実は目のクマにも色々なタイプがあることってご存知ですか?クマの原因を詳しく知っている方はいないと思いますが、原因を詳しく知り、その原因に合わせた解消法を試してみましょう。

目のクマの原因は寝不足だけじゃない?!

目にクマができるとまず思い浮かぶのが寝不足ですよね。でも目のクマの原因は実は寝不足だけではないのです。クマも原因ごとにタイプが異なり、以下の3種類に分けられます。
○青クマ
○茶クマ
○黒クマ

それぞれの原因と解消法を見ていきましょう。

自分がどのタイプか調べてみよう!

自分の目のクマがどのタイプかチェックしてみましょう。
原因が一つではなく複合的な場合は、このチェック方法では分かりにくい場合もあるので、原因と対策の項目をみて総合的に判断してくださいね。

青クマタイプ

鏡で自分の顔を見ながら、あっかんベーをするように目の下を指の腹で引っ張って見て下さい。少しクマの色が薄くなればそれは青クマです。そもそも青クマは血行不良によるものなので、指で刺激が加わったことで血行が一時的に回復してクマがましになるのです。

茶クマタイプ

青クマタイプと同じように目の下を引っ張ってみてもクマの色が変わらない場合は茶クマタイプです。
茶クマは色素沈着が原因なので、指で引っ張っても変化はしません。

黒クマタイプ

自分の顔を少し上に向けてみてください。クマの色が薄くなる場合は黒クマタイプです。たるみやしわによってできた顔の凹凸が上を向くことでましになるため、クマが薄くなったように感じます。

青クマの原因と解消法を知る

青クマの原因は?

青クマの原因はいわゆる寝不足によってできるといわれているクマです。その正体は血行不良で、滞った血液が顔の皮膚を通して青く見えるというわけです。原因は寝不足だけでなく、疲れやストレス、眼精疲労や冷えなど血行を妨げる原因があると青クマができやすくなります。元々肩こりや冷えのある人は青クマができやすく、また顔の色が白い人ほど青クマが目立ちやすいといえます。

青クマの解消法は?

青クマの解消法は血行を改善させることです。血行改善の方法をご紹介します。

○温タオルで目を温める

目の周りの血行が滞ることでクマができているため、温かいタオルで目の周りを温め血流を改善させましょう。この時、温タオルが熱すぎないようにして下さい。顔の皮膚は非常に薄くデリケートなので、温かすぎるタオルではかえって刺激になってしまうからです。

○目元のマッサージをする

目頭から目尻にかけて指の腹で少しずつ押すように優しくマッサージして下さい。マッサージをすることで血流を促しクマを改善させます。

○首や肩回し運動をする

首や肩回し運動で体から顔への血流を促し、クマの改善を促します。

○寝不足やストレスの多い生活習慣を見直す

不規則な生活や寝不足、ストレスは血行が滞りがちになります。生活習慣を見直すと共に適度な運動にも心がけるようにしましょう。

○体を温める

体の冷えは血行不良を引き起こし青クマの原因となるので、湯船にゆっくりつかるなど体を温めることが大切です。

○食事で鉄分を取り入れる

元々貧血状態ではいくら血行が改善されてもクマの改善にはなりません。そのため鉄分の多い食生活に心がけるようにするといいと思います。鉄分は小松菜、ほうれん草、ひじき、あさりなどに多く含まれています。この時、なるべく温かい食事を摂るようにすると体も温まってよいでしょう。

茶クマの原因と解消法を知る

茶クマの原因は?

茶クマの原因は色素沈着やシミ、くすみです。紫外線や目をこすったりする刺激で色素沈着をおこし、茶クマができてしまいます。よく日焼けをする人や目をこするくせのある人は茶クマになりやすいです。また、紫外線で皮膚が黒くなりやすい人や皮膚の弱い人は色素沈着を起こしやすいので、茶クマができやすくなります。

茶クマの解消法は?

茶クマは色素沈着、しみ、くすみが原因となるので、なるべく顔の皮膚に刺激を与えないようにすることが大切です。

○紫外線対策をおこなう

紫外線はとても強い刺激なので、日焼け止めをぬって紫外線対策をしましょう。

○メークを落とすときは専用クレンジングを使用し、洗顔はなるべく泡立てて優しく洗う

アイメイクを落とすときにごしごしと目の周りをこすってしまっては刺激で色素沈着をおこしてしまう可能性があります。そのため、専用クレンジングで優しく洗うようにしてください。同様に洗顔も刺激の少ない泡タイプのものを使用するとよいと思います。

○美白化粧品やビタミンCを取り入れてしみの対策をする

美白化粧品やビタミンCを取り入れることで、メラニン色素によって引き起こされるしみを改善させ、茶クマの対策をしましょう。

黒クマの原因と解消法を知る

黒クマの原因は?

黒クマの原因は顔のたるみやくぼみが影となっておこるものです。加齢によって目の周りの筋肉が衰えてくると黒クマができやすくなります。顔が浮腫みやすい人や顔立ちがはっきりした人は黒クマが目立ちやすいといえると思います。

黒クマの解消法は?

黒クマは顔のしわやへこみによって引き起こされるので、しわやへこみの対策をすることが大切です。

○たるみやすい目の下の筋肉のトレーニング

目の下の筋肉が衰えることでたるみの原因となるため、体操で筋肉を引き締めましょう。方法は上まぶたが閉じないように指で押さえながら、下まぶたを閉じるような動きをします。左右共10回程度行いましょう。

○むくみ対策をおこなう

むくみがあると顔に凹凸ができやすくなるので、予防することが大切です。塩分を控えたり顔のマッサージで顔全体のリンパの流れを促進させましょう。
顔のマッサージ法はあごからこめかみに向けて手のひらでさすり上げるようにマッサージします。続いてこめかみから顎のライン、首に向けてリンパを下に流すようなイメージでさすりマッサージします。いずれも優しくおこなうことがポイントです。

○コラーゲンを取り入れる

コラーゲンを取り入れることでたるみのない張りのある顔にすることでクマを解消させます。食品で取り入れたり、コラーゲン入りの美容液を使うとよいでしょう。

クマをつくらないために

どのクマの解消法にも言えることは、血行をよくすることと生活習慣を整えることです。バランスの良い食事や適度な運動、ストレスを溜め込まないことは遠回りなようで、クマを作らせず予防するという意味では一番の近道と言えるのではないしょうか。