美容コスメの中でもひときわ存在感を示しているプラセンタ。プラセンタは、実は胎盤から抽出されているエキスです。その効果や効能が口コミなどで広がり、エイジングケアや美肌のため活用したいと考える女性も多いですよね。プラセンタは医療でも用いられており、少なからず副作用も認識されています。プラセンタの効能と副作用についてご紹介します。

女性にうれしいプラセンタ

最近、美容液やコスメのパッケージで見かける”プラセンタ”。お肌に良いといわれていることは知っていますが、なんの成分か知っている人は少ないかもしれません。

実は、プラセンタはそのまま訳すると「胎盤」という意味です。胎盤に含まれるお肌や老化防止に良いとされる成分を抽出し、それらをサプリメントや美容液、注射などの方法で摂取しようというもの。プラセンタは、古代エジプトのクレオパトラや中国の楊貴妃、始皇帝などが活用していたという話もあります。

女性に嬉しいといわれる理由の一つには、プラセンタに含まれる成長因子やアミノ酸、脂肪酸、ビタミン、ミネラル、酵素などが、お肌の老化防止に役立ちアンチエイジング効果が期待できるという点にあります。

プラセンタは、医療用にも活用されている成分です。主に、更年期障害の症状で悩んでいる方に効果的といわれています。以下、プラセンタの効能や使用方法、注意点について紹介します。

プラセンタの効能

女性に嬉しいといわれる効果が期待できるプラセンタ。プラセンタというと、美肌になるという美容目的での利用が多いというイメージが強いと思いますが、実は医療用としても用いられています。プラセンタの効能にはどんなものがあるのか、以下みてみましょう。

エイジングケア効果

プラセンタとは、日本語で”胎盤”を意味します。新しい命を育む大切な器官プラセンタは、かのクレオパトラも愛した美容成分をいわれています。プラセンタに含まれる豊富な栄養成分は、アミノ酸、脂肪酸、糖質をはじめ、ビタミン、ミネラル、酵素、EGF・FGFなどの成長因子が含まれています。

プラセンタが肌に良いといわれる理由は、まず活性酸素が除去され、エイジングケア効果が期待できることです。プラセンタに含まれるビタミンC、E、ミネラル、活性ペプチドには「抗酸化作用」があり、活性酸素が除去されることで、シミやシワといった老化現象を防ぐ効果があるといわれています。

コラーゲンの生成に働きかける

プラセンタの魅力は、エイジングケアだけにとどまりません。コラーゲン生成を促す成長因子が含まれている点にも注目です。プラセンタエキスの成分の中に含まれる成長因子は、線維芽細胞や角化細胞を活性化させるといわれており、コラーゲンの生成につながるといわれています。

美白効果

女性にうれしい、といわれている理由のひとつは、美白効果も挙げられます。

プラセンタは、メラニン色素の生成に関わる「チロシナーゼ」という酵素の働きを抑制する効果があるといわれています。メラニン色素の発生を抑えて、シミを予防するということから、美白効果が期待できます。

プラセンタは、クレオパトラだけでなく、中国の楊貴妃や始皇帝が不老長寿の薬として珍重したといわれており、豊富に含まれる栄養成分が、お肌を内側から若く美しく保ったといわれています。

保湿効果

エイジングケアを考えるうえでも、ポイントとなるのが、保湿効果です。お肌の潤いを保つことは、エイジングケアだけでなく、肌の乾燥やシワの予防にもつながります。

お肌の保湿に関係する、大切な要素といわれているNMF(天然保湿因子)成分の中でも、主成分となるアミノ酸が、プラセンタには豊富に含まれています。プラセンタは、NMFの生成を促し、保湿力を高めるとされています。

血行の促進と皮膚の再生促進

プラセンタに含まれるビタミンEなどの成分は、血行促進作用があり、皮膚への栄養や酵素の供給をスムーズにしてくれます。老廃物をスムーズに排出してくれる効果も期待できるため、肌トラブルの予防効果も期待できます。

また、バストが小さい原因が、バスト周りの血行不良などが影響している場合には、血行促進によってバストアップの効果も期待できるのだとか。プラセンタ製剤として有名なメルスモンには、衰えていた卵巣の働きを助けホルモンバランスを整えます。

プラセンタの成分から、女性ホルモンが分泌されやすいことで、乳腺の発達につながると考えられているようですが、医学的な根拠は今のところないようです。

更年期障害の緩和

プラセンタは、医療用にも用いられることがあります。厚生労働省で承認されているものとして、メルスモンとラエンネックがそれにあたります。慢性肝疾患治療や更年期障害などの治療に用いられますが、更年期障害には、メルスモンが用いられています。

メルスモンは、多種アミノ酸やミネラルを含み、ホルモンやタンパク質は、製造過程ですべて除去されています。卵巣の働きを助け、ホルモンバランスを整えてくれるなどの効果に加え、血行促進、造血、疲労回復などの効果が相互に影響しながら、更年期障害の緩和につながるとされています。

副作用が気になる人も

プラセンタの摂取により、一時的に症状があらわれることもあるようです。

<プラセンタ摂取による一時的な症状>
・月経量が多くなる
・夜明け前に目が覚める
・発汗
・ニキビ、吹き出物ができる
・生理周期が短くなる
・バストが張る
・妊娠しやすくなる
・発疹・かゆみ・赤みがでる
・体重が増える

また、プラセンタを注射で摂取した場合、たん白アミノ酸製剤であることから、ショックを起こす危険性があるといわれています。アレルギーの可能性がある人は、安易に使用すると危険な場合があるようです。

そして、理論上の問題ですが、感染症の疑いを100%否定することができないといわれており、2006年以降は、プラセンタを注射で摂取した場合、厚生労働省は献血をしてはならない、という通達をだしています。

とはいえ、更年期障害でのぼせや冷え、不眠、イライラなどで悩まされている場合、プラセンタが有効な場合がありますので、信頼できる医療機関に相談するといいかもしれません。

プラセンタエキスとは

なにが原料なの?

プラセンタは「胎盤」をあらわす英語です。一般的に使用されているプラセンタは、哺乳類の胎盤から栄養素などの成分を抽出した胎盤エキスのことを呼んでいます。母体と胎児を繋ぐ重要な器官である胎盤には、生命の源となる栄養素がたくさんつまっています。

<プラセンタに含まれる栄養素>
・アミノ酸やタンパク質・脂質・糖質の三大栄養素
・ビタミン・ミネラル・核酸・酵素など胎児の生育に欠かせない生理活性成分

アミノ酸は身体の細胞をつくる原料として大切ですし、タンパク質・脂質・糖質は、身体をつくるうえで三大栄養素と呼ばれている重要な栄養源です。そしてビタミン・ミネラルは、身体の機能を正常に保つ役割があり、これらが相互に作用しながら健康を維持しているというわけです。

また、核酸という成分は、遺伝子の修復や新陳代謝の調整などを司る、エイジングケアに作用する栄養素として知られています。酵素は免疫力アップに欠かせないといわれています。

原液の使い方

美肌効果が高いプラセンタの化粧品は、「原液」や「純液」「高濃度」などという記載があることがあります。プラセンタ原液というのは、胎盤から有効成分を抽出したエキスそのままの状態をいいます。つまり、胎盤の水分と有効成分が混ざった状態を指し、水などで薄めたり、他の成分などを加えて加工する前の状態です。

ただし、厳密な規定がないため、原液100%と記載があっても、実際には水分で薄めているということもあるため、信頼できるメーカーを選ぶことがポイントです。

プラセンタ(胎盤エキス)の主な摂取方法は、「注射」「飲む(経口摂取)」「皮膚に塗る」の3つがあります。一番効果が高い、とされているのは、皮膚に原液を直接注入する注射での摂取。飲む場合の効果は、科学的な根拠が少ないといわれています。

しかし、経口摂取によって、何らかの効果を得られたという研究結果もありますので、少ないながらも効果は期待できるのかもしれません。

プラセンタ原液の使い方は、いたってシンプルです。洗顔後のお肌に、メーカーごとに指定のある適量を湿布するだけです。洗顔後とするのか、洗顔+化粧水後とするのかは、メーカーによって違いがあるようです。気になる部分にピンポイントでアプローチできるため、シミやシワなど気になる部分に効果が期待できるのもいいですね。

また、手持ちの化粧水に混ぜたり、シートマスクに含ませたりしてパックとして使用することもできます。また、アトピーや敏感肌などで、化粧品を使うと肌トラブルが起こりやすい場合は、原液がおすすめされています。

注射の効果期間

プラセンタを注射で摂取する方法もあります。医療用プラセンタ注射薬には二種類あり、厚生労働省で承認されているメルスモンとラエンネックです。

注射による効果は単発的なものではなく、継続して注射を続けることで、効果が期待できるといわれています。一般的な美容目的で、美容皮膚科などで施術される場合は、保険適用外となり高額となります。

注射薬での治療を行う場合、最初の1~2カ月は、週に1、2回がめやすとされています。その後、1、2週間に1回のペースで受けていくことが多いとされています。一回で効果が現れるのではなく、続けることで体内にプラセンタを多く留め、効果がじわじわと現れてくるということです。

肌への副作用

プラセンタ摂取時の、一時的な症状としては、ニキビや吹き出物ができたり、発疹・かゆみ・赤みがでるということがあります。また、アレルギー性皮膚炎の悪化やアレルギー反応が現れることもあります。

プラセンタは、豊富な成分を含むことから、食品同様アレルギーが現れることがあります。プラセンタ注射による重大な副作用は、今のところないとされています。

プラセンタエキスを使う注意点

プラセンタを注射で投与する際に用いられる、ラエンネックとメルスモンの2製剤は、静脈への投与が不可とされています。それは、副作用がのリスクが高まることや、速やかに体外へ排泄されてしまうため、効果が得にくいとされているからです。

また、プラセンタエキスを注射する場合は、献血を行うことができなくなったり、アレルギー反応が起こる可能性もあります。信頼できる医師と相談しながら、プラセンタエキスを使用するかどうか決めることが大切です。

美容液やプラセンタ注射の効果

美容液の使い方や効果

美容液の中にも、クリーム状のものや化粧水のようにさらっとしたもの、ジェル状のものなど様々なものが販売されています。同じメーカーのラインなら、使い方の説明にあるように順番につけていくのが一番効果的です。もし、そうでない場合は、さらっとしたものからとろりとしているもの、という順番でつけることを目安にしておくといいです。

原液そのままや、主成分が原液でさらっとしたものは、洗顔後すぐにつけるケースが多いようです。商品によっていつつけるべきなのか、記載していることがほとんどですので、効果的に使うためには、その仕様書に沿ってつかうことがポイントです。

また、使用する際は、適量を守ること、ピンポイントではなく全体的に湿布することで、シミの予防、ターンオーバーを整えることにつながりそうです。

また、プラセンタ美容液の効果として期待できるのは、お肌の保湿効果、ターンオーバーを促し、若々しい肌を保つことができること、メラニン色素の生成を抑え、美白効果が得られること、抗酸化作用により、アンチエイジング効果が得られることなどが挙げられます。

プラセンタ注射の効果

医療用プラセンタ注射薬には、以下のような効果が期待できるとされています。

<プラセンタ注射の期待できる効果>
・疲れ、肩こり、腰痛、筋肉痛、関節痛
・シミ、くすみ、肌荒れ、皮膚乾燥症、冷え性
・更年期障害
・自律神経失調症
・月経困難症、生理不順
・アレルギー疾患
・脳卒中後の神経麻痺
・肝機能障害
・胃十二指腸潰瘍
・膠原病

医療用プラセンタ注射薬のやり方には、皮下注射、筋肉注射、ツボ注射と3通りあり、それぞれ効果が現れるタイミングなどに違いがあります。皮下注射は、薬液量・吸収量が少ないことが特徴で、痛みや金銭的な負担が一番少なくて済みます。

筋肉注射は、吸収速度が速く、即効性を求める方に向いているといわれています。ツボ注射は、美容目的で利用されることが多く、アンチエイジングのため、顔面注射が行われます。3つの中では、一番金銭的な負担が大きいことがあります。

通販やドラッグストアで購入できる美容液

通販やドラッグストアで購入できるプラセンタ美容液は、手軽ですぐに試すことができます。比較的リーズナブルな価格帯のものも多く、続けやすいのが魅力です。

通販やドラッグストアのプラセンタ美容液で、注意する点として挙げられるのは、まず原料が何から豚由来のものか、馬由来のものかといった原料、そして安全性が明確になっていることがポイントです。

また商品によっては、プラセンタ原液の濃度が低いということもあるため、リーズナブルだからといって品質が伴わないことにならないよう、注意することも大切です。理想はプラセンタ100%ですが、お肌に合う、合わないなどの好みで選ぶのもひとつです。できれば、本当に肌に合うかどうか試すことができる、お試しセットなどが購入できるタイプがおすすめです。

おすすめの美容液マスク

プラセンタを手軽に試したいなら、美容液マスクもいいですね。美容液マスクなら、プラセンタの成分をしっかりとお肌に浸透させて、しっとりとした保湿効果や美白効果を得られやすいかもしれません。お肌のスペシャルケアとして欠かせない美容液マスクは、お肌の集中ケアもできるため人気になっています。

<おすすめのプラセンタ美容液マスク>
・GOBDI GOUN プラセンタパワー バイオセルロースゲルマスク(10枚セット) 7,508円
・ヤマノ肌 琥珀&プラセンタマスク(8枚)5,616円
・フラコラ プラセンタ ホワイトマスク(8枚)2,219円

国産にこだわっていたり、プラセンタの原料が馬由来であると高価になる傾向があります。プラセンタの効果を実感するポイントは、原料と配合されているほかの成分との割合。また、続けやすさを考慮して、コスト面のバランスが大切です。

口コミで話題のプラセンタ美容液

女性がコスメを購入するときには、口コミを判断材料のひとつにしていることもありますよね。口コミで話題になっているコスメは、確かに一般の使用者の感想が確かめられて、同じ肌質や年齢の人の口コミであればなおさら参考になるということもあります。

<口コミで話題になっているプラセンタ美容液>
・フラコラ WHITE’st プラセンタエキス原液15ml・908円 / 30ml・3,334円
・スノーヴァ プラツェンタール エキストレ30ml・12,960円
・フローレス化粧品 HaHanoSHIZUKU美容液32ml・6,480円

フラコラは、通販で手軽に購入でき、さらにプラセンタ100%なのにリーズナブルな点が話題になっています。また、スノーヴは、ロシア産の高級プラセンタを贅沢に配合した濃厚な美容液。エイジングケアに主に活用されています。HaHanoSHIZUKU美容液は、馬プラセンタを使用し、独自の配合で効果を最大限に引き出すプラセンタ専門店の商品です。

おすすめのサプリメントと飲み方・注意点

プラセンタの効果的な飲み方

成長因子や他の栄養素をふんだんに含んでいるプラセンタ。実は、プラセンタを効率よく摂取し、体内で効果を期待するなら、飲み方にもコツがあります。

<プラセンタの効果を効率よく吸収する飲み方>
・就寝前に飲む
・飲む量は、基本的にはメーカーに表示された1日の摂取量を目安に
・最低でも3カ月は続ける
・アルコールは避ける
・多めの水で飲む

飲むタイミングは、お肌や身体の修復システムが働く夜の就寝前に飲むのがベストです。飲む量については、各メーカーが表示している1日の目安量を厳守し、過剰摂取は避けましょう。

サプリメントは、即効性が低くじんわりと効果が得られることがほとんどなので、最低でも3カ月の持続が必要といわれています。また、アルコールはプラセンタの成分を分解してしまうため、避けたほうがいいようです。

妊娠中や持病がある場合は、薬の飲み合わせ等をかかりつけ医や薬剤師さんに相談して服用することが大切です。

サプリメントなら手軽に摂取できる

サプリメントは、手軽に摂取できるところが魅力です。コスメや美容注射であれば、お肌になじませる手間や、注射へ通う時間と高くなりがちな費用もかかってしまいます。

サプリメントは、比較的リーズナブルで手に入れることができ、続けやすく、すぐに服用することができる点が便利で魅力といえます。忙しい人やお肌のお手入れの手間があまりとれないという人に向いているでしょう。

ランキングで人気のサプリメント

サプリメント選びに迷ったら、ランキングや口コミで人気のサプリメントを試してみるのもいいでしょう。

<ランキングで人気のサプリメント>
・銀座ステファニー化粧品プラセンタ100/トライアル30粒:3,600円
・ピュアメディカル ホワイテックス/トライアル通常価格の半額4,570円(30包)
・スノーヴァ プレミアムプラセンタ/トライアル1,890円(30粒)
・フラコラ プラセンタつぶ5000/トライアル初回購入(45粒/15日分)980円

どの会社も、トライアル価格を設けており、始めやすいのが魅力です。短期間での実感は難しいため、サプリメントの飲みやすさや続けやすさ、原料やプラセンタの配合量などを比較してみるのもいいですね。

摂り過ぎは危険といわれる理由

プラセンタのサプリメントは、副作用の事例がいくつか報告されています。副作用の例としては、アレルギー性皮膚炎の悪化、アレルギー反応が起こることです。

また、サプリメントに用いられるプラセンタの原料は主に豚や馬。医療用では、ヒトプラセンタを使用することができますが、美容などにヒトのプラセンタを使用することができません。原料となる豚や馬の細菌感染などが、徹底管理された安心できるプラセンタを選ぶ必要があります。

比較的安心なプラセンタとして、「SPFプラセンタ」や最近注目されているサラブレッドのプラセンタが挙げられます。

プラセンタ100原液の効果

プラセンタ100の効果や特徴

プラセンタは、「原液」「純液」「高濃度」などと記載されることがあり、どれを選んで良いか迷ってしまうことがあります。

プラセンタ100やプラセンタ原液と表示されているものは、一般的には水などで薄めたり、他の成分を加えてる前の状態をいいますが、特に法令によって表示が義務付けられていないため、原液100%と記載があっても、実は水を加えていたりすることがあるようです。

プラセンタには、熱を加えて抽出する方法と熱を加えずに抽出する「生プラセンタ」というものもあります。プラセンタ100と記載があっても、原液に香料やほかの美容成分を加えている可能性もあるため、原液であるからといって、効果が一番高いというわけではありません。

熱処理をせず、プラセンタの有効成分が、高濃度に抽出されたプラセンタが一番効果が高いといわれています。

シミに効果的な原液イオン導入

一番効果的なイオン導入法は、医療機関やエステサロンの専用イオン導入器で受けることです。家庭用の美顔器もそれなりに効果が得られますが、やはり効果が劣ってしまいます。

イオン導入には、プラセンタ原液を用いることがほとんどです。これは、防腐剤や香料などが含まれていると、イオン導入によってお肌の深くまで成分が浸透してしまうため、逆効果となってしまうからです。

老化の原因は、遺伝子の損傷と活性酸素が関係していることがわかってきました。プラセンタに含まれる「核酸」には、遺伝子の損傷を修復する効果などがあり、結果的にシミやしわ、たるみなどに効果を発揮すると考えられています。

おすすめの美容液

プラセンタ100の原液をイオン導入しようと考えている人の中には、防腐剤などが含まれない原液を探している方も多いですよね。初めてなら、なおさらどのプラセンタが良いのかも分からないことが多く、思っていた効果が得られなかった、ということも少なくありません。

最近では、美容皮膚科でプラセンタのイオン導入とともに、プラセンタ原液を取り扱っていることがあります。信頼できる医療機関からプラセンタ100%原液を購入するのが、一番近道かもしれません。クリニックによっては、豚や馬ではなくヒトプラセンタを導入しているところもあります。

口コミで話題の通販コスメ

通販で購入できるプラセンタは、手軽に取り寄せたりトライアルが可能なため、使っている人も多いのではないでしょうか。プラセンタ入りの美容液や生プラセンタまで、目的に合った商品を購入することができそうです。

副作用の心配は

下痢や腹痛

プラセンタをサプリメントで摂取するときに、下痢や腹痛などの副作用が起こることがあります。基本的に、プラセンタ自体には、重篤な副作用は少ないといわれていますが、たまに便がゆるくなったり、下痢や腹痛を起こすことがあります。

容量を守って、継続摂取していく中で、次第に症状がなくなるということがほとんどのようです。あまりにひどい場合は、飲む量を減らすなどの対応が必要かもしれません。

湿疹などの症状

プラセンタの摂取で、アレルギー性皮膚炎が悪化するということがあります。小児喘息とアトピーの既往歴があった男性が、プラセンタを摂取したところ、かゆみを伴う湿疹が出現したという報告がありました。

プラセンタの成分によって、アレルギーを起こし、湿疹ができてしまうというケースがあります。もともと皮膚疾患などの既往歴がある人や虚弱体質な人、体力が低下している人は、注意が必要といわれています。主治医に相談しながらプラセンタを導入する方がいいでしょう。

「太る」と訴える人も

プラセンタのサプリメントを飲み始めた人の中には、太ると訴える人も少なくありません。プラセンタは、その豊富な成分から、高カロリーなのではないかと憶測されることもありますが、商品によって異なりますが、1個の製品につき10kcal以下とカロリー控えめであることがほとんどです。

太る原因のひとつとして考えられるのが、新陳代謝が活発になったことによる「空腹」。食欲が増進してしまい、気づかないうちに食事量が増え、太ってしまったというケースがあるようです。逆にプラセンタの代謝アップ効果で、健康的に痩せられたという声も少なくありません。

プラセンタによって太ることがあっても、一時的なケースが多く、プラセンタ自体に太る要因はほぼないと考えていいようです。

サプリの過剰摂取は副作用の原因

プラセンタに限らず、サプリメントに100%頼るような食事生活は、あまり推奨されていません。ベースは健康的な食生活があり、あらゆる栄養素をバランスよくとることで、サプリメントの効果があらわれると考えられています。

身体に良い、美容に良いという理由で、規定の量を超えたサプリメントを摂取することは、副作用につながることがあります。適量を守ることが大切です。

使い方の条件を守る

プラセンタをサプリメントで服用する場合、美容液としてつかう場合、イオン美顔器で導入する場合、いずれにしても使用するメーカーの指示に従って、使い方の条件を守ることが大切です。

むやみに使用回数や使用場所などを独断で変えてしまっては、効果が薄れてしまう原因になってしまいます。今のところ、重篤な副作用はないといわれているプラセンタですが、医療以外の美容目的で用いられて、まだ年数がそれほど長いわけではありません。

また、プラセンタ注射を行った場合は、献血ができないというように、感染がゼロではないということにも注意が必要です。

まとめ

自分にあった信頼できるメーカーを選ぼう

プラセンタについて、いかがでしたでしょうか。

女性にとって、若返りや美容に効果が期待できると聞くと、試してみたい気持ちに駆られますよね。確かに、プラセンタは美容皮膚科の専門医がおすすめできるほどに、お肌にとって嬉しい有効成分をふんだんに含んだものです。

しかし、プラセンタは胎盤から抽出されるエキスなだけに、信頼できるメーカーから購入することがひとつのポイントといえそうです。本当の効果を期待したいのならば、美容皮膚科で使用されているヒトプラセンタが一番効果的なのかもしれません。

通院する手間や時間を考えると、自宅で通販で取り寄せたり、サプリメントとして活用するのもひとつの方法です。それぞれの目的に合ったプラセンタの導入方法と、負担できるコストを考慮して美肌効果を得られるといいですね。