成長してくると陰部に勝手に生えてくる陰毛、なぜこんな場所に生えてくるのか知っていますか?なんとなく体に生えているものだと思っていた陰毛について、この機会に詳しくなっちゃいましょう。陰毛がいつ生えるかや、陰部ならではの怖い病気、雑学など気になる情報が盛りだくさんです。陰毛のお手入れには自宅でできる方法や、クリニックを利用したものも紹介いたします。陰毛の世界について少し詳しくなっちゃいましょう。

陰毛のことが知りたい

性器の周りに生えている陰毛って、なぜ生えているのかご存じですか?知らない間に生えていて、いつ生えたのか知らないという人もいるかもしれませんね。そんな成長とともに生えてくる陰毛をいろんな角度から調べてみました。

陰毛が生えている意味や、いつごろ生えるのか、また陰毛に関連した様々な病気など人には聞けない気になる情報が盛りだくさんです。陰毛にまつわる雑学や自宅でお手入れできる方法、クリニックでできる脱毛の分類などもご紹介します。

陰毛について知る

陰毛とは

陰毛はかくし毛とも呼ばれ、人の体の外陰部に生えている縮れた毛のことです。髪の毛やひげがストレートな毛質なのにに対して陰毛は常に縮れており、なぜ縮れているのかはいまだ解明されていないといわれています。陰毛の数は5000~7000本といわれ、そのすべてが陰部に集中して生えます。

日本人は黒い陰毛が生えている事が多いのですが、海外では金色や茶色、赤色など様々な陰毛が存在するようです。頭髪と同じ色だという人もいますが、頭髪との形態的な関連性は認められていないのだそうです。

陰毛の生える時期

陰毛が生える時期は思春期を迎える第二次成長期といわれ、このころから男女の体に変化が生まれてきます。女児は胸が膨らみ始め、男児は男性器が発達し始める時期でもあります。それと同時に陰部にうっすらと陰毛が生え始め、子供から大人の体へと変化していくようになるのだそうです。

女児は胸が膨らみ始めることで思春期に気が付きやすいが、男児は女児のような目立った変化はないそうです。そのため男児は陰毛が生え始めたことで、思春期に入ったということに気が付くこともあるようです。一般的には男児は12~13歳、女児では11歳~12歳ごろから陰毛が生え始めるといわれています。

陰毛が生える範囲

陰毛が生える範囲には個人差があり、一般的には外陰部の周りに生えているといわれています。生殖器の周辺にしか生えない人や、逆におへそからお尻まで生えている人もいるようです。思春期に男性は陰茎部、女性は大陰唇の周辺に生え始め、成長とともに陰毛の量が増えてくるそうです。

陰毛が生える理由

頭髪やひげなどと違い、裸にならなければわからない陰毛はなぜ生えているのでしょうか?実はこのことは現代になっても明確にはなっていないのです。一説には性行為ができる体に成長していることを表している、生殖器を保護する、セックスシンボル的なものであるなどが挙げられているようです。

また頭髪などと違い成長期という発育の後期に発生することから、人類が進化の過程で体毛を失い、その後に新たに獲得した形質かもしれないといわれています。

陰毛が生えない人はいる?

すべての人が同じように陰毛が生えているのかといえば、そうではありません。成長期を経ても陰毛が生えない、あるいはわずかしか生えない無毛症の人もいます。性腺発育不全や放射線治療による被ばくの副作用などが原因でなければ健康上には心配はありません。

また健康被害があるわけでもなく故意に陰毛を剃り落したり、まだ陰毛が生えていない状態のことをパイパンと呼んだりもします。近年では美容関係者から女性へと広まったハイジニーナという呼び名を使う人もいるようです。

陰毛も白髪になる?

日本人の陰毛は元々黒く、染めたりしなければ他の色になることはありません。しかし陰毛に白髪が混じっている人もおり、ガンや不妊の表れだと噂されているとも言われています。しかし実際には陰毛に白髪が混じっても病気ではありません。

陰毛は髪の毛と同じようにメラニン色素によって黒髪になっており、加齢や栄養不足、ストレスなどの原因によって白髪になってしまうこともあるようです。数本生えたからといって、特に心配することはありません。しかし遺伝や老化以外で白髪になるには、日常生活で何らかの問題を抱えていることになります。

年でもないのに陰毛に白髪が混じっているのを見つけたら、食生活の見直しやストレスを解消するように心がけましょう。

陰毛が引き起こす病気って?

陰毛が生えてくると、様々な病気を引き起こす可能性があります。感染性外陰皮膚炎やすそわきがなど、炎症や悪臭を伴うものもあります。陰毛が生える年齢になると性接触などによって病気が感染するケースもあり、パートナーの病気を陰毛が媒介してしまうということもあるようです。

また排尿時に陰毛に尿が付着したり、生理によって経血が付着することもあります。これにより雑菌が繁殖してしまい、陰部への病気へとつながることもあると考えます。

陰毛が痒い時 その原因と対処法

考えられる原因

日常生活を送っていると、陰毛が痒くなる時があります。その原因にはカンジダ・アルビカンスと呼ばれる真菌の一種に感染し外陰部に炎症を起こすカンジダ症や、皮膚糸状菌に感染することで起こる白癬症、陰毛にケジラミが住みついて血を吸うケジラミ症などが挙げられます。

痒い以外の症状

他にも陰毛が生えている部分は角質層が薄いためとても敏感な上、下着をつけたりと湿度も高く雑菌が繁殖しやすい環境が整っています。このため雑菌が繁殖すればかゆみや湿疹が起こったり、毛穴に菌が感染してしまうと毛嚢炎というニキビと同じような症状が起こる場合があります。

対処法

カンジダ症や白癬症の場合は、病院で抗生物質や炎症を抑える薬を処方してもらうことができます。またケジラミ症の場合は市販薬やシャンプーなども販売されていますので、病院に行かなくても自宅で対処ができます。ケジラミは毛にしがみついていることから、脱毛することで根絶の助けになるとも言われています。

陰部のかゆみや湿疹については病院で軟膏を処方してもらうこともできますし、医薬部外品としてドラッグストアにあるものを使うこともできます。デリケートゾーンのかゆみと書かれているものであれば陰部に使用でき、塗ることでかゆみや湿疹を鎮めることができると思います。

陰部のかゆみや湿疹については、市販薬で治らない場合は他の病気にかかっているかもしれません。かゆみや湿疹が収まらなければ、悪化してしまう前に病院を受診するようにしましょう。

予防法

陰毛は陰部にあることから、尿などが付着しやすい環境にあります。またつねに下着に覆われていることから、汗などで蒸れていることもあります。女性の場合は生理などで経血が付着したり、長時間ナプキンを変えないと衛生状態が悪化してしまいます。

カンジダ症や白癬症などは衛生状態に左右される場合もあるので、陰部はつねに清潔に保たれていることが大切です。何日も同じ下着でいるのは避け、ナプキンもこまめに交換するようにしましょう。また湿疹や毛嚢炎は湿度が高く雑菌が繁殖しやすい環境が原因ですので、できるだけ陰部が乾燥した状態になるようにしましょう。

また陰部の粘膜には良い細菌と呼ばれるものもあります。いくら清潔にしたいからといって、シャワーで性器の粘膜を洗い流したり、石鹸で洗いすぎるのはよくありません。結果的に良い細菌まで洗い流してしまい、感染症を引き起こす原因となってしまいます。やりすぎには注意しましょう。

陰毛を手入れするメリット

清潔な状態を保てる

陰毛が長い尿や経血などが付着しやすく、感染症を引き起こす可能性があります。また毛が多ければ汗をかきやすく、かぶれてしまったり湿疹の原因にもなってしまいます。これらを予防するためには陰部を清潔に保つことがとても重要になります。

陰毛をお手入れすれば毛の長さが短くなるので、尿や経血の付着が少なくなります。トイレに行ったときにきちんと汚れをふき取ることができます。ウォシュレットなどを使っても陰毛に邪魔されず、きれいに洗い流すこともできるでしょう。

また毛の量が少なくなれば、密集した部分が減りますので汗がたまる心配もありません。お風呂で陰部を洗うときも、これまで毛が密集していた場所をきれいに洗浄することができます。

セックスがスムーズに行える

陰毛を生えたままにしておくと、セックスの時に問題になることがあります。たとえばオーラルセックスの時に毛が口の中に入ってきたり、挿入するときに毛を巻き込んでしまうためです。このため海外ではスムーズなセックスをするために陰毛を脱毛している人も多く、女性だけではなく男性も脱毛しているのだそうです。

外国人から見れば陰毛を脱毛していることのほうが一般的で、ベッドインした後日本人の陰毛を見てびっくりすることもあるそうです。留学経験のある日本人や、外国人との交流のある人は外国人の陰部を見て自分も陰毛を剃ったりしてたりするようです。

最近では日本でも見た目の美しさや、セックスの時のスムーズさを考えて陰毛をお手入れしている人も多いそうです。VIO脱毛やハイジニーナ脱毛といった脱毛方法も好評で、多くのエステやクリニックがコースに取り入れています。

感染症のリスクを減らせる

陰毛に尿や経血が付着することで雑菌が繁殖し、これが原因でカンジダ症や白癬症などになってしまいます。これを防ぐためには雑菌が付着する元となる陰毛を除去し、陰部の環境を整えてあげることが大切だと考えます。陰毛の量が減れば、雑菌が陰部全体に繁殖することも抑えられ、お風呂で洗う際にもきれいに洗浄ができるようになります。

また陰毛の量が減れば、下着の中の湿度も改善されて雑菌の繁殖を抑えることができます。感染症はカビの一種なので湿気がないところでは繁殖できなくなります。陰部の通気性がよくなれば、湿疹や毛嚢炎なども予防することができるようになります。

ケジラミについては毛を媒介しますので、セックスをしなくても陰毛についている場合もあります。陰毛自体が処理されていれば、ケジラミがつく場所が減りますので予防対策にもなります。

部屋に落ちる陰毛が少なくなる

きれいに掃除をしていても、いつのまにか陰毛が部屋のどこかに落ちている。このような経験がある人はとても多いようで、インターネットなどでも頻繁に目にするエピソードです。どんなに掃除をしても、自分の体から抜け落ちる陰毛は防ぐことはできません。

しかし陰毛をお手入れすることで、部屋に落ちる陰毛を少なくすることができます。すでに脱毛してあれば、自分の体から抜け落ちる陰毛自体がないので、部屋に陰毛が落ちるということはなくなります。また常に陰毛のお手入れによって量を調節しておけば、今までよりも部屋に落ちる量もぐっと少なくなります。

陰毛のお手入れの手順

陰毛とその周辺を清潔にする

陰毛をお手入れする前に、まずは陰毛とその周辺の皮膚が清潔な状態になっていなければいけません。これから自宅でお手入れを開始すると決めたら、まずはシャワーで陰毛やその周辺を丁寧に洗いましょう。もしそのままお手入れを初めてしまうと、陰毛や周囲についた雑菌がそのままになってしまいます。

お手入れにはカミソリやはさみ、毛抜きなどを使うことが多く、場合によっては皮膚を傷つけてしまいます。ここに雑菌が入ってしまえば、炎症や化膿の原因にもなり大変危険です。陰毛は尿や経血など雑菌の温床にもなっているので、お手入れをする前にはかならず清潔な状態にしましょう。

陰毛を整えるフォルムを決める

陰毛をきれいに見せるためには、はさみやカミソリなどできれいに整える必要があります。しかしやみくもに処理すると、切りすぎや剃りすぎにより見た目に違和感が出てしまいます。陰毛を整えるには、自分がどのような陰毛がいいかフォルムを決めておく必要があるのです。

人気のフォルムはトライアングルと呼ばれる逆三角形のものや、オーバルという卵型などです。他にもスクエアやハート、ダイヤなど様々なフォルムが知られています。陰毛をすべてなくしてしまうハイジニーナも海外から伝わり、じわじわと人気となっているようです。

最近では陰毛の形を作れるテンプレートも存在しています。自分でお手入れを初めてしまう前にインターネットなどで検索してみて、なりたい形をイメージしておきましょう。エステなどではなりたい形を相談することもできます。

陰毛を処理する

自分のなりたい陰毛のフォルムが決まったら、陰毛の処理を開始します。自分の決めたフォルムの形を思い出しながら、はみ出す部分や長さを整えていきます。一気に処理しようとすると肌を傷つける恐れがありますので、様子を見ながら徐々に処理するようにしましょう。

小さめのショーツやビキニを付けて、はみ出た部分から処理する方法もあるようです。またテンプレートを購入している人は、それを陰部にあててはみ出した部分を処理しましょう。

また見えにくい場所は鏡を使うなど、自分なりの工夫をすることも大事です。自分の手の届かない場所や見えない部分は無理に手を出さず、やれる範囲で形を整えるようにしましょう。

処理した箇所を冷やす

処理の方法によっては、肌を痛めたりするものもあります。陰毛が生えている皮膚は弱く、カミソリや毛抜きで処理しただけでも熱をもったり腫れてしまいます。処理をした後は保冷剤やタオルなどを使って処理した箇所を冷やすようにしましょう。また処理の最中であっても、肌に熱を感じるときには一旦中断して冷やすようにしましょう。

保湿をする

陰毛の処理はとても肌に負担がかかります。たとえ少しの範囲しか処理していなくても、後で腫れたりすることもありますので処理した後はきちんと保湿をしましょう。処理した箇所を冷やした後に、化粧水や美容液などをやさしく塗りましょう。手のひらやコットンを使って、肌をいたわるように保湿してあげてください。

陰毛にもトリートメントを

陰毛は髪と同じたんぱく質でできています。髪の毛と同じように傷んでしまえば枝毛や切れ毛になってしまいます。しかも陰毛は常に下着とこすれているため、髪の毛よりも傷みやすいと言われています。そのため処理が終わったら、陰毛もケアしてあげなければならないのです。

実は髪の毛と同じように陰毛にもトリートメントが必要なのです。トリートメントによって陰毛の毛質が柔らかくなり、ごわごわだったものがさらっとした手触りになるのだそうです。洗い流すタイプや洗い流さないタイプもありますので、ご自身のライフスタイルにあったものを選んでトリートメントしてあげてください。

道具別 自分でできる陰毛のお手入れ法

はさみ

陰毛のお手入れ方法に使う道具として一般的なものははさみです。お手入れ前の状態は陰毛が長さがあり、形も整えにくいようです。ある程度はさみで短くしておけば、見た目もいいし蒸れることもありません。使い方は陰毛を手でつまみ、2cm程度の長さでチョキチョキ切っていくだけです。

ここで注意してほしいのは、はさみを皮膚に密着させた状態で切らないことです。できるだけ短く切りたいと思う人もいるかもしれませんが、失敗すると皮膚を切ってしまう可能性があります。また大量の陰毛を一気に切ることもやめましょう。強く陰毛を引っ張って、皮膚を傷つけてしまう可能性もありますので気を付けましょう。

カミソリ

アンダーヘアの形を整えるためにカミソリを使う人も多いようです。カミソリのメリットははさみに比べて極限まで短く剃り落すことができること、沿った直後は毛のない状態にできることです。ビキニラインをカミソリで剃ったり、Iラインを整えたりするようです。

カミソリは剃った直後はつるつるになるので、陰毛のお手入れとしては人気が高いです。しかし剃ってしばらくすると陰毛が生え始め、その部分がチクチクとします。生えかけの状態でエッチすれば、パートナーが痛みを感じることもあります。また自分もチクチクした部分がかゆくなり、かきむしってしまう人もいるようです。

毛抜き

100円ショップでも手に入れることができる、毛抜きでのお手入れも人気です。陰毛を根こそぎ抜き去ることができ、お手入れ後は皮膚もつるつるになります。なによりカミソリやはさみのように、お手入れした後にチクチクするということがありません。思いついたらすぐにできる手軽さも受けているようです。

毛抜きのメリットはカミソリやはさみでは手出しできない場所でも、陰毛を抜き去ることができることです。しかし毛抜きで1本1本陰毛を抜いていく作業は時間がかかり、場所によっては無理な体制を長時間維持しなければなりません。しかも毛の流れに沿うように抜かなければ、毛穴を傷つけたり埋没毛の原因を引き起こしてしまいます。

ヒートカッター

はさみやカミソリで陰毛を処理した後、チクチクするのが気になるという人にはヒートカッターがお勧めです。毛の先端を熱によって焼切るため、断面が尖らないのです。下着から陰毛が突き出る心配もないので、はさみよりもこちらのほうが便利だという人もいるようです。

しかしヒートカッターを使ってもチクチクする人もいるので、お手入れ後の手触りには個人差があるようです。また陰毛を焼切る際に焦げたような匂いがします。そして粘膜に近い場所には使えないので、人によっては不便だといわれています。

除毛クリーム

無理な体制を維持しながら処理しなければならない道具に比べて、除毛クリームはとても手軽です。除毛したい部分に塗布して、一定時間放置した後洗い流すだけで陰毛を取り除くことができます。毛のたんぱく質を溶かすため、お手入れ後にチクチクするということもありません。

しかし便利な反面考慮しなければならない点は多いようです。まず除毛クリームが毛を溶かす際に嫌な臭いがすることがあります。また下半身を露出したまま放置せねばならず、クリームを洗い流すためにも基本的にはバスルームでの使用となります。人によってはクリームが肌にあわずに、かぶれてしまう場合もあるようです。

クリニックを利用した陰毛のお手入れ法

ニードル脱毛

ニードル脱毛は歴史が古く19世紀ごろから使われていたといわれています。医療脱毛の中で最も効果が高いといわれています。ニードル脱毛は針を毛穴に差し込み、電気や高周波を流すことで毛乳頭や組織を破壊することで脱毛を促します。この脱毛方法は医療レーザーやフラッシュよりも効果的だといわれ、近年も多くの女性に支持されています。

しかしニードル脱毛は料金が高いとも言われています。施術費用は1回につき5~15分で3000~9000円で、その他に針代や血液検査、麻酔クリーム、アフターケア用クリームなどの代金がかかってきます。血液検査が必要なのは、ニードルが針を使っているため必ず受けなければならない検査です。血液検査によってHIVや肝炎になっていないか検査をすることになります。

レーザー脱毛

レーザー脱毛はクリニックの脱毛方法として最もスタンダードだといわれています。毛根のメラニン色素にレーザーを照射することにより、毛乳頭や組織を破壊して脱毛を促します。医療用レーザーは医療行為のためクリニックのみで施術されず、毛の細胞を直接破壊することから脱毛効果も高いことで知られています。

しかしレーザー脱毛は料金が高いことでも知られています。5~6回の通院の料金は8~17万円かかり、フラッシュ脱毛と比べれば数倍になるとも言われています。またメラニン色素にレーザーを照射するため、日焼けがある場所には不向きです。またシミやほくろがある場所にはやけどの危険性があります。

光脱毛

脱毛サロンで使われているのはこの光脱毛で、フラッシュ脱毛とも呼ばれています。医療レーザーに比べて低出力で広範囲への照射ができます。脱毛原理はレーザー脱毛と同じようにメラニン色素働きかけるのですが、熱を吸収させて刺激し脱毛を促進するにとどまります。このためレーザー脱毛のような「永久脱毛」という呼び名は使えず、「脱毛促進効果がある」と言われています。

フラッシュ脱毛の最大のメリットは、低価格だということです。VIOコースで6回役4~8万円で施術ができます。またキャンペーンなどでさらに安くなることもあり、手軽に利用できるのではないでしょうか。またフラッシュ脱毛は医療レーザーと比べて痛くないと言われており、痛いのが嫌な人がフラッシュ脱毛を選択するということもあるようです。

陰毛にまつわる雑学

陰毛占い

古来より日本には「春草占い」といわれる、女性の陰毛の特徴を見てその人の性格を判断する陰毛占いがあります。毛の生え方、ツヤ、長さ、色の濃さによって分類され、現在では「毛相」という呼び名でも知られているようです。よく知られている陰毛占いについて記載しておきますので、ご自分やパートナーの陰毛を思い出しながら占ってみてください。

<陰毛占い>
三角形:男勝りで情が深い、激しいセックスが好き
逆三角形:温和で従順、セックスよりも愛のささやきを好む
V字形:意志が弱く流されやすい、男女関係もだらしない
長方形:奥手で恥ずかしがり屋、しかし淫乱傾向もあり、突然大胆に豹変することもある
無毛:無毛を気にする場合は消極的、気にしなければ非常に大胆になる

楊貴妃の陰毛

世界の三大美女と言われる楊貴妃にも陰毛のエピソードがあります。実は楊貴妃は陰毛は足まで届いていたとされていました。当時の唐では陰毛が長ければ長い程美しいとされ、名声を思うがままにできたと言わいたんだそうです。

実際には陰毛は一定の長さになると抜け落ちてしまい、長くなっても13~15cm程度にしかならないためこの話が事実とは異なることもわかります。しかし楊貴妃の美しさは陰毛の長さとして後世に語り継がれるほどだったのかもしれませんね。

ジョージ4世の陰毛コレクション

またイギリス、ハノーヴァー朝の国王であるジョージ4世にも陰毛に関する逸話が残っています。ジョージ4世は亡くなった時でさえマスコミに酷評された、悪名高い国王だといわれています。ジョージ4世は様々な夫人と情事を重ねて、飽きるとまた別の女性を探す日々を過ごしていました。その中で愛人から集めた陰毛を嗅ぎたばこ入れにしまっていたそうなのです。

一見するとジョージ4世が変な人のように見えますが、19世紀のイギリスでは愛する人に剃った陰毛をプレゼントするのが大流行していたのだそうです。女性からもらった陰毛を男性は帽子に飾ったり、コレクションにしたりしていたそうです。現在この陰毛の嗅ぎたばこ入れは、スコットラインドにあるセント・アンドリューズ大学が所蔵しています。

陰毛をお守りに

陰毛がお守り代わりにされていたという話もあります。戦国武将や先の大戦では、兵士がお守りとして妻や恋人 あるいは母親の陰毛を戦地へ持参したと言われています。

これは女性が子供を身ごもり出産するという神秘的な現象にあやかり、力の助けをかりたいと願っていたという話もあれば、女性は「タマがない」ため、戦争中に被弾しませんようにとのお守りだったという説もあります。

特に処女は「タマにあたったことがない」とラッキーアイテム扱いされていて、現在でも戦争だけでなく受験や勝負事の際に陰毛を持っていく人もいるのだそうです。

イスラム教と陰毛

イスラム教の「コーラン」には、陰毛を剃ることが義務付けられています。陰毛は衛生的にも不潔とされており、女性だけでなく男性も剃り落しているそうです。特に礼拝前には不浄から清められていることが義務付けられているため、陰毛などあってはならないと考えられているのです。

唯一絶対の神アッラーフの最後の預言者とされたムハンマドは、陰部の剃毛、割礼、口ひげを短く刈り揃えること、脇毛の抜毛、爪を切ることこそがフィトラにおける5つの行為だと述べてきました。神を崇拝するということは、清潔でいなければならないということになります。

また一説にはオーラルセックスをするときに毛が口の中に入ってしまうことや、蒸れによる痒みの原因を解消するためだとも言われています。

まとめ

下着の中に潜む陰毛の正体について、今回のまとめて少し知ることができましたか?陰毛は性器を守るためだけではなく、異性にアピールするものだったという説があることがわかりました。洋服を着るようになった現代では、パッと見で陰毛を見せるようなことはありません。

しかし意中の恋人とベッドインするときのため、また病気を予防する衛生的観念から陰毛をお手入れしてみてもいいのではないでしょうか。手頃にできる自宅でのお手入れ方法や、クリニックやサロンでできる本格的な脱毛方法をご紹介しました。自分の予算やなりたい陰毛の形によって使い分けてみてください。

そして陰毛にまつわる雑学は、下ネタトークをしているときに話せば知的な印象になること間違いなしです。合コンや男同士の飲み会などでぜひ披露してみてくださいね。