年末年始は、忘年会・新年かといった飲み会が続くため、ウコンのCMがやけに目につきます。ウコンは本当に二日酔いに効果があるのか、どんなタイミングで飲むのがより効果が期待できるのか。ウコンを飲むタイミングと二日酔い防止をご紹介していきます。

ウコンを飲むタイミングはお酒を飲む前?後?

お酒飲みなら一度はウコンを試したことがあるのではないでしょうか。ウコンを飲めば二日酔いをしなくなる、あるいは軽くしてくれるということは知られていても、ウコンをお酒の前に飲むのか、後に飲むのか。さらに液体や粉末といったタイプによっても飲むタイミングが違ってくるということを知っている人は意外と少ないのではないでしょうか。

世界的にはウコンに含まれるクルクミンの二日酔い予防の使われ方として、お酒を飲む前に飲むことが多いようです。お酒を飲む前に、肝臓の働きをよくしておいたほうが、アセトアルデヒドの分解が早くなると考えられています。

飲んだあとでも血中にアルコールが含まれている間は、肝臓がアルコールを一生懸命処理しているので、これをサポートするためにウコンを飲むことは正しいといえます。

ただし、二日酔い予防という観点から見るとやはり「飲む前に飲む」ほうが効果が期待できます。ウコンのことを正しく知って、つらい二日酔いにならないようにしましょう。

ウコンってどんなもの?

クルクミンが消化不良を助ける

ウコンというとすぐに「二日酔い防止」をイメージしますが、古くから漢方の生薬として利用され、特に消化不良を助ける薬として有名です。二日酔いのときは胃腸の活動も鈍っています。吐き気などを抑えるためにもウコンは効果が期待できます。

二日酔いの予防にも効果が

二日酔いに効果的な成分と言われるのが、ウコンに含まれるクルクミンです。二日酔いの時に不快な症状を引き起こす物質アセトアルデヒドを分解・排泄するときになくてはならない胆汁の分泌を促進する働きがクルクミンにはあり、肝臓でアルコールを分解するための酵素の働きも活発にすることが認められています。

これらの効能によりウコンを飲むことで、お酒を飲んでも二日酔いになりにくい、または二日酔いになってからウコンを飲んでも、二日酔いを早く脱しやすいと言われています。

ウコンには「春ウコン」「紫ウコン」「秋ウコン」があり、この中で二日酔いに効果のあるウコンは「秋ウコン」です。秋ウコンは、肝臓の働きを高めると言われる”クルクミン”が、他の季節のウコンに比べ、格段に多く含まれています。

ウコンでダイエット効果も!

ウコンには、胆汁の分泌を促進させる働きがあります。そのため肝臓の働きがよくなります。胆汁の原料はコレステロールです。そのため胆汁が多く分泌されれば、そのぶんコレステロールが減っていきます。コレステロールが減ることで、体質改善につながって、ダイエット効果が期待できます。

ウコンの副作用はある?

ウコンは生薬に使われているので、体によい作用を及ぼすことが多いのですが、過剰に摂取すると下痢やなどを起こしてしまいます。またウコンを摂取するのに最も注意しなくてはならないのが肝機能障害を持っている人です。

ウコンは肝機能を強化する働きがありますが、そのぶん肝臓自体にかかる負担が大きくなります。肝臓が弱っている人はかえって機能の低下を招くといた副作用が心配になります。

その他には血栓予防や動脈硬化の治療で「抗凝固剤」などを服用している人や、胆石を患っている人、糖尿病の治療中の人などはウコンの摂取を控えたほうがいいでしょう。

妊婦は飲める?

ウコンには、子宮を収縮させる働きがあるので、流産や早産を招く危険があります。特に紫ウコンはその作用が強いため、妊婦は飲まないほうがいいでしょう。

ウコンを飲むタイミングはいつ?

お酒を飲む前

テレビのCMでもおなじみのウコンの力は、飲み会の前に飲む人が多いようです。お酒を飲む前にウコンを飲んでおくと、いつもよりも酔いが遅くなって多く飲めるような気がするという人もいます。また接待の席で相手からのお酌を断れなかったり、あまり悪酔いしたくないときなど、お酒を飲む前にウコンを飲んでおくといいでしょう。

お酒を飲んだ後

ウコンは、二日酔いの原因であるアセトアルデヒドの分解を早めるだけではありません。お酒を飲んだ後にウコンを飲むことで、肝臓機能を活発にしてアルコールの分解で疲れた肝臓の回復を早めてくれます。

宴会が続いて、飲み過ぎで肝臓が疲れているなと思ったら、ウコンを飲むタイミングとしてはお酒を飲んだ後のほうがいいでしょう。

ウコンを飲んでも二日酔いにはなる?!

いくらウコンを飲んだからといって、肝臓が処理しきれないほどのアルコールを飲んでしまったら、二日酔いになるのは当然です。「ウコンを飲んだから大丈夫」と無茶飲みしないようにしましょう。

ウコンを飲んでからお酒を飲むと、悪酔いしない、調子がいいと感じる人が多いのですが、飲み過ぎると翌日には二日酔いで苦しむという結果になってしまうので、ウコンの効果も「良し悪し」ということになってしまいます。

ベストな飲み方は?

ウコンを飲むなら、飲み会前、食前30分~1時間前にしましょう。空腹時に飲むことで、ウコンの有効成分を早く取り込むことができます。

ドリンク?錠剤?

ウコン製品は、どのタイミングで飲むかによって形状を選ぶことができます。今二日酔いでちょっとでも早く解消したい、またはもうお酒を飲む時間が近い、という時は吸収が早いドリンクタイプが良いでしょう。錠剤タイプは吸収に少し時間がかかるため、その時間も考慮して1~2時間ほど早めに飲んでおく必要があります。

ただしドリンク剤の場合は、有効成分のクルクミンの含有量が少ないことがあります。そのため「清涼飲料水」という扱いになっています。よりウコンの効果を得て、二日酔いを予防したい場合は、クルクミンの配合量が高い錠剤タイプのサプリメントを利用する方がいいでしょう。1回のクルクミンの量が多いだけでなく、いつもカバンに入れておけますし、経済的でもあります。

ウコンVSヘパリーゼ!どっちが効果的?

ヘパリーゼって?

CMでもよく見かける「ヘパリーゼ」とは、動物の肝臓に消化酵素を加え、アミノ酸やペプチドのかたちにしたものです。肝臓の血流量が増加し、肝臓細胞の再生が促進されます。

お酒を飲むと肝臓はフル回転して解毒の作業をしなくてはなりません。その作業過程で細胞は猛烈な勢いで再生を繰り返します。その時に必要になるのがアミノ酸で、ヘパリーゼには18種類ものアミノ酸が含まれています

ウコンとヘパリーゼの違いは?

ウコンは「漢方薬」ですがヘパリーゼは「医薬品」です。そのためウコンはコンビニなどでも売られていますが、ヘパリーゼは薬局でしか購入できません。たとえば「ウコンの力」のラベルを見てみると「清涼飲料水」となっています。

一方「ヘパリーゼ」を見てみると「大3医薬品」となっており、肝機能の治療や予防を目的とした薬であることがわかります。ウコンとヘパリーゼの違いは、その成分によってもわかります。

ウコンには含まれておらず、ヘパリーゼに含まれる成分として「ジクロロ酢酸ジソプロピルアミン」があります。個の成分は、肝臓の働きを助けて、疲れを改善する効果が医学的にも証明されています。

次の日には大切な用事があるから、絶対に二日酔いになりたくないといった人には、ウコンよりもヘパリーゼの方がいいかもしれません。

ウコンは漢方の生薬ですから、断続的に摂取することでその効果を高めることができます。一方ヘパリーゼは医薬品ですから、即効性があります。急な飲み会の場合、薬局に行く暇がないという時はウコン、そうでない時にはヘパリーゼがよさそうです。

まとめ

年末年始、飲み会が続くと肝臓も疲れてきます。そんな時にはウコンやヘパリーゼを飲んで肝臓を守ってあげましょう。「ウコンがあるから、ヘパリーゼがあるから」といって普段以上にお酒を飲んでしまうと、二日酔いは避けられません。

あまり過信せず、ほどほどにしておきましょう。またウコンを飲むタイミングにも注意して、できるだけ飲む前に飲む習慣をつけましょう。