血管年齢という言葉をきいたことありますか?人間の血管は歳をとると、だんだんしなやかさを失い、硬くなっていく傾向があります。血管のしなやかさを示しているのが血管年齢です。今回は血管の老化について、そして血管を若返らせる方法をご紹介します。

あなたの血管年齢はいくつ?

血管年齢は、血管の老化の進み具合や血管のしなやかさを示しています。血管のしなやかさを示しています。実年齢よりも血管年齢が高かったら…。ショックですよね。まずは、血管が老化すると、どんなことが起こるのか、みてみましょう。

血管が老化するとどうなる?

乾燥肌にシワがでやすく、肩こりしやすくなる

血管の老化が進むと、肌は乾燥して、シワが出やすくなります。肩こりしやすくもなります。まだ「未病」の状態でも、嫌な事いっぱい。早くから、血管若返りをはかりましょう。

動脈硬化

加齢とともに血管は硬くなり、気づかないうちに動脈硬化が進むと言われています。動脈硬化はコレステロールなど、様々な物質が血管内に蓄積していくことでも進んでいきます。

病気のリスクが高くなる

動脈硬化が引き起こす病気というと、心筋梗塞、脳卒中、狭心症など、本当に怖い病気ばかりです。硬くなり、もろくなった血管内にはコレステロールなどが原因でこぶ(プラーグ)ができやすく、血管内の通り道がとても細くなってしまいます。そこに血の塊(血栓)ができると血管が詰まってしまい病気に至ってしまいます。

血管が老化する原因

高血圧

高血圧になると血液は勢いよく流れ、血管に圧力を加え、血管の老化を進めてしまいます。

高血糖

過剰な血糖が体内にあると老化を促進する物質(AGEs)ができてしまいます。

コレステロール・中性脂肪

コレステロールには善玉(HDL)と悪玉(LDL)の2つのコレステロールがあります。悪玉コレステロールが増えすぎてしまうと、血管に付着してしまい、動脈硬化を加速させ、血管の老化を進めます。善玉コレステロールは血管から悪玉コレステロールをはがし、肝臓に運び、減らしてくれます。

中性脂肪が増えすぎてしまうと、善玉コレステロールを減らしてしまいます。そのため、悪玉コレステロールが増えてしまうことになります。

運動不足

最近、ちょっと運動不足ぎみ、という人いませんか。気をつけないと運動はなかなかできないもの。運動不足は肥満を招き、高血圧の原因になります。その結果は血管の老化、動脈硬化と進んでしまいます。

ストレス

仕事や人間関係など、ストレスがかかると老化の原因になります。ストレスがかかると人間は高血圧になりやすいんです。ひいては、動脈硬化にいたってしまいます。

喫煙すると高血圧になります。そして、タバコのニコチンも血管を傷つけます。さらに、ニコチンはコレステロールを酸化させてしまうそうです。近年の研究では酸化悪玉コレステロールが非常に危険視されているそうで「超悪玉」コレステロールと呼ばれたりするそうです。

血管を若返らせる食材:たまねぎ

玉ねぎ

まずは血管を若返らせる代表食材の「たまねぎ」をとりあげます。玉ねぎを切ると、硫化化合物と硫化アリルが発生し、特に硫化アリル目や鼻を刺激するそうです。

辛み成分の硫黄化合物は空気にさらされると、酸素と反応してトリスルフィドという物質に変化します。トリスルフィドは血液をさらさらにしてくれます。

身体に余分な「活性酸素」がたまってしまうと老化がすすみます。〝身体が錆びて“しまいます。たまねぎには植物ポリフェノールであるケルセチンも含まれており、辛み成分の硫化化合物と共に、身体の抗酸化作用に効果があります。

水にはさらさない方が効果的

玉ねぎは辛みをとるために、よく水にさらしますよね。でも、あの辛みが身体をきれいにしてくれるので、なるべく水にさらさないようにしましょう。どうしても苦手という人は、なるべくさらす時間は短めに、もしくは、辛みの少ない新玉ねぎを利用しましょう。

繊維と垂直にたまねぎを切ると効果が高まりま。

切った後は、15分~1時間、空気にさらすと効果的です。硫黄化合物が酸素と反応してできるトリスルフィドに、血液さらさら効果があります。十分空気にさらすようにしましょう。

空気にさらした玉ねぎを加熱すると効果的

辛み成分の硫黄化合物は加熱すると効果を失ってしまいますが、辛み成分が酸素と結びついたできたトリスルフィドは加熱しても効果は消えません。加熱によって10倍以上に増えるそうです。十分に空気にさらして玉ねぎを加熱すると血液さらさら効果が高くなるそうです。

加熱によって甘味成分のオリゴ糖ができます。オリゴ糖は腸内のビフィズス菌などの善玉菌の働きを助けて、腸の調子を整えてくれます。

たまねぎには免疫力をアップさせて疲れにくくしてくれるなどの効果もあります。毎日の食卓で、積極的に摂っていきたい食材ですね。

血管を若返らせるって、どんな方法があるの?

食生活を改善する

まずは、たまねぎを使った血管の若返り方法をご紹介してきましたが、ほかにも食生活を改善することによって、血管年齢を若返らせることができます。

魚を積極的に多くを食べよう

魚には不飽和脂肪酸のDHAやEPAが含まれています。DHAやEPAなどの不飽和脂肪酸には中性脂肪を減らす働きがあります。肉食に傾きがちなかたは、積極的に魚を食べるようにしましょう。さんまやさば、いわしなどの青魚に多く含まれます。お魚を効果的に食べるには新鮮なお刺身がお勧め。缶詰のお魚も有効だそうです。

ごはんのときにはまず野菜から

野菜から食べ始めると、血糖値の上昇を抑えることができます。さらには、野菜を最初に食べることによって満腹感が得られますから、食べる量を減らせるので肥満防止に役立ちます。不足しがちな野菜です。たくさん食べたいものです。

食物繊維を多く摂ろう

食物繊維は炭水化物(糖質)が吸収されるのを抑えて、血糖値の上昇を防ぎ、コレステロールなどの脂質の増加を防ぐ効果があります。また、腸内で善玉菌を増やしてくれるので腸内環境を整えてくれます。

男性(18~49歳)は19g以上/日、女性(18~49歳)は17g以上/日の食物繊維が必要とされています。

食物繊維を多く含む食品は、玄米ご飯、海藻類、きのこ類、野菜、果物、大豆などです。毎日の食卓で積極的に摂っていきたいですね。

大豆・大豆製品を積極的に食べよう

大豆は良質のタンパク質です。肉類と異なり、コレステロールや中性脂肪を増やしてしまう飽和脂肪の量が多くありません。

ポリフェノールの一つであるイソフラボンも含んでいます。イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをするので、特に更年期以降の女性などに、動脈硬化を予防する効果が高いです。

お勧めの大豆製品は納豆です。納豆には、ネバネバ成分のナットウキナーゼが含まれています。ナットウキナーゼには、血液をサラサラにする効果があります。

塩分は控えめに

塩分の摂りすぎは高血圧を招いてしまいます。塩分は控えめに。

必要に応じて、サプリメントも活用しよう

食事ですべての栄養をバランスよく摂りたいのですが、それはなかなか難しいことです。DHA・EPA、ビタミンC、ビタミンE、βカロテンなど、食事で必要量が摂れないときは、サプリメントも活用しましょう。

適度な運動が血管若返りに効果あり!

適度な運動が血管年齢を若返りによい方法です。
今回はNHKためしてガッテン!の「血管若返りストレッチ」をご紹介します。気持ちいいと感じるくらいまで、伸ばしてください。

血管若返りストレッチ

<腹筋をストレッチ>
うつ伏せに寝て、手足を伸ばし少し浮かせます。気持ちのいいところで伸ばします。

<前もものストレッチ>
両足を前に出して長座で座り、片足をまげてかかと臀部に近づけます。そして、ゆっくりと呼吸をしながら、可能なら上体を下げていき気持ちのいいところでストップして伸ばしてください。

<肩甲骨をストレッチ>
座った状態で、両手を組んで少し猫背になりながら前に伸ばしてください。今度は、両手を腰の後ろに組んで、前かがみになりながら組んだ腕を上げましょう。どちらも気持ちがいいところで伸ばしてください。

<臀部のストレッチ>
まずは長座で座り、足を組みます。組んだ方の足の膝に反対側の肘を膝にかけ体をねじり臀部から腰部にかけて気持ちがいいくらいで伸びたところで動きをとめ、筋肉や筋を伸ばしてください。

禁煙をする

喫煙者の方は、がんばって禁煙をしましょう。禁煙外来も効果があるようです。

まとめ

今回は「食生活改善」「運動」「禁煙」を血管若返り方法としてご紹介しました。血管の老化は気づかないうちに進み、恐ろしい病気を引き起こします。早め早めの対応が一番です。がんばって血管若返りを目指しましょう!