVカット効果のあるものを使用することで同じ状態となります。

紫外線を確実に防ぐには、かなりたっぷりと日焼け止めが必要となりますが、日焼け止めをたくさん塗りすぎるとファンデーションがよれたりするので、下地に使うというのはぜひ実行してもらいたい方法です。

口コミで評判の肌に優しい日焼け止め・5選

1.パックスベビーUVクリーム

ベビー用と謳っているだけあり、紫外線吸収剤、界面活性剤が無添加。しかも無香料で無着色なので、石鹸で洗い流せるそう。SPF17でPA+と数値は高くないのですが、日常使いとしては十分です。

しかも、子供にも使えます。それなのに500円以下で買えるところもあるという、お値段もお手頃価格で日焼け止めとしても大変優秀です。さらに、マカデミアナッツ油が配合されているので、乾燥対策としてもばっちりです。

伸びが悪いとか、塗っているとカスのようなものが出る場合は、同じシリーズのローションやオイルを1滴混ぜて使うと使いやすくなります。

2.プロテクトウォーターミルクマイルド

ドラッグストアでもおなじみの「ニベアサン」。手軽に近所のドラッグストアでも手に入るのに、紫外線吸収剤が入っておらず、ノンアルコールの日焼け止めです。紫外線吸収剤が入っていないのに、SPF50でPA+++と数値が高い商品です。数値が低いものは安心できない、という人にはおすすめ。

しかも、サラッとしていて伸びがよいのが特徴。肌に負担が少ないミルクタイプですが、ウォータープルーフではないので、こまめな塗り直しが必要です。

3.ユースキンS/UVミルク

紫外線吸収剤が入っておらず、アルコールフリー、無香料、無着色、弱酸性で、しかもうれしい保湿成分入り。石鹸でも落とせる日焼け止めなのに、1,000円以下というお手頃値段にびっくりです。子どもにも使えます。SPF25 PA++と数値自体はそんなに高くないですが、こまめに塗りなおせば全く問題ありません。

お化粧をしている女性にも、乾燥せずに伸びがよく、白くならないので、化粧下地として使っても良い商品です。薬用ユースキンSシリーズは日焼け止めに限らず、保湿クリームなども肌に優しく、大変優秀な商品ばかりです。ぜひお試しを。

4.NOV/ノブUVシールドEX

紫外線吸収剤が入っていない、ノンケミカルの日焼け止めです。病院や薬局で勧められることも多く、敏感肌の人も使えるとのことです。しかも、SPF50でPA+++と数値も高いので、日焼け止め効果は期待できそう。

肌に低刺激な日焼け止めですが、あまり伸びはよくなく、大雑把に塗ると白残りします。きちんと塗り込んでしばらくすると白さは気にならなくなるそうです。化粧下地としても使えるし、普通の洗顔料で落とすことができます。ただ、他の日焼け止めと比べると、若干お値段が高めです。

5.ちふれサンスクリーンミルクUVマイルド

SPF33でPA++と、紫外線防止効果の数値は低めですが、プチプラでだれでも取り入れやすいでしょう。もちろん紫外線吸収剤は入っていません。多少白くなるのが気になる人もいるようですが、少量でも伸びがよいとのこと。何より、ノンケミカルなのにプチプラなのがうれしい。

日焼け止め効果付き化粧下地・3選

1.UVラグジュアリーデイクリーム

紫外線吸収剤は入っていないノンケミカルで、SPF23 PA++。数値としては、日常使いには問題ありません。さらにオーガニックの商品です。ブルークレールは、無添加にこだわった商品展開をしています。化粧下地としてではなく、日焼け止めとして単品で使うことも可能。

化粧水や美容液などで整えた後に、使用してください。使用する際には、手の温度で少し温めてから顔に伸ばすと良いようです。保湿効果もあるとの声もあり、使い心地の良い日焼け止めです。ただ、価格的には少しお高めな所が難点。

2.クリスチャンモード/LキープBBクリームUV

防腐剤不使用のBBクリームです。白浮きが気になる人もいるようですが、使用感は薄づきで自然な感じです。脂性肌の人もてかりにくく、乾燥肌の人も乾燥が気にならずに使用できるなど、幅広い肌タイプに対応しているようです。

しかも、SPF50でPA++++と、かなり数値は高めで日焼け止め効果は高そうです。価格はお手ごろなので、日常的にたくさん使っても惜しくない値段です。ただし、防腐剤が入っていないので、なるべく早く使い切ることをおすすめします。

3.アクセーヌ/マイルドサンシールド

ノンケミカルの日焼け止めなので、敏感肌の人も使えます。伸びもよく、化粧下地としてはファンデーションのノリも良いなどと、評判の良い日焼け止めです。特に、乾燥肌の人にはヒアルロン酸などの保湿成分が入っているため、おすすめです。

紫外線を防止しながら保湿もしてくれて、ファンデーションのノリも良くしてくれると、いいことづくめ。しかも無香料、アルコールフリー、ノンコメドジェニックテスト済みという事で、ニキビができやすい人にも良いそうです。SPF28でPA++なので、日常生活での紫外線は無理なく防いでくれそうです。

まとめ

店頭にはいくつもの日焼け止めが並び、どんなものが良いのか迷ってしまいますね。紫外線を防ぎたい、シミソバカスを防ぎたいという事で、数値の高い日焼け止めを使用している人も多いですが、数値の高い日焼け止めは、肌に悪影響を及ぼす紫外線吸収剤が入っていることが多いとのこと。

紫外線から肌を守って美肌になろうとしているのに、日焼け止めで肌荒れを起こしていては、本末転倒です。紫外線吸収剤は乾燥をすすめ、赤み、痒み、吹き出物などの肌トラブルを起こす可能性が高いので、日焼け止めに含まれている成分には注意が必要です。

日常生活には、そんなに数値の高い日焼け止めが必要ないこともわかりましたので、美肌を目指す人や肌の弱い人、敏感肌の人は数値がそれほど高くなくても、紫外線吸収剤が入っておらす、低刺激な成分の日焼け止めを選びましょう。

数値が高くなくても、重ね塗りとこまめに塗り直すことで、十分な紫外線防止効果が得られるでしょう。