脱毛後の日焼けはダメと言われている理由は、脱毛後はとても肌がデリケートな状態で乾燥してしますからちょっとした刺激でもすぐに反応して肌荒れを起こします。又他にも様々な理由が考えられるのです。そこでオススメなのは日焼け止めクリームですが効率的に使う方法と術後のケアについて紹介しています。

日焼け後に脱毛したがる心理とは?

一時流行った小麦色の肌の女性、健康的で魅力的でしたが、紫外線の肌ダメージのリスクが騒がれるようになって「肌を焼いてはいけない」と言った考え方がいつの間にか定着するようになりました。美白時代の到来です。世の中白い肌の女性がモテるようになったのですが、そんな中でも少数派ながら日焼けをこよなく愛する人はいます。

日焼けした後で脱毛をする人もいますが、それは日焼けによってこんがり小麦色の肌をもっとより良い状態にしたいと言う心理が働くのでしょう。日本人のうぶ毛は黒っぽく、うぶ毛があると肌が黒ずんだようになってしまうので、せっかく焼いた肌がより綺麗に見えるように脱毛を考えるのです。

勿論全ての人がそうと言うわけではありませんが、実はこの行動はNGとされています。ここでは日焼け後の脱毛がダメな理由と日焼け止めで対処する方法について解説します。

日焼け後の脱毛がダメな3つの理由とは?

1.痛みを感じやすいから

紫外線を浴びると、日焼けして肌が黒くなりますが、その後レーザー脱毛をすると強い痛みが出てしまうようです。レーザーは黒い部分に反応して毛の処理をするので、日焼け後の黒い肌にも反応して、処理しようとするので刺激が強くなり、痛みが出たり、ひどい場合は腫れや水ぶくれが出来てしまうと考えられます。

また、日焼けで紫外線をたくさん浴びると、肌の乾燥も引き起こす場合があります。乾燥した肌は少しの刺激でも敏感に感じとるため、普段は平気なレーザー脱毛や光脱毛の刺激でも、強く痛みを感じる場合があります。日焼け後の脱毛は、肌トラブルの原因となりますので、行わない方が良さそうです。

2.効果が薄れるから

肌が乾燥することは、脱毛の際に痛みを引き起こすだけでなく、効果も薄れさせてしまうようです。日焼けは肌の乾燥を引き起こすので、日焼け後はレーザーを当てても、乾燥で光が毛穴の奥まで届かず、効果が期待できなくなります。事前にカウンセリングして肌の確認をするサロンだと、日焼けを確認した時点で、効果が期待できないので延期になる場合があります。

乾燥していなくても肌全体が黒く焼けていると、光が広範囲に分散して熱も高くならず、ピンポイントに毛を照射ができないので、効果は下がってしまうと考えられます。

3.肌トラブルを起こしやすいから

日焼けは、軽く火傷をしているような肌の状況で、炎症をおこしてヒリヒリしたり、チクチクしたり傷ついている状態なので、そこにレーザーが当たると患部がひどくなり、さらに痛みを引き起こす場合があります。

乾燥した肌にレーザーを当てると、脱毛の効果はあまり出ずに、メラニン色素が活性してしまうこともあります。レーザーで肌の保護機能がおかしくなり、メラニン色素が活性すると、シミやそばかすの原因となります。

脱毛は肌をキレイにするためだったのに、肌のトラブルを招いては元も子もありません。脱毛を考える場合には、術前だけでなく、術後も日焼しないように注意してください。脱毛後は2週間~1ヶ月くらいはは紫外線に気を付けて、日焼けしないように対策することが重要です。

それでも脱毛したい!どうする?

どの程度ならOK?

日焼け後に脱毛をするのはNGと言っても、その度合いによってOKの場合もあります。では実際にどの程度なら大丈夫なのでしょうか?まず日焼けした季節によっても異なります。例えば春や冬の場合は、2か月以内に日焼けしたとなればもう1か月空けてからの脱毛が理想です。

紫外線は浴びたけど見た目的に日焼けしていないと言うのであれば脱毛可能な状態です。又、きちんとした紫外線対策をして日に浴びたと言う場合も脱毛可能となるでしょう。一方夏と秋の場合は、3か月以内に日焼けしたのであれば脱毛はNGです。

紫外線がとても強い時期でもあるので最低でも4か月は空けてからの脱毛となります。気になるのであれば一度スタッフや医師に相談をして肌状態をチェックしてから施術をするかどうか判断してもらいましょう。

日焼け前なら大丈夫?

日焼け前に脱毛するのは大丈夫かというと、日焼け前も脱毛は行わない方が良さそうです。日焼け後の脱毛は肌トラブルの原因になることが分かりましたが、脱毛後の日焼けも肌トラブルの原因になる可能性があると言われています。脱毛すると大きなダメージが肌に与えられるので、きちんとアフターケアをして、肌を落ち着かせることが必要です。

肌を落ち着かせる前に、強烈な紫外線を浴びて日焼けしてしまうと、ダメージが悪化して、痛みが強くなったり、火傷のような炎症が進んでしまう場合がありますので、日焼け前の脱毛も避けた方が良さそうです。脱毛後は温度の高いお風呂や激しい運動は控えて、冷たいシャワーなどで肌をクールダウンすることをおすすめします。

日焼け止めで対処する方法

顔の脱毛の場合

紫外線には2種類あります。普段の生活の中での紫外線(UV-A)とレジャー等で長時間浴びる紫外線(UV-B)です。UV-Aは肌を黒くさせる作用があり、UV-Bは更に赤くさせる強さがあります。顔は特に露出が多い為、どうしても紫外線量を浴びやすくなるので、適した日焼け止めが必要です。

SPFはUV-B防止効果が、PAはUV-Aの防止効果があり、その後に顔脱毛をする予定の場合は、日常生活であればSPF20PA++、レジャーではSPF30PA+++、アウトドア等で常に紫外線を浴びている状態であればSPF50PA+++の日焼け止めを選ぶようにしましょう。

最近では日焼け止め下地やファンデーションもあるのでプラスして利用することでより高い予防効果が望めます。しかし肌へ負担も大きくなるので、出来るだけ長時間使用しないようにしてください。

ひげの脱毛の場合

口周りは顔の中でも皮膚が薄くてとてもデリケートな箇所です。男性であればひげが濃くなるので何とか脱毛したいと思う人も多いでしょう。しかし最近では女性でもうぶ毛程度ですがひげに悩んでいる人が増えてきているのです。うぶ毛はレーザー脱毛ではなかなか上手く施術が出来ないこともあり、出力を上げたり、ニードル脱毛をすることも多くなります。

そうなると、肌へのダメージは強くなり、乾燥しやすくちょっとした刺激でも痛みを感じ肌荒れを起こしやすくなります。こんな状態で紫外線を浴びてしまったら、とても怖いでしょう。きちんとした日焼け対策が必要になります。日焼け止めの中でも保湿効果に優れた日焼け止めを選んでください。

特に一日中外にいて、紫外線を浴びることが多い方はSPF50の日焼け止め(化粧品タイプ)でしっかりと保湿ケア、紫外線ケアを、いつでも使えるようにバッグに携帯してください。

ミュゼ脱毛の場合

ミュゼはお手頃価格で脱毛が出来ると話題のサロンです。しかし誰でも良いと言うわけではなく、条件に合わない人は施術を受けることが出来ません。不調な人や妊娠中、お酒を飲んでいると言った条件の中に「日焼けしている」と言った項目も含まれるので、当然日焼けした人は受けることが出来なくなります。

乾燥や日焼けしている肌はダメージがあるので、お手入れ出来ない可能性があるからです。日ごろから日焼け止めクリーム等で防止対策を行っている、保湿ケアしていると言った方がOKになります。特に日焼け止めクリームに規定はありませんが、夏場と冬場のシーンに合わせて日焼け止めクリームの種類や度合いを調整して紫外線対策を徹底させましょう。

リンリン脱毛の場合

脱毛サロンであるリンリン松阪店では、日焼けによる脱毛のダメージを減少させる為に、適した日焼け止めクリームの紹介をしています。「ソワユーモイストサンシールドエッセンスSPF50PA+++」です。ノンケミカル×ウォータープルーフで、アロマの良い香りがする為、リックス効果も期待出来ます。

水のようにさらっとしているので付け心地も良く、顔だけでなく全身にも使える重宝さ、キープ力に優れているので白浮きしないですし、敏感肌の人でも安心して使うことが出来ます。汗にも強いのでムラにならずに二度塗りせずに一日中使えるので推奨されています。ネットを中心に販売されているので、良かったらチェックしてみてください。

脱毛後の日焼け止めクリーム使用について

当日の使用

脱毛施術を受けた当日は、とても敏感な肌になっています。敏感肌には刺激は大敵、特に処理した部分は日焼け止めクリームをたっぷり塗って紫外線から肌を保護してあげるのです。日焼け止めクリーム自体も肌への負担が大きくなるので、出来るだけその季節による紫外線量に応じた度合いのものを選ぶことがポイントです。

1年以上放置しているクリームは酸化することで効能も下がってしまうので、新しく買い替えること、そして脱毛によってほてった肌を冷水や冷タオルで冷やし、クリニックやエステサロンで提供された特別な軟膏やクリームがあればそれも使うようにしてください。術後は軽度の火傷状態ですから、決して過度に肌を温めることもしないでください。

翌日の使用

施術当日にしっかりと日焼け止め対策を行ったのだからもう大丈夫と思っていませんか?それは間違いです。なぜなら、サロンやクリニックでの脱毛は箇所によっても異なりますが、1回で終わることが無いからです。何度も施術を繰り返すことで徐々に無駄毛が薄くなり、目立たなくなってきます。

永久脱毛はニードル脱毛だけなので、レーザーや光脱毛では完璧な永久脱毛は出来ませんが、それに近い状態での無駄毛処理が出来るので何度か通うことになります。つまり又施術をすることになれば、肌を傷めつけるような行為は控えるべきでしょう。その後もしっかりと日焼け止め対策を行っていくことが無難です。

出かける際には帽子や長袖、日傘等でしっかりとガードし、目から入る紫外線量も多いのでサングラスも大事でしょう。そして日焼け止めクリームもきちんと塗ることを心がけてください。

まとめ

脱毛を考えている人は日焼け止め対策を徹底しなければいけないことが理解できたと思います。脱毛行為は、軽度の火傷状態ですから、これ以上刺激を与えない為にも、最も強い刺激となる紫外線対策はばっちり行っていかなければいけません。

日焼けで小麦色肌にしたいなんてもってのほかです。絶対にしてはいけません。日焼けによる紫外線は美容ばかりでなく皮膚がん等を引き起こす要因リスクが無いとは言い切れません。美白時代に乗って、自身の肌ケアも徹底し、日々の生活の中で紫外線対策をしてください。