様々な美容情報が飛び交う昨今、どんな方法を自分に取り入れればいいのか悩む方も多数いると思います。自分に合わない間違ったケア方法を続けていると、どんどん肌は痛めつけられ、10年後、20年後には、「美肌」とは到底遠いお肌になってるかも?ここで紹介する、基本的な正しいケアを押さえて、「最強美肌」を目指しましょう!

正しい洗顔をしましょう!

綺麗な肌を作る・保つ基本中の基本!正しい洗顔方法をご紹介します。ご自分の普段の洗顔方法と比べて、改善策を見つけてみてください。

蒸しタオルを活用!

洗顔の働きを最大限に引き出してくれる、お手軽アイテムは「蒸しタオル」です。「蒸しタオル」は、お肌に乗せると、暖かいスチームの力で毛穴を開き、肌の表面温度を上げることで、肌を柔らかくしてくれる効果が期待できます。このひと手間で、毛穴に詰まった汚れや、古い角質を優しく取り除くことが出来るだけでなく、お肌の温度が上がることで、お肌の新陳代謝がアップし、肌トラブルをより早く解決に導いてくれるなどの効果が期待できます。

「蒸しタオル」を乗せるタイミングは、主に「洗顔前」、毛穴が開き古い角質が浮いて取り除きやすくなったところで、優し~く洗顔することが大切です。また、「洗顔後」のお肌にも効果的です。綺麗に洗い流したお肌に、再度「蒸しタオル」を乗せて、肌を温め、柔らかくすることで、スキンケアの次のステップに進んだ際、化粧水の浸透を助けてくれる働きがあるため、お肌に通り道が出来、スキンケア成分を肌にしっかりと浸透させてくれる効果が期待できます。

「蒸しタオル」の作り方は簡単2ステップ!
・水を含ませ、固く絞ったタオルを耐熱容器に入れる。
・電子レンジで40秒~1分加熱する。
たったこれだけです!

ご自宅では、柔らかい素材のフェイスタオルさえあれば、簡単に取り入れることが可能なので、ぜひ取り入れてみてください。

朝の洗顔問題はこう解決!

最近、美容マニアたちを悩ませているのが「朝の洗顔問題」、夜のようにしっかりと洗顔料や石鹸を使ってしまうとお肌に悪いという意見があり、朝は「水だけ洗顔」、「ふき取り洗顔」、「蒸しタオル洗顔」など、多くの方法が、飛び交っています。美肌有名人の多くは、この「洗いすぎない美容」を実践しているように思います。ですが、お肌は人それぞれ違うもの、いくら美肌の人がしているからと単純に真似をしても、自分には効果がないということもあります。「朝の洗顔問題」は、自身のお肌としっかり相談し、実践することで、より「美肌」に近づくことが出来ると思います。

・オイリー肌の人は?

皮脂分泌が多いオイリー肌の人は、寝ている間に分泌され、表面に無駄な皮脂、角質がたくさん残っていると思いますので、朝も洗顔料や石鹸を使った洗顔方法をおススメします。ですが、ゴシゴシと強い力でこすって洗ったり、少し乾燥気味なのに強い洗浄力で洗ってしまうと、皮脂の取り過ぎから、皮脂の過剰分泌が起こり、テカテカお肌になってしまうこともあるので、毎朝のお肌の状態と相談して、決めることが重要になるでしょう。

・ノーマル~コンビネーション肌の人は?

皮脂や水分のバランスがいいノーマル肌の人や、Tゾーンのテカりと頬や目元の乾燥などが混在するコンビネーション肌の人は、洗顔料や石鹸を極力使わない、「ぬるま湯のみ」や「水のみ」の洗顔方法をおススメします。寝ている間に分泌されて肌表面に残る古い皮脂や角質も、そんなに多くないのがこの肌タイプの人なので、洗顔料などを使うと、必要な皮脂まで取り除いてしまい、日中の肌バリア機能が低下することも考えられます。ですが、TゾーンやUゾーンのテカりが深刻なコンビネーション肌の人は、その部分だけ、洗顔料や石鹸を使って優しく洗顔するのもおススメです。

・ドライ肌の人は?

化粧水やクリームをいくら塗っても、時間がたつと肌が突っ張ってきてしまうなど、これからの季節非常に辛い乾燥肌の人は、「蒸しタオル洗顔」がおススメです。お肌に蒸しタオルを乗せ、しっかりと毛穴を開かせ、皮脂を浮かせ、優しくふき取るとっても簡単な洗顔方法です。皮脂のバリア機能がもともと少ないドライ肌の人は、洗顔で使う水の刺激にも肌は反応してしまいがちですので、優しくふき取る「蒸しタオル洗顔」が、特にこの時期からはおススメです。

肌タイプ別で、おススメの洗顔方法を取り上げてきました。朝起きたら、鏡に向かい、その日の状態で朝の洗顔方法を変えてみるのも美肌への近道です!また、メイクや日焼け止めをして一日過ごした夜のお肌には、しっかり洗顔をして肌をリセットしましょう。

水の温度のチェック!

正しい洗顔を行う上で、「水の温度」は非常に重要になってきます。温度が高すぎると、私たちのお肌が生み出す適度な皮脂である保護膜が壊れ、お肌のバリア機能が次第に失われてしまいます。そのため、紫外線や外気の刺激からお肌を守ることが出来なくなり、乾燥・テカり・毛穴の開きなどの肌トラブルが生まれてしまいます。お肌に触れたとき、心地のいい温度かもしれませんが、くれぐれも35度以上の「お湯」での洗顔は控えましょう。

洗顔をする際の適正温度は32度位と言われています。これは、皮脂などが自然に溶け出す温度であるため、余分なもののみを除きたい正しい洗顔では非常に重要な温度となります。洗顔する際の水の温度は重要ではありますが、いちいち温度計で水温を測るわけにはいきません。目安としては、「手で触って少し冷たく感じるぬるま湯」とか、「夏に水道の蛇口をひねって最初に出てくる水の温度」といった感じで覚えておきましょう。

洗顔の回数は?

みなさんは、一日に洗顔を何回しますか?肌を綺麗にする基本である洗顔ですが、洗ったら洗った分だけ綺麗になるというものではありません。基本は、一日2回、それ以上の洗顔は逆にお肌を痛めてしまう可能性があります。これまでお伝えしているお肌のバリア機能は、私たちのお肌が自ら作り出す保護膜の働きによるものです。ですが、時間がたてば、お肌には知らずのうちに汚れが付き、正常に皮脂分泌が行われる肌には、過剰な皮脂を含む「いらないもの」が、絶えずお肌に付着している状態になります。それを洗顔で取り除くのですが、一日に何度も顔を洗うと、「いらないもの」である、汚れや酸化した皮脂だけでなく、お肌を守ってくれる「保護膜」まで取り去ってしまうという危険が潜んでいます。

メイクもして、一日頑張ったお肌には、しっかりと汚れを落とす必要があり、朝の肌には寝ている間に分泌されたいらない皮脂や、付着したほこりなどを落とす必要があります。自分の肌の状態をしっかりと見極め、朝晩と正しい洗顔をすることで、美肌に近づけるでしょう。

正しいスキンケアを実践しましょう!

スキンケアの基本である、正しい洗顔を行ったら、次のスキンケアステップにも美肌に近づく正しい方法を取り入れましょう。

シンプル保水&保湿

美しい肌は、水分と油分のバランスが良い状態で、しっとりとつややかな肌というイメージがあると思います。洗顔でしっかりとお肌をリセットさせた後は、お肌への水分補給と保湿が大切なってきます。

様々な有効成分が含まれる化粧水は、種類が多様化し、高価なものから安価なものまで手に入りやすくなっていますが、化粧水の本来のお仕事は、お肌の水分を補給すること。いくら有効成分が多いものでも、ケチケチと少量ずつ使うのでは、お肌に必要な水分が満たされない状態になる可能性もあります。お肌が手に吸い付くほど、もっちりふっくらとなるまで、こすらず優しく水分を補給してあげることが大切になります。

また、水分補給したお肌には、その水分の蒸発を防ぐ油分も必須になってきます。ここで登場するのは、乳液、クリーム、オイルなどです。これらもあくまで、お肌に蓋をする役割が主なので、ゴシゴシとお肌に触れながら擦り込んだりすると、摩擦によりお肌が傷ついてしまうので、スタンプを押すように手のひら全体で優しく乗せていきましょう。

美肌に欠かせないこの「保水・保湿」のステップですが、シンプルなこの作業を丁寧に行うことが大切です。

ブースター使い

先ほどの「シンプル保水・保湿」の効果をさらに発揮させたい方は、「ブースター」を導入することもおすすめです。様々な会社から、「導入液」や「ブースター」という名前で販売されているのを取り入れるも良いですし、手元にあるものでブースト機能をしっかり発揮する方法をご紹介します。

ブースターは、洗顔後、化粧水を使う前に使い、お肌の状態を整えその後のスキンケア効果を上げるものを指します。既製品も多数あるので、普段自分が使っているお気に入りのスキンケアラインから、ブースターが販売されているかチェックしてみるのも良さそうです。

また、「お気に入りのブランドにブースターがない!」「もうひとアイテム追加するのは金銭的に厳しい」と感じる方には、お手持ちの乳液、クリーム、オイルをブースター代わりに使用する方法もおすすめです。ごく少量でいいので、洗顔後のお肌に薄くパッティングしてみてください。お肌が柔らかく整えられ、その後の化粧水の入り具合に感動すると思います。化粧水の後は、いつも通り保湿をすることをお忘れなく。スキンケアの最後のステップに使っていたものを、最初に使うのには少し抵抗があると思いますが、乾燥が気になるこの季節だからこそ、一度試してみてはいかがでしょうか?きっと、ぷるぷる効果を実感していただけると思います。

良質な睡眠で、上質美肌を目指しましょう!

美肌作りには、「睡眠」が欠かせません。よく、午後10時~午前2時の間がお肌のゴールデンタイムと呼ばれるますが、その時間がなぜ美肌作りに効果的なのか?寝ている間に肌に起こっていること、その効果を発揮するために必要な快眠に導く方法を解説していきます。

睡眠時間と美肌の関係

睡眠不足は美肌の大敵です!寝ている間に分泌される「成長ホルモン」には、代謝を促進し、細胞同士の結合の助ける働きがあります。あまり眠れない日々が続いて、体調を崩してしまったという経験がある方も少なくないのではないでしょうか?「成長ホルモン」は、身体の状態をリセットし、整えるような役割を持っているのです。このように、生きていくうえで必要不可欠な「成長ホルモン」の分泌が滞ると、お肌にも影響が出てしまいます。

お肌への影響は、特に顕著に表れます。血流が悪くなることでクマやくすみといったものが出現したり、、ターンオーバーが正常に機能せず、古い角質や汚れがたまり放題になってしまい、ニキビやしみ、毛穴の開きが気になる肌になってしまいます。

そこで、「成長ホルモン」が一日のうちに最も分泌される、午後10時~午前2時の間は、通称「お肌のゴールデンタイム」と言われています。この時間にしっかりと睡眠を取ることで、お肌だけでなく、身体全体の調子も整ってくると考えられます。

ですが、現代人のライフスタイルで、その4時間の間、しっかりと眠るということは、簡単ではありませんよね?ですが、そこで諦めなくても、いいんです!簡単に取り入れられる方法があります。それは、「眠り始め、3時間の睡眠の質を高める」という方法です。人間は、眠り始めて最初の3時間の間に、最も「成長ホルモン」を分泌させるということなので、この時間しっかり休めていれば、「成長ホルモン」の分泌をより促すことが出来ます。これなら、無理に早く寝ようとしなくても、取り入れられそうです。

そのためには、質の高い睡眠を確保することが大切です。

快眠方法

睡眠の質を良くし、快眠するためには、寝る前の習慣が大切です。以下の2つのことに注意して、快眠生活を始めましょう。

・寝る前3時間以内は食事をしない

食事をとると、身体は消化にエネルギーを使います。内臓が活発に動いている状態では、しっかりと脳や身体が休まりません。また、食べ物を口にしてすぐに寝てしまうと、消化したいと伝達する脳と、休みたいという身体がアンバランスとなり、消化不良などを起こしてしまう可能性があります。

・TV・PC・スマホは控える

寝る直前まで、TVを観たり、スマホをいじっていたりすると、ブルーライトの明るい光の影響で、身体が「朝だ!」と勘違いすることで、体内時計が狂い、自律神経の乱れから、なかなか寝付けなくなってしまうといいます。最低でも、寝る1時間前にはそれらのものから離れ、電気も少し暗くするなど、「これから寝ますよ!」というサインを身体に送ってあげることが大切です。

お肌や体調を整えるために大切な快眠方法を、少し意識して取り入れることで、美肌に近づけるでしょう。

悪徳生活習慣を改善しましょう!

タバコとお肌の関係

タバコには、ニコチン、タール、一酸化炭素と3つの有害物質が含まれています。一酸化炭素には、血液中の赤血球が酸素を取り込むのを妨げ、血液が濁ると言われています。また、ニコチンには血管を収縮する作用があり、ただでさえ淀んだ血液の道が更に狭くなっていることで、血流を妨げ、全身にしっかりと栄養素を運ぶことが出来なくなると言われています。

そのため、新しい細胞が生まれにくくなるため、お肌の正常なターンオーバーを妨げ、くすんだり、ごわついたり、ニキビなどの肌トラブルが生まれてしまうのです。

また、ニコチンなど以外にも、火をつけたタバコは4000種類もの化学物質を生み出すとも言われ、有害な物質も多く含まれているため、お肌についたり、吸い込んでしまうことで、身体に悪影響が出ると言われています。美肌に近づくには、タバコに近づかないことが大切といえるでしょう。

食生活を見直しましょう!

肌にいい栄養素と食材

直接口に入れる食材は、美肌作りに直結します。オイリーなジャンクフードや添加物たっぷりなインスタント食品ばかりを食べていては、どんなにケアをしても、美肌には近づけません!お肌にいい栄養素と、それを含んだ食材をご紹介します。

・イソフラボン

「美肌ホルモン」とも言われる女性ホルモンの一種「エストロゲン」の分泌を助けるには、働きが似ている「イソフラボンが」効果的、美肌に欠かせない「コラーゲン」の生成にも一役買ってくれるそうです。
「イソフラボン」が含まれる食材・・・大豆製品全般!豆腐、納豆、味噌、豆乳、おからなど。

・ビタミンC

美肌には「ビタミンC」というのが、定説になっていますが、メラニンの生成を抑制し、しみを防いだり、抗酸化・抗炎症作用からニキビやキメの乱れなどに効果を発揮します。ですが、体内で作り出すことが出来ないため、意識して摂取することが大切です。
「ビタミンC」が含まれる食材・・・レモンなどの柑橘系フルーツ全般、キウイ、アボカド、トマト、白菜、パプリカなど。

・ビタミンE

高い抗酸化作用があり、血管の健康にも役立つ栄養素。毛細血管を拡げる働きがあり、身体の隅々まで血液を運びやすくし、新陳代謝が活発になることから、肌の正常なターンオーバーには欠かせないものと言えるでしょう。
「ビタミンE」が含まれる食材・・・アーモンド、落花生などのナッツ類、ほうれん草、かぼちゃ、アボカド、いわし、うなぎなど。

・リコピン

こちらも高い抗酸化作用があり、紫外線により体内に取り込まれた活性酸素の働きを抑制し、くすみやしみといったトラブルを防ぎ、美白肌を近づける効果があります。
「リコピン」が含まれる食材・・・トマト、スイカ、ピンクグレープフルーツ、赤パプリカなど。

・アミノ酸

アミノ酸は、体内に取り入れることで、血液を綺麗にし老化を防ぎます。そのため、新陳代謝も活発化され、肌トラブルに作用し、美肌効果が期待できます。
「アミノ酸」を含んだ食材・・・酢、たまご、牛肉、豚肉、鶏肉、あじ、マグロ、かつおなど

あげたもの以外でも、美肌に有効な栄養素を含んだ食材は多数あります。上手に食事に取り入れ、おいしく美肌を目指しましょう!

しっかり水分補給を!

お肌の水分バランスを整え、美肌に近づくためには、外から補うだけでなく、意識して水分補給をして、体内の水分バランスを整えることも大切になってきます。身体が水分不足になると、お肌にも水分が不足し、乾燥肌やオイリー肌を招いたり、血流が滞ることで顔がむくんだり、お肌がくすんだりしてしましがちです。

効果的なのは、毎朝、コップ一杯の水か白湯を飲むことで、全身の血液循環が良くなり、代謝がアップします。それにより、お肌の生まれ変わりを促進することが出来ます。排尿や汗などで、体内の水分はどんどん失われます。1日に1.5リットルから2リットルの水を飲むことで、水分不足を解消し、美肌を手に入れましょう。

【番外編】悩み別美肌対策!ニキビ&しみ

ニキビ対策

一概にニキビといっても、様々な原因と対処法があるかと思います。ここでは、ニキビをなるべく作らない、普段のスキンケア習慣を紹介していきます。

ニキビは、肌に残った汚れや、過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まることで炎症を起こし出来てしまいます。洗顔や洗髪の際、洗顔料やシャンプーなどの成分が肌に残ってしまうと、それが刺激となってしまったり、保水・保湿ケアが足りないと乾燥から皮脂分泌が過剰になりすぎてしまい、毛穴が詰まってしまったりして、ニキビは簡単に出現します。正しいケアをするのはもちろんですが、普段から肌の正常なターンオーバーを壊さない習慣を身に付けることも大切となってくるでしょう。

正しい洗顔→シンプル保水・保湿ケア→良質な睡眠→抗炎症作用のある食材を取り入れる。これまで紹介したことが、正しく守れていればニキビを防ぐことが出来るでしょう。また、肌に触れるものを清潔にして、雑菌を遠ざけることが大切です。枕カバーや、メイクスポンジ、ブラシはこまめに取り換えたり、洗いましょう。そして、スキンケアをする前には、きちんと手を洗うようにしましょう。

しみ対策

「しみ」の原因として、一番に挙げられるのは「紫外線」です。紫外線を浴びることで作られたメラニン色素が肌に残って、黒くなってしまうものを一般的に「しみ」と呼んでいます。紫外線を浴びることで発生する、活性酸素が増えることで、身体は錆びたり、酸化したりするだけでなく、これにより、メラノサイトという細胞が刺激を受けることで、メラニンが過剰に生成されてしまうのです。ですが、「紫外線」以外にも、活性酸素が生成されやすい環境を作ってまうこともあります。それは、「肌を傷つける」こと、さらに、そのため、「しみ」を防ぐには、活性酸素の働きをいかに抑制するかが大切になるのです。

お肌の新陳代謝が正常になれば、メラニン色素の過剰生成を防ぐことが出来るため、「しみ」のない健康的な美肌に近づくことが出来る出よう。お肌を強くこすったりせず、しっかりと紫外線対策をすることが「しみ対策」には大切です。

コツコツ継続で、確実に美肌をゲット!

ここまで、「肌を綺麗にする方法」をカテゴリー別に紹介してきました。自分のお肌は自分が一番よく分かっているものです。正しく洗顔をし、ケアをし、よく眠りよく食べて、これらは即効性があるわけではありませんが、コツコツ継続すれば、効果が実感できるかと思います。すぐに取り入れられるものも多数ありますので、この記事を参考に、「美肌習慣」を実践してみてはいかがでしょうか?