乾燥に悩む肌質の方、また肌が敏感になり肌荒れが気になる時期にその保湿効果で注目されている「セラミド」美肌のカギとなる肌のバリア機能の成分の半分をこのセラミドが担っているのをご存知ですか?そのセラミドの力で機能が正常になることで肌は健やかに生まれ変わるのです。

セラミドクリームとは?

肌の潤いの要となるのが「セラミド」です。セラミドは元々人の肌表面の角質層や髪に含まれており、肌を保湿しメラニン色素の合成を抑えて紫外線による肌の老化を予防する働きも持っているそうです。

セラミドが少なくなってしまうことで肌のバリア機能が十分に働けなくなってしまい、外部から受ける刺激や乾燥などに弱くなってしまうのです。このセラミドはどうしても加齢によって減少してしまうために、スキンケアや食事から補う必要があるのだそう。

ただ現段階ではまだ経口からのセラミドの摂取による効果は研究段階にあり、確実かは分かっていないようです。そのためセラミドは「スキンケア」から取り入れる方が有効的と言われているそうです。

手軽に潤いを肌に与える方法としてのセラミドクリーム。是非その良さを知って毎日のスキンケアに取り入れてみてはいかがでしょうか?

セラミドの良さは?

保湿

コラーゲンやヒアルロン酸など化粧品によく使われる保湿成分はありますが、その中でもダントツに凄い保湿効果を発揮してくれるのが「セラミド」だそうです!セラミドはまるでスポンジのように水分や油分を吸い込んで貯め込み保湿するそう。

肌のバリア機能を持っている「細胞間脂質」の約半分はセラミドで作られているそうです。水分と油分のバランスをしっかり保ち肌の潤いを閉じ込め、紫外線などの外部からの刺激や乾燥から守る働きをするのです。

バリア機能アップ

私たちの体には肌の水分を保持したり、外部からの異物が侵入するなどの刺激から肌を守ってくれる「肌のバリア機能」があります。健康な皮膚バリア機能が正常に働いている場合、1次バリアである皮脂膜が主に外部からの刺激を防ぐ役割をします。

そして皮膚の2次バリアである肌の角質層に存在している「細胞間脂質」により水分を十分に保持されているのです。この時重要なのが「セラミド」であり、このバリア機能が壊れ正常に働けなくなった時には肌の水分は蒸発しやすくなり、異物が侵入することで肌荒れや敏感肌になったりしてしまうのです。

この「細胞間脂質」の成分の半分を占めているセラミドを外部から補ってやることで、バリア機能がアップし肌を正常で良い状態に保つことができるのです。肌荒れや肌質を改善したいと思ったら、まず肌のバリア機能を正常に戻し維持してやることが先決なのです。

肌に低刺激

元々肌の角質層に含まれた成分である「セラミド」若くて健康的な肌にはこれがたっぷり含まれていて、とてもみずみずしくしっとりしていますよね。しかし加齢や健康・気候の変化によって残念ながら減少していってしまうのだそうです。

実際乾燥肌や肌荒れに悩んでいる人の肌のセラミドは著しく減少しているというデータがあるそうです。それを補うことで肌を正常に戻していくのですが、このセラミドは初めからある成分なので肌に付けてもその肌が「異物」と感じることがないそうです。

荒れてしまい敏感になっている肌に付けても刺激物と認識されにくいので、顔に付けるのも安心ですね。セラミドを補給することで肌のバリア機能も回復し、元の健やかなお肌に戻してくれるのです。

セラミドの種類

天然セラミド

天然セラミドは自然界にある「植物(米・麦・こんにゃくなど)」や「動物(牛・馬など)」から抽出されたセラミド成分を原液として作られているものになります。そのため資材の調達費や人件費が莫大にかかってしまい、この後紹介する「活性化セラミド」や「合成セラミド」に比べどうしても高価になってしまうのです。

天然セラミドはその部分で高価になりますが、実際そのセラミドは天然であっても人間の持つセラミドとは構造が異なっているため、どうしても全く同じ効果が得られるとは言い切れません。高価だから効果も高い!という訳ではないようです。

また天然セラミドの場合アトピーや敏感肌の方は特にセラミド以外の防腐剤などに反応することがあるそうなので、使用の際はその成分をしっかりチェックしパッチテストなどをしてから使用するようにしましょう。

その費用と対効果を考えると、活性化セラミドの方がおすすめされているようです。

活性化セラミド

また「ヒト型セラミド」と言われています。人間の元々ある細胞間脂質に存在しているセラミドとほぼ同じ構造で作られているのでそう呼ばれているそうです。酵母を利用して作られ、保湿力・浸透力に優れ刺激が少ないのが特徴です。

他のセラミドに比べて肌への親和性が最も高いヒト型セラミドですが、実はその粒子が大きく肌の角質層まで浸透しにくいという欠点があったそう。しかし昨今の技術の進歩によってその粒子の「ナノ化」に成功!浸透力をアップさせ、肌の隅々まで潤いを与えることができるようになったそうです。

馴染みやすく保湿効果の高いヒト型セラミド。天然セラミドよりも安価ですが高性能であると言えます。

合成セラミド

また「疑似セラミド」と言われています。石油原料からセラミドに似た構造の成分を科学的に合成したものだそうです。大量生産が可能なため安価となり購入はしやすいですが、本物のセラミドに比べても効果はそれなりであると考えられます。

こちらは配合成分には「セラミド」という表記はできないそうです。「ヘキサデシロキシPGヒドロキセチルヘキサデカナミド」などと表記されているようです。

本物のセラミドは成分表示に番号がついているそうです。合成セラミドに比べて「セラミド2」などヒト型セラミドは保水力に3倍の違いがあるそうです。(セラミド1.2.3.6が肌のセラミドと同じ構造)

市販のおすすめセラミドクリーム

アヤナス

アヤナス クリーム コンセントレート 30g 5940円(税込)
「肌が喜びに弾む濃密保湿クリーム」肌の老化が進みやすい敏感肌の大人女性のためのエイジングケアに力をいれているケアブランドのクリームです。

外部からの様々な刺激から肌を守り、健やかな肌を保つサポートをしてくれます。ナノサイズのヒト型セラミドクリーム配合で、肌の角質層までしっかり浸透させていき美しい肌を実現。内側からハリや弾力に満ちた肌へと導いてくれるそうです。

アスタリフト

ジェリー アクアリスタ 40g 9720円(税込)
「幸せなエイジング」が合言葉のアスタリフトの商品です。こちらの商品は洗顔後のスキンケアの一番にする先行型美容液になります。

この商品の潤いの鍵は「Wヒト型ナノセラミド(セラミド3.6Ⅱ)」素晴らしいハリ肌パワーを持つ天然の赤い美肌成分である「アスタキサンチン」に加え、アスタキサンチンによる美肌ケアをバックアップしサポートしてくれる「リコピン」を独自の「ナノテクノロジー」を駆使し安定配合にチャレンジされたそうです。

化粧水でもクリームでもない新感覚の赤いジェリーの形状が特徴で、潤うのにべたつかずサラッとした感触だそうです。付属のスパチュラが付いているので清潔に使いやすいですね。

All About ベストコスメ大賞2015:通販コスメ編「アンチエイジング部門」第1位
25ans「ビューティ・メダリスト2015」:ビューティ・メダリスト大賞
などを受賞。

また化粧品では初となる「全国発明表彰:発明賞」を受賞。独自成分である「ヒト型ナノセラミド」の開発が高く評価されたそうです。

ヒフミドクリーム

ヒフミド エッセンスクリーム 40g 6480円(税込)
ヒト型セラミドⅠ.Ⅱ.Ⅲ配合。肌にしっかり潤いを与え、内側から弾むようなふっくらしたハリのある肌に導いてくれます。

肌が潤うことで乾燥を防ぎ、またその乾燥による小じわを目立たなくしてくれるそうです。同じスキンケアラインにある化粧水「エッセンスローション」もおすすめです。こちらも3種類のヒト型セラミド配合で、セラミドが多く含まれているのが特徴です。

ライン使いすることでさらに効果が高まると思われます。

キュレルクリーム

キュレル 純浸保湿フェイスクリーム(医薬部外品)  40g 2300円(参考価格)
潤い保持力を助ける成分である「潤浸保湿セラミド機能成分」が角質層まで深く浸透。外部刺激から守りふっくらと吸い付くような潤いのある肌を保ちます。

エチルアルコール無添加・アルコールフリーであり、弱酸性・無香料・無着色の乾燥性敏感肌の方にも優しい商品になっています。中でも比較的安く購入しやすい商品です。

市販のセラミドボディクリーム

ケアセラ

「ケアセラ・高保湿スキンバーム」、「高保湿ボディ乳液」「高保湿ボディクリーム」の3つのラインナップになっています。粉ふきや肌荒れを繰り返す乾燥肌に「セラミドバリアケア」により潤い感が続くと言われています。

こちらは「天然型マルチセラミド」が7種類配合されている他にも、3つの植物エキスやコレステロールなどこだわりの潤い成分が配合されているのが特徴です。体の広い部分には乳液やボディークリームを。特に乾燥が気になる部分にはワセリンも配合されているスキンバームを。

それぞれ使い分けることをおすすめされています。低刺激性の商品です。

エトヴォスのベビーローション

ETVOS FOR BABYのベビーケアシリーズよりおすすめの商品です。赤ちゃんや小さい子供、ママにも安心して使えるどこまでも優しい低刺激を追求されたベビーローションです。

赤ちゃんのお肌はプルプルでツルツルのイメージですが、実は大人より皮脂量も水分量も少ないため外からの刺激を受けやすく、1年中乾燥しているのです。そんな赤ちゃんのデリケートなお肌にも使えるよう、セラミドの配合成分も徹底して追及されているのが特徴です。

お肌には優しく、でもしっかり保湿ケアできるヒト型セラミドを4種類配合。デリケートな赤ちゃんの肌にも負担なく使えるようその量もきちんと調節されているそうです。また「防腐剤無添加」であることも安心です。

ディセンシア

市販のおすすめセラミドクリームで紹介した「アヤナス」を作っている会社が「DECENCIA・ディセンシア」です。こちらではプレミアムエイジングケアのアヤナスのラインの他にもアドバンスホワイトニングケアの「サエル」ベーシックケアの「つつむ」も展開されています。

つつむのフェイスクリームにも純度の高いヒト型ナノセラミドを配合。ナノ化させることで角質層の内部まで浸透させることに成功したそうです!浸透保湿することで肌の保水機能をしっかりと高めてくれるのです。

潤い成分がグングン浸透していく高保湿のフェイスクリームです。

キュレルボディクリーム

キュレルクリームにも「潤浸保湿セラミド機能成分・ユーカリエキス」が配合されており、角質層の奥まで浸透させ外部の刺激から肌を守り潤いで満たしてくれるのが特徴です。こちらの商品も赤ちゃんのデリケートなお肌でも使える優しい配合になっているようです。

また、キュレルの乳液にも同じセラミド成分が配合されているそうです。肌馴染みがよく、しっとりだけどべとつかない使用感が魅力のようです。

キュレルの商品はフェイスクリーム・乳液・ボディクリームと色々な商品にセラミド機能が配合されているようです。買いやすい価格帯でもあるので、お肌の乾燥や肌荒れが気になる人はラインで使ってみるのもいいかもしれません!

この他にも入浴剤にも同成分が含まれているようです。

まとめ

セラミドクリームについて紹介しました。「セラミド」の働き。乾燥肌や肌荒れになってしまう原因。どこにどう補っていけば健やかな肌を保つことができるのか。たくさんの知らなかった事実をお伝えすることができたのではないかと思います!

肌のバリア機能を高めるため、細胞間脂質の半分を担っている「セラミド」を肌の外側から補給してやることでバリア機能が正常に働くことができ、それによって肌の水分量などのバランスが取れたり、外部からの刺激から肌を守ってくれるのです!

まさにセラミドクリームは美肌を作るための大元だったのですね。そしてクリームなどから手軽に肌に補給できることもポイント高いですよね。毎日のケアで少しずつ肌にセラミドを補給してやることで美しい肌が保てるのです!

肌荒れや乾燥、肌の老化で悩んでいた人は是非セラミドの力でバリアを高めてみて下さい!きっとお肌が喜んで元気になってくれるでしょう!