お気に入りの香りを身にまとうことができる香水。気分を高めるためには非常に良いものですよね。しかし、使いすぎてしまったり、そぐわないシチュエーションで使ってしまったりすると周囲の人を不快にさせてしまう場合もあります。正しい使い方を覚えて、周囲の人にも好印象な香水の使い方ができるようになりましょう。

香水の正しい付け方を教えて

普段何気なく使っていることも多い香水。しかし、その使い方は本当に正しいのでしょうか?正しい使い方をしなければ、周囲の人に迷惑になってしまったり、逆効果となって嫌な臭いを発してしまったりする場合もあります。正しい使い方をチェックして、より効果的で魅力的な香水の使い方を探ってみましょう。

香水の付け方について

香水を付ける前の注意点

香水をつける前の注意点としては、肌を清潔な状態にしておくことです。香水を楽しむためには、なるべく余計なにおいがない方が良いため、シャワーを浴びるなどしてできるだけ体のにおいを落としておきましょう。石鹸の香りも良いものですが、香水を使う場合にはなるべくにおいの少ない石鹸を使うと良いでしょう。シャンプーなども同様です。

また、デオドラント剤やその他の化粧品を使う時にも、においはなるべく抑えた方が良いと言えます。無香料のものを選ぶなど工夫してみると良いでしょう。洋服に使う洗剤や柔軟剤なども、できれば無香料のものを使っておくと良いと言えます。最も避けたいのは、柔軟剤の香りを楽しむような、強い香りのものです。香水の香りと混ざってしまうこともあります。

香水を付けるタイミング

香水は、トップノート・ミドルノート・ラストノートという3種類の香りでできていて、香水本来の香りはミドルノートであると言われています。このミドルノートは、つけてから30分程度で香ってきますので、香水を使う時には一番効果を発揮したいタイミングの30分前につけると良いでしょう。

例えば、人に会う予定がある場合には、待ち合わせの直前よりも30分程度前に香水をつけておくのが良いと言えます。それよりも前に家を出てしまう場合には、小分けにした香水を持ち歩いてみるのも良いかもしれません。

香りの変化と付け方の関係

香水には、トップノート、ミドルノート、ラストノートという3種類の香りがあります。つけてすぐに香るのがトップノート、30分程度経ってから香ってくるのがミドルノート、香水をつけてから3時間程度経ってから香るのがラストノートであると言われています。一番落ち着いた香りだと言われるのがミドルノートで、人前に出る場合にはこのタイミングが良いとされています。

また、ラストノートは香っている時間が一番長いため、その人の印象を作るのはこのラストノートだとも言われています。お店のテスターで確認できるのはトップノートである場合が多いので、できればお店などで自分の肌につけて1日過ごしてみるのがベストな方法であると言えます。

香水の種類と付け方

オーデコロン

オーデコロンとは、薄くライトに香る香水の種類で、手軽に楽しめるのが特徴となっていますが、その反面持続時間が短くなっています。オーデコロンをつけるときには、面でつけるのが良いとされています。一ヶ所にまとめてある程度の量をつけるような付け方です。

初心者さんや、初めて買った香水を試すのにオススメなのは、空中にスプレーしてその中をくぐるやり方です。この方法で香水をつけると、全身に少しずつ香水をつけることができ、柔らかく香らせることができます。においが強くなりすぎないため、周囲の人に迷惑をかけてしまったり、強い香りで自分の気分が悪くなってしまうことを避けることができます。

オードトワレ・オードパルファム

オードトワレはオーデコロンよりも少し持続時間が長くなっている香水です。また、オードパルファムは、次に紹介するパルファムに近い濃度でありながら、価格を抑えて販売されている香水です。これらの香水は、線でつけるのが良いとされています。線とは、細くのばすようなイメージでつける方法です。

実際にはこれらのアイテムはスプレーで販売されていることが多いため、線でつけるというのは難しいのですが、スプレーを動かしながらなるべく線で近いような状態にしてつけるのが良いでしょう。

パルファム

パルファムとは、非常に濃度が高い香水で、少量で効いて持続時間も長いとされています。そのため、価格も高くなる傾向にあります。劣化などの問題を考えると、香水の使用頻度が高い人にオススメであると言えます。

パルファムは、点でつけるのが良いとされています。パルファムは通常液体で販売されているため、1滴か2滴程度を自分が好きな部分につけておくのが良いでしょう。つける場所によっても香り方がかわりますので、ぜひ自分のお気に入りのつけ方を見つけてみてください。

香水を付ける場所別のポイント

うなじや首

うなじや首につける方法は、香水をつけるときの定番と言えますね。これらの部分は体温が高くなりがちであり、また相手の鼻にも近いため強く香る傾向があります。これらの場所に香水をつける場合には控えめにつけるのが良いと言えるでしょう。また、直射日光が当たる場所につけるのは避けた方が良いとされています。

うなじにつける場合には、髪を下しておくと髪が揺れるたびにふんわりと香ります。控えめにつけるのがオススメであるということは、逆に言えば少ない量の香水でも効果を発揮することができるということになります。節約しながら香水を使うことができますね。

肩は鼻に近い部分であるため、自分で香りを楽しむためにはベストな場所であるとされています。人にむけての身だしなみとしてよりも、自分のモチベーションとして香水を使っている人には特にオススメの位置です。他の人が感じている香水の香りを、自分で確認できる位置であるとも言われています。

基本は、服の下の肌に直接つけるのが良いでしょう。肩が出る服を着る場合には、少し控えめにつける方が上品に香るようです。

香水を胸につけるのは、上級者向けのつけ方です。少し左寄りに、心臓の上あたりにつけると鼓動によってそっと香りを広げてくれると言われています。こちらも相手の鼻にい近い部分ですので、つけるのは少量にしておくと良いでしょう。襟元から自分に向けても香ってくるため、香水をつけているという満足度が高い位置でもあります。

一方で、あまりに多くの量をつけると香水の香りに酔ってしまいやすくなる位置でもあります。そうした意味でも、つける量は控えめにした方が良いと言えるでしょう。

うでやひじ

腕やひじの内側などは、汗腺が少ないことに加えて脈を打ちやすい場所であるため香水をつけるのにオススメであるとされています。ただし、これらの場所は皮膚が弱い場合もありますので、使って荒れてしまったような場合には使用を中止した方が良いと言えるでしょう。また、肌が弱い人の場合には避けた方が良い場所であると言えます。

肌が弱くて元々皮膚が荒れてしまっている人の場合には、炎症部分には絶対に使用しないでください。また、その周囲の部分もデリケートになっている可能性が高いため、使用は避けた方が良いでしょう。

手首

手首の内側というのも、香水をつける場所としては定番であると言えるでしょう。大きな動脈が通っていることに加えて、非常に動きやすい場所であるため香りが広がりやすくなります。ただし、手首の内側につけてこするやり方は間違いです。香水はこすってしまうと香りの持続時間が短くなってしまうため、こすらない様にしましょう。

スプレータイプの香水ならば、遠めの位置からスプレーしたり、空中にスプレーした香水の中をくぐらせたりするような付け方をするのが良いでしょう。

腰や背中

腰や背中に香水をつけると、香りを長く持続させることができると言われています。他の部分と合わせて使うと、香りのバランスが良くなるようです。ほんのりと香るため、初めて使う香水を試してみるのにもオススメであると言えるでしょう。洋服が揺れるたびに香るので、上品な雰囲気を演出することもできるでしょう。

香りの種類は気に入っているけれど香りが強すぎると感じるような香水をこの場所に使ってみるのも良いかもしれませんね。

ももやひざ

香りのつよいパルファムの場合、ももや膝の裏につけるのも良いとされています。これらは体温が低い場所であるため、揮発しにくく香りの持続効果が高いと言われています。ただし、腕の内側などと同じように皮膚が弱い場所であるため、付ける場合には注意してください。汗をかきやすい人は、膝の裏は避けた方が良いでしょう。

下半身に香水をつけた場合、香りが柔らかくなるのが特徴であると言われています。特にスカートをはいている場合には、スカートが動くことによって香りが広がりやすい位置であると言えるでしょう。

足首

くるぶしの後ろの部分に香水をつけるのもオススメです。下半身に香水を使いたい場合、ももやひざ裏はパンツスタイルでは完全に覆われてしまうため使いづらい場所ですが、足首ならば外に出ていることも多く、使いやすい場所だと言えるでしょう。

また、柔らかく香水を香らせることができる下半身の中では、鼻からもっとも遠い位置であるため、香水を付け足す場合にも足首につけるのが良いとされています。上級者になると、上半身と下半身で違う香水を使って香りを混ぜて楽しむという方法もありますが、その際にも下半身につける香水は足首につけると良いでしょう。

香水を付けるのに適さない場所

髪の毛

香水を髪の毛にかけるような使い方は、実はやってはいけない方法です。髪が揺れるたびに香りが広がるというのは非常に女性らしくて良いような気もしますが、香水を直接髪の毛に振りかけると、香水に含まれているアルコールによって髪の毛が傷んでしまう原因となるのです。切れ毛、抜け毛の原因ともなりますので、美しい髪を保つために絶対に避けましょう。

髪の毛を香らせたい場合には、ヘアコロンなどの専用の商品を使うのが良いでしょう。どうしてもお気に入りの香水を髪に使いたいという場合には、精製水200mlにベビーオイル3滴と香水3滴を霧吹きに入れれば、ヘア用のスプレーとして使用することができます。

脇も香水をつけてはいけない場所です。脇には汗腺が多いため、汗と混ざって嫌なにおいになってしまうことがあるのです。脇の汗のにおいをごまかすために香水を使っている人も意外と多いようですが、脇の汗に対処するためには専用のデオドラント剤などを使用しましょう。香水を使うならば、デオドラント剤は無香料のものを使うのがオススメです。

汗が多くて気になる人は、汗を止めるようなタイプのデオドラント剤を使うとにおいが気にならなくなります。そのうえで香水を利用すると、汗をかきやすい季節でもさわやかな香りをまとうことができるでしょう。

足の裏

足の裏も、香水をつけるには適さない場所です。足の裏というのは、脇と同じく汗腺が多くて汗をかきやすい場所であると同時に、非常に蒸れやすく臭いを発しやすい場所でもあります。その臭いが香水の香りと混ざってしまうと、効果が薄くなってしまうばかりでなく、嫌なにおいを漂わせてしまうことにもなりかねません。

足のにおいが気になる場合にも、香水を使ってごまかそうとするのではなく、専用の商品を使ったり、重曹を使ったりするなどして対策をしてみると良いでしょう。

男性の香水について

やってはいけない香水の使い方

男性が香水を使う場合に、やってはいけない方法がいくつかあります。まずは、香水を服につけることです。これは、男性に限ったことではないのですが、香水というのは体温で揮発することによって効果を発揮するものであるため、洋服につけると効果が弱くなってしまいます。また、洋服を傷めたりシミになったりしてしまう場合もあるため、避けた方が良いでしょう。

また、体臭や加齢臭を消すために香水を使ってはいけません。香りが混ざり合って不快なにおいになってしまいます。これらを消すためには、デオドラント剤などを使用しましょう。特に、フローラルやピーチ、ベリーなどの甘い香りは男性の体臭とは相性が悪いと言われています。

また、手首に香水をつけるのは香りが強くなりがちです。男性の香水は女性の香水よりもさらにさりげなさが重要になりますから、手首に香水をつけるのは避けた方が良いと言えるでしょう。

香水を付ける場所

男性が香水をつける場所としてもっともオススメなのは腰です。腰は完全に服に覆われていることが多いため、香りが強くなりすぎず、さりげない清潔感を演出することができます。その他、足首などもさりげなく香らせるには良いと言えるでしょう。うなじや首のような場所は、香りすぎる原因ともなりますので避けた方が良いでしょう。

特に、ビジネスシーンで香水を使用する場合には十分に注意する必要があります。良い印象を与えようとして使った香水も、使い方によっては逆効果になってしまうことにもなりかねません。

気をつけたいこと

男性は、女性に比べて体温が高い傾向にあります。そのため、女性が香水を使った場合よりも香水が揮発しやすく、その分香りを発しやすいとも言えます。そのため、香水を付けすぎないということに関しては女性よりも神経質になる必要があると言えるでしょう。

香水などの香りは、使っているうちに慣れてしまって感じにくくなってくるものです。使い慣れた香水の場合には、自分で香りがわかるほどつけてしまうと付けすぎとなっていることが多いので、十分に注意してください。

香水を控えた方がいい場所

レストラン

レストランは食事を楽しむ場所です。食事を楽しむためには、その食事の香りも重要な要素となります。そこに香水をつけていってしまうと、食事の楽しみを邪魔してしまうことになりかねません。周囲の人の迷惑になってしまうばかりでなく、自分自身が食事を十分に楽しめなくなってしまうことになるかもしれません。

レストランに着ていくような華やかな服には香水を使いたくなるのもよくわかるのですが、少なくとも食事が終わるまでは香水をつけるのは避けましょう。どうしても香水を使いたいという場合には、小分けにした香水を持ちあるいて、レストランを出た後に使用すると良いでしょう。

お寿司屋さん

どんな食事でも香りは大事なものですが、お寿司は特に繊細な料理であると言われています。お寿司屋さんに香水をつけていくのは、嫌がられることが多いため避けた方が良いでしょう。そもそも、香水というのは日本の文化ではなくヨーロッパの文化です。和風なお寿司屋さんに、ヨーロッパ風の香りは似つかわしくないでしょう。

特に、カウンター席に案内された場合には隣の人との距離が近くなりがちです。周囲の人に与えてしまう影響も大きくなりますので、お寿司屋さんに行く場合には香水の使用は控えましょう。

人が多い場所

満員電車やお祭りなど、人が多い場所に行く場合には香水の使用は避けましょう。人によっては人工的な香りが非常に苦手だと感じる人もいます。人が多い場所では、そういった人が香水の香りを避けようと思っても避けられない場合もあります。人が多い場所では隣の人との距離が近くなりがちで、影響も大きくなるでしょう。

また、たくさんの人が別々の香水をつけてくると、様々な香りが混ざり合って、気分が悪くなってしまうようなこともあります。周囲の人に配慮することを考えると、人が多い場所での香水の使用は避けるべきであると言えます。

葬儀場

お葬式やお通夜の場では香水の使用を避けるべきでしょう。香水は身だしなみの一環だと考えている人もいるかもしれませんが、一般的には自分を華やかに飾るためのものです。葬儀の場では女性が化粧を控えるべきであるのと同様に、香水の使用も避けるべきであると言えます。

また、葬儀の場所では立場によってはずっと同じ場所に居続けることもあります。そのような場合、香りが周囲に与える影響も大きくなりがちです。精神的に落ち込んでいる人も多い場所ですから、香水の香りによって体調を崩してしまう可能性も普段より大きくなるでしょう。そういった点への配慮としても葬儀での香水の使用は避けるべきです。

香水の香りを楽しむためのコツ

香りが持続する時間を把握する

香水は、ものによって持続する時間が異なります。自分が使っている香水の持続時間を知っておくと、良いタイミングで付け足すことができるでしょう。ただし、持続時間を過ぎてもまだ少し香りが残っている可能性がありますから、付け足す際には最初につけたものと同じものを使いましょう。香りが強くなりすぎないようにするためには、足首に少しだけつけるのがオススメです。

香水の持ち運び方

香水を持ち運ぶ場合には、アトマイザーという専用のスプレー容器を使うのがオススメです。一般的なスプレーボトルは香水には使えないとされているものがほとんどですが、アトマイザーは香水専用のボトルですので、安心して使うことができます。非常に小さいサイズであるというのも、持ち歩きのことを考えると嬉しいですね。ぜひ、お気に入りのものを見つけてみてください。

香りは自分の肌で確かめる

香水を購入する時にはテスターなどが用意されている場合も多いのですが、紙に吹き付けたりコットンに含まれている香りを確かめるよりも、できるならば自分の肌で確かめるのが一番です。香水の香りは、体温やph濃度によっても変化すると言われているので、肌表面に吹きかけて試してみないと、使ってみたら印象が違うということにもなりかねないのです。

できればそのまま活動し、ミドルノートやラストノートも確認しておけると理想的です。こだわって選ぶならば、朝一番でお店にいってテスターを付けた後、気にいったら夕方に再度お店に行って購入するというようなコースになるでしょう。

付けすぎに注意する

香水の付けすぎは、まわりの人を不快にさせてしまうこともあります。そもそも、香りというのは好みの分かれるものです。自分にとっての良い香りが、他人にとっても良い香りであるとは限りません。また、いくら良い香りであっても、強すぎる香りはやはり不快になってしまうものです。

香りが強すぎると、気分が悪くなってしまう人もいます。香水をつける場合には、自分では少なすぎると感じるくらいの量にするのがちょうどよいでしょう。

香水を付けすぎた時は

香水をつけすぎてしまったときの対処法としては、アルコールを含ませたコットンなどで拭くことによって香りを抑える事ができます。アルコールがふくまれたウェッティなどで拭くのも効果的です。また、デオドラントシートなどがあればそれを利用してみるのも良いでしょう。

香水の保管方法

香水は光や温度変化によって劣化しやすいと言われているため、長持ちさせたい場合には冷暗所に保管しましょう。冷蔵庫に保管するのが一番良い方法であると言われていますが、小さなお子さんがいる場合には誤って飲んでしまったりすることがない様に注意してください。

また、香水にはアルコールが使用されているため、必ずふたを閉めて保管することも重要なポイントとなります。ふたを開けていると、いつの間にか中身が減ってしまっているということにもなりかねません。特に、海外製の香水の場合にはふたをしていても密閉度が低く、中身が揮発してしまうこともあるようです。

まとめ

香水を使うことによってお気に入りの香りに包まれて気分が上がるものですが、使用する場合には周囲の人への配慮が必要になります。また、香水を使うことがそぐわないシチュエーションもありますので、TPOを考えながら使用することが必要になります。

香水は、付ける場所によっても印象が変わってくるものです。香水の種類を選ぶとともに、香水を使う場所を変えることによっても香りの違いをたのしんでみてください。ただし、つけるのに適さない場所も有りますので注意しましょう。香水の香りを楽しむコツを抑えながら、シーンによって香水を使い分けてみるのも良いでしょう。