毛穴のないつるんとした赤ちゃん肌、憧れますよね。この記事では、毛穴が目立つ原因と、ちょっと意外な予防法・改善方法まで徹底解析!毛穴をなくす方法を実践して、憧れの赤ちゃん肌を手に入れましょう。

毛穴をなくす方法や対策って?

突然ですが顔の毛穴、気になりませんか?ぽつぽつ毛穴が目立つお肌だと、ファンデーションもうまくのらないし崩れやすいしで憂鬱になってしまいますよね。一生懸命毛穴にいいスキンケアを使っていても改善されないのなら、実はその毛穴の原因は意外なところにあるかもしれません。

毛穴の原因と改善策、そして何より予防策を実践することで、毛穴の目立たないつるんとしたお肌を目指しましょう!

あなたの「目立ち毛穴」の原因は?

肌のたるみ

加齢や紫外線による影響で肌がたるむと、毛穴も当然一緒にたるんでしまいます。肌の奥にあるコラーゲンやエラスチンが加齢などにより減少するとたるみが起こってしまうんですね。

特に小鼻の横当たり、丸ではなく涙型の毛穴が目立つ場合にはたるみが原因の可能性大です。

乾燥

毛穴=皮脂が原因、というイメージを持っている方も多いと思いますが、実は乾燥も毛穴が目立つ原因になってしまいます。

お肌が乾燥すると必然的にたるんでいき、上記のたるみ毛穴につながります。また、一見オイリー肌に見える人の中にも実は「隠れ乾燥肌」というものがあり、肌が乾燥する故にどんどん皮脂を分泌してしまう…という悪循環に陥っているかもしれません。

肌の酸化

正確には肌の毛穴に詰まった皮脂の酸化です。分泌された皮脂や化粧品に含まれる油が肌に残ったままになると、それが酸化してお肌に悪影響を与えてしまいます。

酸化した脂が肌にとどまった状態でいると、毛穴が目立つばかりでなく黒ずみの原因にもなってしまいます。

食生活

肌の悩みを解決しようとしたとき、スキンケアなど外からのケアにばかり注力していませんか?肌をキレイにしていくにはやはり、中からのケアもとっても大事です。

ジャンクフードや質の悪い油ばかりとっていると当然肌もどんどんオイリーになっていき、過剰に分泌された皮脂は毛穴を押し広げる原因になってしまいます。だからといって油を一切断つのもかえって肌には悪いのですが、ほどよく良質なお肉や油をとるようにして、酸化しているような悪い油を控えることが大切です。

顔の毛穴をなくす方法

温感効果で毛穴スッキリ。マナラの「ホットクレンジングゲル」

毛穴の汚れ・肌のくすみの原因となるのは乾燥や毛穴の汚れを落としきれていないクレンジングにありますが、マナラのホットクレンジングゲルはどちらもカバーしてくれる優れものです。
美容液成分91.4%配合の美容液クレンジングとしても有名ですが、やはりホットクレンジングゲルの強みは優しくマッサージしながら温感効果で毛穴の汚れをスッキリさせること。
しっかり落とすのに肌にとても優しい、無添加のメイク落としと美容液が一つになったクレンジングです。

まずは正しいクレンジングから毛穴掃除を始めましょう。そして毛穴ケアをするクレンジングを選ぶなら、断然マナラのホットクレンジングがおすすめです。

スチームケア

どんなケアをするにせよ、まずはしっかりと肌を温め、毛穴を開くことが大切です。「毛穴を目立たなくさせたいのに、開く?」と疑問に思うかもしれませんが、毛穴ケアをするには毛穴のつまりを取らなければいけません。それにはまず毛穴を開いて→汚れを落として→引き締める、というステップが必要になるんです。

一番手っ取り早い方法はお風呂にじっくりとつかることですね。半身浴でも全身浴でも、顔からじんわり汗をかくくらいがベストです。

スチーム器を持っている方はそれを使ってもいいですし、ない方はホットタオルを数分顔にあてることでも代用できます。ホットタオルはしっかり濡らして絞ったタオルを30秒~1分レンジで温めれば簡単に作れますよ。

オイルマッサージ

毛穴をひきしめるにはまず毛穴につまった汚れをしっかりと落とさなければいけません。脂は脂にしか溶けないので、皮脂を落とすにはオイルマッサージが効果的です。使用するオイルは、普段使っているクレンジングオイルか、ホホバオイルなどを使ってもOK。

肌に負担がかからないようオイルはたっぷり使って、特に毛穴や汚れが気になる部分を中心にくるくると3分程度マッサージをしましょう。ぽろぽろと角栓が取れてくることもあります。

マッサージが終わったら一度乳化してから(濡らした手でもう一度くるくるとマッサージをするとオイルが白っぽくなります)しっかりと洗い流すようにしましょう。ここでオイルが肌に残ってしまうと本末転倒なので、すすぎはしっかりとしてくださいね。

スクラブケア

肌に汚れ・角質をため込んでしまうと、当然それが毛穴を押し広げてしまいます。日々の洗顔やクレンジングで落としきれないたまった汚れは、定期的にスクラブでケアするといいですね。ただし、肌質にもよるので「敏感肌」「肌の角質が気にならない」という方は必ずしも取り入れる必要はありません。

最近はスクラブも進化していて、コンニャクを使ってスクラブ一粒一粒を丸い形状にして肌負担を軽減したものなんかも出ています。自分の肌質に合ったものを選び、週に1回程度で決してやりすぎないように注意しましょう。

酵素洗顔

酵素洗顔とはパウダー状の洗顔料を泡立てて使うタイプのものがほとんどで、たんぱく質や脂質を分解することができる洗顔料です。毛穴を押し広げる原因となる皮脂やざらつきを取ってくれるので、毛穴対策に最適ですね。

余分なものを取ってフラットな状態の肌にしてくれるので、その後のスキンケアの浸透もよくなるので効果的ですが、逆に言うとスキンケアをしっかりしないと乾燥の原因にもなります。酵素洗顔を使った後はいつも以上に念入りにスキンケアをして、Wで毛穴対策をしましょう!

ビタミンC入りスキンケア

毛穴対策のスキンケアには、ビタミンCがおすすめです。ビタミンCには肌をふっくらと押し上げて毛穴を目立たなくさせる効果があると言われています。ただし、ビタミンC自体は非常に不安定な成分なので、化粧品には「ビタミンC誘導体」として配合されることが多いです。

「ビタミンC誘導体」というのは、肌に入ることで「ビタミンC」へと変化してその効果を発揮してくれます。即効性があるというものではありませんが、毛穴対策は日々の積み重ねが大事。化粧水や美容液で取り入れていきましょう。

保冷材で物理的に毛穴引き締め!

スキンケアの仕上げに保冷材をあてて、物理的に毛穴を引き締めるというやり方も、昔ながらの毛穴対策方法ですね。

毛穴を開く→クレンジングや角質ケアで汚れをしっかり落とす→スキンケアをしっかり浸透させる→最後に肌を冷やして毛穴を閉じる、という流れでケアをするのが理にかなっていておすすめです。

保冷材はカチカチ状態だと冷えすぎてしまうので、柔らかいくらいがちょうどいいですね。また、冷凍庫でしばらく冷やした金属スプーンなどでも代用できます。

毛穴撃退!おすすめパック

泥パック

ミネラルをたっぷり含んだ泥でパックをすると、お肌の汚れをマイルドに落としてきれいに保つことができます。肌が敏感でピーリングなどのスペシャルケアをするのは不安という方も、泥パックなら低刺激で使えるということも多いのでぜひ試してみてください。

最近ではいろいろなタイプの泥パックが販売されていますが、時間がなく面倒くさがりという方はすでに泥状になっているものがおすすめです。こだわりがあって自分でいろいろカスタマイズしたいという方には、固形タイプを溶かして好きなアイテムをプラスして使うのがおすすめ。

ラップパック

コットンパックやシートマスクを使う時に、上からラップで保護して水分の蒸発を防ぐ方法です。水分をたっぷり含んだマスクは放置しすぎると、実はどんどん蒸発して肌の水分も一緒に奪ってしまうことがあります。ラップを上に重ねるだけでこれを防げるので、簡単ですよね。

100円ショップにはあらかじめシートマスクと同じ形状にカットされたシリコンマスクも売っていて、これを重ねるだけでも同様の効果が得られるのでおすすめです。

オロナインパック

数年前密かにブームになったオロナインパックです。オロナインを小鼻など毛穴のつまりが気になる部分に塗って10分ほど放置し、しっかりと洗顔料で洗い流してから毛穴パックをすると汚れがかなりとれる!と話題になりました。

角栓を無理やりはがす毛穴パックはできれば避けたいので、どうしても我慢できない時のレスキューパックとして使うようにしましょう。また毛穴パックは使いたくないという方は、オロナインパックの後にオイルマッサージなど他の肌に負担がかからないケアを取り入れるといいですね。

ヨーグルトパック

毛穴だけでなく、美白効果も期待できると言われるヨーグルトをそのままパックにしてしまおう!という方法です。口に入っても安心なところもいいですね。

ヨーグルトにはちみつと小麦粉を混ぜてちょうどいい硬さにしてから肌に塗り、10分ほど放置して洗い流します。その後はいつものスキンケアを忘れずに。もちろん市販のパックとは違うので、初めてやるときにはぜひ腕の内側などでパッチテストをしてくださいね。

毛穴をなくすにはまず予防

正しい洗顔・クレンジング

汚れを落としたいからといってゴシゴシこすったり、クレンジング料がしっかりと落としきれていなかったりすると逆効果です。洗顔は毎日の習慣だからこそ、しっかりと優しく汚れを落とす方法を身に着けたいですね。

洗顔はしっかりと泡立ててやさしく行うこと、また洗顔料やクレンジング料など「落とすべきものはしっかりと最後まで落とすこと」に注意しましょう。特に額の生え際や小鼻の溝には意外と洗い残しが発生しがちです。すすぎは少ししつこいくらいでちょうどいいので、ぬるま湯で最後まで落としきるようにしてください。

しっかり保湿

冒頭でも述べた通り、乾燥は毛穴の原因になってしまいます。また毛穴対策のために汚れを落とすスペシャルケアを行った後は、一時的に肌のバリア機能も一緒に落ちている状態なのでそのまま放置すると乾燥を招いてしまいます。

目立ち毛穴を予防するには、日々のスキンケアでしっかりと保湿を心がけることが大切です。

角質ケアはやりすぎ注意!

この記事でもスクラブや泥パックなどいろいろなスペシャルケアを紹介してきましたが、何事もやりすぎには要注意。特に角質ケアは、やりすぎると肌に必要な分の皮脂やバリア機能までなくしてしまうことになるので特に注意してください。

スクラブなど負担のかかるケアはせいぜい週1,2回程度にとどめるようにしましょう。そしてケアをするときにも、汚れを落としたいからといってゴシゴシ強くこすることは厳禁です。

食生活を見直す

ジャンクフードやファストフード、酸化した油など、身体に悪い油や添加物はなるべく減らしていきましょう。一見肌とは無関係のようにも思えますが、食生活は思った以上に肌にダイレクトに影響するものです。

オイリー毛穴の方はビタミンB群を含むかぼちゃやにんじん、豚肉などがおすすめです。加齢などによるたるみ毛穴が気になる方は、肌のハリをアップさせるコラーゲンや良質なたんぱく質を含む、キウイ、ナッツ、もつなどがおすすめ。

またアボカドは油分を多く含みますが、これは肌にとってとても良質な油分と言われているので、どんな肌タイプの方にもおすすめです。サラダやおつまみとしても取り入れやすいのでぜひ食べてみてください。1日半分くらいが目安です。

生活習慣も見直そう

毛穴に限らず、美肌のためには生活習慣を見直すことも大切です。スキンケアだけではなく、身体の中からのケアもとても大事なのでぜひ実践していただきたいです。

●良質な睡眠
良質な睡眠をとることは、毛穴ケアだけでなく美肌のためにもとっても大切です。22時~2時のゴールデンタイムになるべく寝られるとベストですね。

また、睡眠の質にもこだわりたいところです。寝る前に温かいお風呂にゆっくり使ったり、スマホやPCの使用を控えたり、アロマを炊いたりと、自分にあったやり方でぐっすりと眠れるようにしましょう。

●ストレスをため込まない
ストレスがたまると自律神経に影響して、肌にも体調にも悪影響を与えてしまいます。なかなか難しいことではありますが、自分に合ったストレス解消法を見つけることはお肌のためにもなります。

運動やカラオケ、ショッピングなど、お肌にも良いストレス解消法を探してみましょう。

●過度な飲酒は控えて
飲酒をしすぎると、お肌の油分・水分のバランスが崩れて毛穴にも影響してしまうことがあります。

また飲酒をした後はどうしても質の低い睡眠しかとれません。全く禁止する必要はありませんが、飲酒の習慣がある方は飲み過ぎないように・休肝日を作るように気を付けましょう。

毛穴をなくすには日々の生活を見直して

毛穴が目立つ原因は複数あり、また解決するのにもいろいろなアプローチ方法があるということが分かっていただけたでしょうか?

毛穴は一度開いてしまうとなかなか目立たなくさせることは難しいので、何よりも目立つ前の予防が肝心です。ちょっとしたことでも積み重ねで効果が表れるので、気長にストレスにならない程度に続けてみてくださいね。