今や一年中日焼け止めを塗るのは常識となっていますが、敏感肌だと製品選びにも苦労しますよね。敏感肌でも安心してつかえるおすすめの日焼け止めと、使用時の注意点をまとめました。紫外線が強くなる季節の前に、自分にあった日焼け止めを見つけましょう!

敏感肌にはどんな日焼け止めを使う?

敏感肌だったり、普段はそうでなくても一時的に敏感に傾いているお肌のときは、スキンケアや化粧品にも気を使いますよね。では日焼け止めはどうでしょうか?

強力な紫外線から肌を守ってくれる日焼け止めですが、その分肌への負担も少なからず出てしまうものです。この記事では、敏感肌やアトピー肌にもおすすめな低刺激で人気の日焼け止めをご紹介します。合わせて敏感肌の注意点を守るようにすれば、今年の春夏は快適に過ごせるはず!

敏感肌が日焼け止めを選ぶときの注意点

敏感肌用・子供用と表示された製品を選ぶ

最近では子どもでも使える日焼け止めも、かなり豊富な種類が揃っています。とにかく肌への負担をなくしたい方は、こういったラインナップから選ぶのがおすすめです。子供向けには、敏感肌用のものを選ぶとよいでしょう。また、最近は子供用の製品としてバリア機能の低い肌でも使えるように作られているのがあり、もちろん敏感肌の大人の方にも人気です。

紫外線吸収剤不使用の製品を選ぶ

紫外線吸収剤は、それ自体が紫外線を吸収して熱やエネルギーに変えて発散し、肌に紫外線が浸透するのを防ぐ仕組みになっています。しかし、ここで起こる化学反応はお肌にとって大きな負担になるため、敏感肌だとかぶれてしまうことも。

もうひとつの紫外線散乱剤(紫外線反射剤)というものは、その名のとおり紫外線を反射・散乱させる仕組みになっています。こちらの方が肌への負担は少ないため、敏感肌の方は紫外線散乱剤を使った製品を選ぶ方がいいでしょう。

最近は進化しているので、紫外線吸収剤不使用でも白くならず、石鹸で落ちるものも沢山出ています。「紫外線吸収剤不使用」「ノンケミカル」などと大きく謳って販売している製品が多いので見つけやすいと思います。店頭ではポップなどを参考に探してみてください。

適切なSPF値とPA値をチェック

SPF値というのは「Sun Protection Factor」の略で、要は紫外線を浴びて日焼けが始まるまでの時間をどれだけのばせるか、ということを表しています。PA値というのは「Protection Grade of UVA」の略で、しわやたるみの原因となる紫外線A波(UVA)をどれだけ防止するかということを表しています。

どちらも数値が高くなるほどどうしても肌への負担は高くなってしまいがちなのです。ここで注目したいのは「SPF値は高ければ高いほど紫外線防止効果が高いということではなく、あくまで日焼けするまでの時間を先延ばしするだけ」ということです。つまり、強い紫外線にあたるから数値が高い方がいいということではなく、紫外線防止効果自体はどの数値でも同じなのです。

時間に換算するとSPF1は何も付けない状態より日焼けするのが20~25分遅らせる事ができると言う事になります。日本ではSPF50が最高値になりますが、こちらを時間に換算すると20時間50分となり、紫外線を浴びてしまう可能性がある日差しがある日中の時間をはるかに越えます。

敏感肌の場合はなるべく肌負担を軽減したいので、数値の高いものを使うよりも、低いものをこまめに塗りなおす方が得策と言えそうです。

商品の成分をチェック

香りづけのための香料は「香料」とだけ表示されることが多く、具体的にどのような化学物質が使われているのか分からないことが多くあります。香料はアレルギー反応を引き起こしやすい物質とも言われているので、肌にたっぷりと塗る日焼け止めは無香料のものを選ぶのがおすすめです。

そのほかにもそれぞれ人に合わない成分というものがあるので、過去にかぶれた製品の成分を良くチェックして覚えておくようにすることが大切です。

始めて使う製品は事前にパッチテストを

どれだけ厳重に選んでも、初めて使う製品はちょっとこわいものですよね。いきなり顔や全身に塗ってしまって万が一肌トラブルが起きてしまったら大変ですから、まずは目立たない狭い範囲でパッチテストを行う習慣をつけましょう。

二の腕の内側は皮膚が薄く、なおかつ万が一荒れてしまっても目立ちにくい場所なのでパッチテストに最適です。10円玉くらいの範囲で、気持ちたっぷりめに日焼け止めを塗り自然乾燥させ、30分後と2日後の皮膚の様子を観察してください。この時途中で何か症状が出たらすぐに洗い流して使用を中止し、問題がなければ実際に使ってOKと判断しましょう。

顔にも使える敏感肌用日焼け止め

<NOV(ノブ)>UVミルクEX

紫外線吸収剤、香料、着色料すべて不使用の低刺激性がうれしい日焼け止めです。NOVは皮膚科医もスキンケアをよく勧めていて医院に置いてあったりするので、そういった面でも安心ですね。

UVミルクEXは油を水分で包んでいるイメージのウォーターベースで、なんとお湯でも落とせるということなので、メイクをせずにこれだけ塗った日はクレンジングいらずなのもうれしいです。落とすときのダメージを減らすことまで考えられているようです。

<資生堂サンメディック>デイプロテクト

サンメディックは敏感肌の方の協力でパッチテストを行ったり、アレルギーテストを行ったりと、敏感肌への考慮が十分にされているブランドです。パラペン、アルコール、香料、着色料、鉱物油、紫外線吸収剤すべてフリー。子どもでも使えるクリームタイプで、なおかつ化粧下地としても使えるので使い勝手抜群ですね。

<無印良品>敏感肌用日焼け止めミルク

プチプラとして代表的なのが、無香料、無着色、オイルフリー、パラペンフリー、弱酸性とシンプルさが魅力の無印の日焼け止めミルクです。ミルクタイプで軽い塗り心地で、SPF値も高すぎないのでちょっとした外出時にぴったりです。ポンプタイプなので玄関先や洗面所に置いておけば全身に手軽に塗れそうですね。石けんで落とすタイプ。

<POLA>ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド

POLAというと効果抜群と大人気の高級スキンケアブランドですが、なんとなく刺激が強そうなイメージの方も多いのではないでしょうか。こちらの商品は紫外線吸収剤不使用のウォーターレジスタンスで、乾燥性敏感肌でも使えるので安心です。「乳液みたいで重くならないのがいい」「アトピーでも刺激がなく使えた」と人気のようです。

<オルビス>サンスクリーン(R)オンフェイスビューティ

美容液成分がなんと80%以上!の美肌効果もある日焼け止めです。肌ムラをカバーするためにあえて暗めのトーンの肌色がついていて、ちょっとしたお出かけならこれ1本でもOKなくらいです。色付きなので洗顔料で落とせるのは嬉しいですね。

同シリーズですこしさっぱりのローションタイプもありますが、より乾燥対策をしたい方にはクリームタイプのこちらがおすすめです。値段もお手頃なので気軽に試せそうです。

<キールズ>DS UVディフェンス

合成香料、着色料、オイルフリーのキールズDSUVディフェンスです。ビタミンEと天然由来成分配合で、保湿力が高いだけでなく、使い続けることでスキンケア効果も期待できる嬉しい機能性です。日焼け止め特有のにおいもなく、保湿力がバツグンと口コミでも人気で、リピーターが多いのが特徴ですね。

<ヴァントルテ>ミネラルUVクリーム

着色料、香料、アルコール、鉱物油、紫外線吸収剤不使用のノンケミカルの日焼け止めです。「圧迫感ゼロで本当に乳液みたい!」「のびがかなり良くてすべすべになる」と、アットコスメの口コミでも大人気です。しっとりしつつも汗に強く崩れにくいのもいいですね。海でも大活躍です。

アトピー肌でも安心して使える日焼け止め

<ママバター>UVケアクリーム

「お子様と一緒に使える」アトピー肌用のスキンケアとして人気のママバターの日焼け止めです。スキンケア効果もあり、シアバターが5%入っているのでお肌に潤いを与えながらUVカットができます。SPFは25と低めなので、長時間のお出かけはこまめに塗りなおすように注意してください。

石けんで洗えて、シリコン不使用・紫外線吸収剤、着色料、香料すべてフリーなので安心です。「アトピー肌で、脱ステロイドに挑戦中でも荒れずに使えてありがたい」「全く乾燥しないし、伸びがかなりよくてリピートしている」と口コミでも人気です。

<キュレル>UVローション

乾燥性敏感肌に最適なスキンケアブランドとして、乾燥からくるアトピーの方に愛用されているキュレルの日焼け止めです。赤ちゃんにも使える医薬部外品なので安心ですね。

高いSPF値にもかかわらず乾燥しないのが人気の秘密ですが、伸びは悪く白浮きしやすいようなので、使うときにはしっかりと伸ばして叩き込むようにするといいですね。

<エバメール>エバメールUVゲル

なんと成分の80%が水!というエバメールの日焼け止めジェルです。鉱物油、香料、界面活性剤、アルコール不使用で肌にやさしくみずみずしい使い心地が人気の秘密です。

「手に取ったときは乳白色なのに顔に伸ばすと透明になって馴染んで、全然白浮きしない!」「季節を問わずに使えるちょうどいいうるおいがうれしい」と、とにかく低刺激の日焼け止めの中でも「のび」と「うるおい」にこだわる方に人気です。

<ニベアサン>プロテクトウォータージェル

SPF50なのにサラッとしたジェルタイプ、さらに使いやすいポンプタイプと、「本当にSPF50なの!?」と疑ってしまいそうな使用感の良さが人気です。無着色、無香料でボディソープや洗顔せっけんで落とせるのも魅力的ですね。「安くてどこにでも売っているから助かる」「CMみたいに本当にバシャバシャと全身に使える」と、口コミでも高評価です。

肌色補正効果もある顔用日焼け止め

<ラロッシュ ポゼ>UVイデアXL ティント

ラロッシュポゼは「敏感肌用」と謳っていて、皮膚科医も推奨していることで人気のブランドで、よく皮膚科でも販売されています。UVイデアXLティントはSPF50、PA++++と高い紫外線防御力がありながら敏感肌用というのがうれしいですね。ほんのりピンクベージュに色づくので、お肌をキレイにカバーしてくれます。

<アクセーヌ> スーパーサンシールドEX

敏感肌用スキンケアに定評のあるアクセーヌの大人気の日焼け止め兼化粧下地です。SPF50+、PA++++と最強の紫外線防御力ですが、高い防御力とは思えないほど肌にやさしい使い心地が人気の秘密。

毎日使っても肌負担が少ないので、敏感肌の方の真夏のアイテムとして愛されています。また、しっかりとした肌色がついているので、これ一本でも肌色のムラを適度にカバーしてくれるのもうれしいところです。

敏感肌の紫外線予防にまつわる注意点

日焼け止めはしっかりと落とす

日焼け止めが長時間お肌についた状態だと、当然肌荒れの原因となってしまいます。普通の洗顔せっけんで落ちるものとクレンジング料が必要なものがあるので、表示をしっかりチェックして正しい方法で落としきるようにしましょう。

顔の中では特に髪の生え際や小鼻のくぼみ、身体の中では首筋から耳の後ろにかけて洗い残しがちです。こすらずに優しく、洗い残しのないように隅々までしっかり落としてください。

古い日焼け止めは使わない

防腐剤が入っているものは1年程度は問題なく使えるようですが、開封すると時間が経つにつれどうしても雑菌は繁殖しやすくなります。増えた雑菌を肌に塗ってしまうとやはり肌トラブルの原因となりますので、なるべく早く使い切るにこしたことはありませんね。

敏感肌の方は防腐剤が使われていないものを選ぶこともあると思いますが、防腐剤無添加の製品は当然使用期限も短くなってしまいますので、半年を目安に使い切るようにしてください。

暑い時期でも保湿ケアはしっかりと

日焼け止めに限らず、化粧品を使用していると低刺激のものでも少なからず肌には負担がかかるもの。また知らず知らずのうちに乾燥してしまうこともあるので、保湿ケアが大事です。とくに敏感肌、アトピー肌の方は乾燥が原因でかゆみやあかみを引き起こすことが多いので、夏場でも夜の保湿ケアは徹底して行うようにしましょう。

帽子と日傘で物理的にも紫外線をシャットアウト

日傘や帽子、長袖のはおりなどを併用して物理的に紫外線をシャットアウトすることも大切です。日焼け止めだけで全身を防ぎきるのはなかなか難しいので、肌負担のないこういったアイテムを極力追加するのも敏感肌さんには特におすすめです。また、紫外線は目からも吸収されてしまうので、可能であればサングラスも一緒に使うのがおすすめです。

敏感肌には敏感肌の日焼け止めでケアを

敏感肌でも使えそうな日焼け止め、意外とたくさん種類がありますよね。実際に肌に合う合わないはどうしても個人差があるので、この記事を参考にまずはぜひ試してみてくださいね。紫外線対策は年間を通して実践することが大切です。真夏だけではなく、季節を問わずにしっかりとケアしてあげれば美肌への近道になりますよ。