美意識の高い女性なら「ビタミンC誘導体化粧水」に注目されていることと思います。そこでこの記事では、美しさを保ちたい女性に向けて、ビタミンC誘導体化粧水の種類やそれに伴う効果、そして選び方・おすすめのビタミンC誘導体化粧水をご紹介します。

ビタミンC誘導体化粧水について知りたい!

「ビタミンC誘導体化粧水」には、さまざまな種類があり、またその種類により「性質」・「効果」が異なります。せっかく、美しさを保つために使うのであれば、それぞれの特徴を知って、最も自分に合った効果をもたらしてくれるものを選んで使うのがベストではないでしょうか。

でも、そうは言われても「どれが自分に適しているのか分からない」と迷う方も少なくないと思います。そこでここでは、ビタミンC誘導体化粧水の基礎知識から種類と効果、そして選び方を、ビタミンC誘導体化粧水について興味のある方、若しくは購入を検討中の方に向けて、分かりやすく解説していきます。

ビタミンC誘導体について

「ビタミンC誘導体」が配合された化粧水、すなわちビタミンC誘導体化粧水を、コスメに興味があって常に最新の情報を知っている方や美意識の高い方は、すでにご存知のことでしょう。では、そもそもビタミンC誘導体とは?となると…どうでしょうか。

ビタミンCによる効果が得られることは分かるけど、誘導体って何?と言う方も多いと思います。これは、今まで、不安定で使いにくかったビタミンC(アスコルビン酸)が改良されたことにより、安定性や吸水性に優れたものを指します。では、ビタミンC誘導体について具体的に知っていきましょう。

ビタミンC誘導体とは

ビタミンCは、アスコルビン酸ナトリウムの形でピュアビタミンCとして外資系のブランドに多く使用されています。「天然型ビタミンC」とも「速攻型ビタミンC」とも呼ばれています。

しかし、肌に直接ビタミンCを使う場合、成分自体がもろく、壊れやすく不安定なため、「刺激性がある」ことや「皮膚のバリアに阻まれ浸透しにくい。」つまり、空気中の酸素に触れてすぐに酸化するため、ほとんど皮膚への浸透が見込めませんでした。

このほかにも、「ビタミンCは紫外線にあたるとアスコルビン酸ラジカルが発生するので、朝使用する場合は紫外線対策が必須です。また、酸化しやすいので保存や使用期限を厳格に守る必要があり、化粧品としては使いにくいとされてきました。

このような、壊れやすいビタミンCのチカラを損なわないよう、ビタミンCのアスコルビン酸に、別の物質を結合させることによって、人工的に改良し、安定性や吸収性を高めたものがビタミンC誘導体(プロビタミンC)です。このときに何を結合させたかによって効果が変わってきます。

ビタミンC誘導体の種類

上述にもありましたが、ビタミンCを皮膚にそのまま塗った場合、ビタミンCは成分がもろく壊れやすいために、ほとんど皮膚への浸透が見込めませんでした。

しかし、ビタミンCを「誘導体化」させたビタミンCは、壊れやすく不安定なビタミンCのチカラを損なわないよう、安定性や皮膚への吸収性を高めるだけでなく、皮膚内に吸収されると肌自身の酵素「ホスファターゼ」によって皮膚の中でビタミンCに変化するという特徴を持っているのです。

そんなビタミンC誘導体という成分には、「水溶性」、「脂溶性」、「新型APPS(水溶性と脂溶性の両方の特徴があるもの)」があります。これらはどのような違いがあるのでしょうか?

水溶性ビタミンC誘導体

一般に知られているのが「水溶性ビタミンC誘導体」で、さらっとしていて短期間で皮膚に吸収されるので、即効性が高いです。そのため、おもに化粧水や美容液などに配合されています。配合される種類は以下の通りです。

・リン酸アスコルビルMg
・リン酸アスコルビルNa
・アスコルビル酸グルコシド

しかし、その反面、皮脂の分泌を抑える作用があるため、もともと肌がドライぎみの方は、さらに乾燥しやすい肌になったり、刺激に敏感になってしまうことがあります。

脂溶性ビタミンC誘導体

水溶性ビタミンC誘導体ほどの即効性はありませんが、水溶性に比べて持続性に優れており、保湿効果が高いのが脂溶性のビタミンC誘導体の化粧品です。種類は以下の通りです。

・テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VC-IP)
・パルミチン酸アスコルビル

また、肌本来が持っている脂質と馴染みが良く、浸透率が高いので肌の奥深くまで到達し、真皮で細胞にはたらきかけてくれます。このように、オイルに馴染みやすい性質からクリームやジェルタイプの化粧品に使用されています。

APPS(新型ビタミンC誘導体)

この新型のAPPSは、水溶性と脂溶性の両方の特徴があるものになります。つまり、「即効性」と「真皮への浸透力」をあわせ持つというわけです。種類は以下のようになります。

・パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na

とくに浸透力に関しては、脂質にも水分にも良くなじみ、角質層への浸透力にも優れているため、その浸透力は水溶性ビタミンC誘導体の100倍とも言われているほどです。しかし、水溶性ビタミンC誘導体や脂溶性ビタミンC誘導体に比べると、やはり価格が高いのがネックになります…。

ビタミンC誘導体の効果

ビタミンC誘導体には、抗酸化作用・新陳代謝を促す作用・できてしまったメラニンを還元して色素沈着を防ぐ作用・皮脂分泌のコントロール作用・肌をなめらかにする作用など、さまざまな美容効果があります。それぞれの種類から効果をくわしく見ていきましょう。

水溶性「リン酸アスコルビルMg」

「リン酸アスコルビルMg」は、皮膚科医で多く使われ、美白美容液(エッセンス)にはこの型を配合したものが多いです。臨床例も多く、ビタミンC誘導体の定番となっています。人の皮膚から短期間に吸収され、皮膚内の酵素により皮膚細胞でビタミンCとリン酸マグネシウムに分解されます。

また、このリン酸アスコルビルMgは、ピリピリ感も少なく酵素との反応が良いので、今のところ水溶性では一番効果が高いと思います。なので、筆者としては、刺激が少ないなど総合面から、こちらが一番おすすめです。ただし、紫外線にさらすと活性を徐々に無くしてしまうので、保存には注意が必要です。高濃度タイプは、開封後は要冷蔵です。

水溶性「リン酸アスコルビルNa」

「リン酸アスコルビルNa」は、リン酸アスコルビルMgよりコストが安く溶かしやすいので、院内処方に適しているため、おもに皮膚科医で使われています。人の皮膚から短期間に吸収され、皮膚細胞でビタミンCに変わりやすいとされています。

ただ、リン酸アスコルビルMgに比べると、多少ピリピリとした刺激があります。ですが、充分な臨床結果があるそうです。また、リン酸アスコルビルMgも含めて、水溶性はニキビ肌に悩んでいる方もつけやすくおすすめです。臨床実験でも、ニキビやニキビ跡にもバッチリ効果ありとのことです。

しかし、紫外線にさらすと活性を徐々に無くすので、保存には注意が必要です。高濃度タイプは、開封後は要冷蔵です。

水溶性「アスコルビル酸グルコシド」

「アスコルビル酸グルコシド」は、ビタミンCに糖を結合させたもので、ビタミンC誘導体の中では最も安定して常温で長期保存ができます。一般に安定型ビタミンC誘導体と言われているのがこのタイプで、刺激性も低く、常温での長期保存ができ配合しやすいので、一般の美白化粧品にはこの型を1~2%配合したものが多いようです。

しかし、持続型で長時間作用しますが、人の皮膚には糖をほどく酵素がほとんど無いために、ビタミンC変換できず、効力が出ないと最新の研究で明らかになっています。このため、保存の仕方がラクなのは良いのですが…筆者的にはあまりおすすめしません。

脂溶性「テトラヘキシルデカン酸アスコルビル」

「テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VC-IP)」は、最近開発されたビタミンC誘導体で、水溶性ビタミンC誘導体より皮膚からの吸収が数倍良いです。自然界には存在しませんが、皮膚内の酵素によりビタミンCと元々皮膚に含まれるパルミチン酸に分解されます。

また、脂溶性なので特有の刺激も少なく、脂溶性ビタミンC誘導体の中では最も優れていて、約48時間ほどかけてゆっくりとビタミンCに戻っていきます。コラーゲンの合成や美白を狙う方には、VC-IPのジェルやクリームをおすすめします!

ただし、このタイプも紫外線で徐々に活性を失うので、光に当てないように保存には注意が必要となります。高濃度タイプは、開封後は要冷蔵です。

脂溶性「パルミチン酸アスコルビル」

「パルミチン酸アスコルビル」は、脂溶性のビタミンC誘導体では古くから使われています。アメリカでは、「エステルC」の名前でブレークしたことがあるようです。

しかし、室温では固体のため使用した感触が非常に重いことと、安定性が良くなく変質しやすいことが問題です。また、最近の研究では、皮膚の酸化を促進してしまう場合があると指摘されています。

APPS

APPSは、「即効性」と「真皮への浸透力」をあわせ持つ「新型ビタミンC誘導体」です。肌への刺激や乾燥の心配もなく、美白効果はもちろんのこと、長期間使用することによって、シワやハリの改善などのアンチエイジング効果も期待されます。

また、脂質にも水分にも良くなじむため、角質層への浸透力にも優れ、その浸透力は水溶性ビタミンC誘導体の100倍とも言われています。そのため、細胞の奥まで浸透し、「活性酸素の除去」、「皮膚を活性化しコラーゲン合成を促進」、「肌本来のはたらきを取り戻す」などの効果が期待できます。

ビタミンC誘導体化粧水について

ビタミンC誘導体化粧水は、美白・毛穴の引き締めといった嬉しい効果がいっぱいです。とくに、肌トラブルを抱えている方には、おすすめの美容アイテムです。購入できる場所や使用時の注意点などを知っておくと便利ですよ。また、手作りでもビタミンC誘導体化粧水は出来ます。その作り方をご紹介します。

購入できる場所

ビタミンC誘導体化粧水は、今では色々なところで購入することができます。たとえば、最寄りの薬局(ドラッグストア)やコスメカウンター、そして通販でも手に入れることができます。

また、敏感肌の方は皮膚科で相談の上、ご自身の肌にあったものを処方してもらうのが良いかもしれません。病院にもよりますが…とくにニキビ治療・ニキビ跡治療・シミ治療・アンチエイジング治療に、高濃度ビタミンC誘導体ローションが処方されます。ただ、ビタミンC誘導体ローションは、医療機関でしか処方が許されていません。

ビタミンC誘導体化粧水をおすすめしたい人

ビタミンC誘導体化粧水は、さまざまな肌トラブルを抱えている方におすすめできます。たとえば、シミやくすみ・ニキビ治療やニキビ跡・アンチエイジング・毛穴のつまりや開きなどでお困りの方には効果が期待できますよ!

使用する時の注意点は?

ビタミンC誘導体化粧水を使用する際に、肌が乾燥しやすい方は、濃度が低いタイプを使用するようにしましょう。ビタミンC誘導体には、皮脂分泌を抑えるはたらきがあるため、乾燥している状態の場合、より乾燥を招いて肌に刺激を与えてしまうことがあります。そのため、ビタミンC誘導体の濃度は低いものを選び、保湿をメインに行っていきましょう。

また、肌が敏感な状態の時は使用を控えましょう。ビタミンC誘導体は、肌への浸透が高く即効性も期待できますが、その反面、肌が敏感な時に使用すると肌への刺激になってしまうことがあります。とくに、敏感肌の方は、必ず事前にパッチテスト等を行い、自分の肌に合うかを確認しましょう。

手作りのビタミンC誘導体化粧水について

「ビタミンC誘導体化粧水の作り方」

・材料…精製水(45ml)、水溶性ビタミンC誘導体パウダー(1~2g)
・作り方…精製水にビタミンC誘導体パウダーを入れ、よく溶かします。多少、溶け残りがあっても、常温にしばらく置いておくと溶けきってしまいます。これで完成です!

このレシピで2%~4%濃度の化粧水になります。ただ、このレシピは保湿剤が入っていないので、全く保湿力がありません。そのため、肌のツッパリを実感すると思います。初めは、ビックリするかもしれませんが、ビタミンC誘導体の使用感はこんな感じです。その後、保湿力のあるローションやクリームをつければツッパリ感は解消されます。

※因みに、保存料なしで化粧水を作ったら、冷蔵庫保存でも衛生面から1週間で使い切らなくてはいけません。余ったら、ビタミンC誘導体パウダーは結構高いので勿体ないです。長期保存したい場合は、保存料ヘキサンジオールを入れれば、常温で約1ヶ月もちますよ。

ビタミンC誘導体化粧水の選び方

今では、ビタミンC誘導体化粧水がいろいろ出ていて、選ぶのに迷いませんか?そこで、選ぶときの参考にして頂けたらと思い、選ぶポイントをまとめてみました。

成分で選ぶ

ビタミンC誘導体には大きく分けて3つの種類があり、水溶性・油溶性・両性に分類されます。化粧品には、必ず全配合成分が表示されているので、それを見て参考に選びましょう。

●水溶性ビタミンC誘導体…水に溶けやすいため、化粧水との相性は良好です。また、即効性が高いのも魅力です。例:リン酸アスコルビルMg、リン酸アスコルビルNa、アスコルビル酸グルコシド

●脂溶性ビタミンC誘導体…肌への浸透には時間がかかるため、即効性には優れませんが、低刺激なため乾燥肌の方や敏感肌の方におすすめです。例:テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VC-IP)、パルミチン酸アスコルビル

●両性ビタミンC誘導体…水溶性と油溶性両方のメリットを持つ、ビタミンC誘導体です。とくにAPPSは、肌への浸透力が高く有効成分をたっぷり届けてくれるためおすすめです。例:パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na

※効果など詳細については、上記で解説済みのため割愛させて頂きます。

おすすめ成分は?

ビタミンC誘導体化粧水を選ぶときに、おすすめの成分はやはり「両性ビタミンC誘導体」APPSのパルミチン酸アスコルビルリン酸3Naです。

その理由は、水溶性と脂溶性の両方の特徴をあわせ持ち、APPSは水溶性と脂溶性のデメリットを補って浸透力を高めたものです。その浸透力は、水溶性ビタミンC誘導体の100倍とも言われています。そんな優れものであるため、価格は高めですが…ぜひ、おすすめしたい成分です!

配合量で選ぶ

ビタミンC誘導体化粧水を選ぶときは、配合量にも注目しましょう。ビタミンC誘導体は、配合量が高ければ効果も高くなりますが、同時に刺激も強くなります。そのため、肌が荒れやすい方は、5%以下の低刺激のものを選ぶようにしましょう。

適切な配合量とは?

「ビタミンC誘導体の配合率の目安」

■リン酸アスコルビル・アスコルビル酸グルコシド…2~5%

■APPS(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)…0.1%~1%

■テトラヘキシルデカン酸アスコルビル・パルミチン酸アスコルビル…3~10%の配合率が目安です。

追加効果で選ぶ

ビタミンC誘導体化粧水を選ぶときに、追加効果も視野に入れると良いでしょう。ビタミンC誘導体は、変質しやすいビタミンCの安定性を高め、吸収しやすい形に変えたものです。それにより、メラニンの生成を抑える美白効果やコラーゲン合成を促進したり、皮脂分泌をおさえたり、さまざまな肌のトラブルに対応します。

せっかく、ビタミンC誘導体化粧水を使うなら、ご自身が最も得たい追加効果を選んで、美肌を目指しましょう!

おすすめの追加効果

ビタミンC誘導体化粧水の追加効果として、おすすめの効果は美白効果です。シミの原因となるメラニン色素の生成を抑制するため、シミ・そばかすといった色素沈着の予防効果があります。あくまで、”予防”なので、すでにできてしまったシミを消すのは残念ですが期待できません。

ただ、現在のシミをこれ以上濃くしないように進行を止めるは可能です。よくサプリメントで抑制する方法がありますが、毎日のスキンケアでここまでの効果が期待できる…これって何気に凄くないですか?

おすすめのビタミンC誘導体化粧水

ここからは、おすすめのビタミンC誘導体化粧水をご紹介します。ビタミンC誘導体化粧水を選ぶときの参考にしてみてください。

サイクルプラス「エンリッチ ローション」

高浸透性のビタミンC誘導体「APPS(アプレシエ)」が贅沢に配合された、自分で混ぜて使用する二剤タイプのビタミンC誘導体化粧水です。APPSは、化粧水に溶けた状態で安定させることが難しいので、使う直前に混ぜあわせることで、より鮮度が高い状態で肌に届けることができるのです。

また、このほかにエイジングケア成分として紫外線やストレスから肌を守る抗酸化効果の高いビタミンEやヒアルロン酸・EGF/FGF様ペプチド」なども配合されていて、ニキビだけでなく美白やエイジングケアにもアプローチできます。

ドクターケイ「ケイカクテルVローション」

高浸透性のビタミンC誘導体「APPS(アプレシエ)」など、ビタミンA誘導体・ビタミンB群といった12種類のビタミンを濃縮配合している化粧水で、肌をひきしめてキメを整えてくれます。さっぱりとしたテクスチャーなので、肌がべたつきやすい方や、夏場のお手入れにおすすめです。

オルビス「ホワイトニングローション」

オルビスのホワイトニングローションは、医薬部外品なので「確実に美白効果を得たい!」という方には、おすすめです。「3-O-エチルアスコルビン酸」という通常のビタミンC誘導体よりも、浸透力・安定性・持続性が優れた成分が配合されています。

さっぱりタイプとしっとりタイプがあり、ご自身の肌に合わせて好きな使用感を選ぶことができます。しっとりタイプはアルコールフリーとなっています。

ちふれ「美白化粧水W」

プチプラランキングでも常に上位でお馴染みのちふれから出ている、ビタミンC誘導体化粧水です。美白成分「アルブチン」や「安定型ビタミンC誘導体」のダブル配合となっていて、さっぱりめなテクチャーなのに潤いはしっかり感じられます。使えば使う程、肌に透明感が感じられる優れものです。

キュレル「美白化粧水Ⅲ」

キュレルのビタミンC誘導体化粧水は、浸透力の高いタイプの水溶性ビタミンC誘導体を配合しているので、メラニンの生成を抑えて、シミやソバカスを防ぎつつ肌のトーンをアップさせてくれる効果が期待できます。

また、市販でドラッグストアなどでも気軽に購入でき、価格も比較的安いうえに、潤い成分であるユーカリエキスが角質層の細部までしっかり浸透し、潤いを保ちつつ外部からの刺激を受けにくい強い肌へ導いてくれるお財布にも優しい有り難い商品です。

自分に合うビタミンC誘導体化粧水で美肌に!

高い浸透力のビタミンC誘導体「APPS」は、「即効性」と「真皮への浸透力」をあわせ持つ優れものですね。ただ、人によって肌質や肌トラブルは異なるので、自分の肌に合ったビタミンC誘導体化粧水で美肌を手に入れましょう。