日焼けをした場所がかゆいと感じた時、気づいたら湿疹ができてしまっていたということはありませんか?日に当たった場所にだけ湿疹ができているのならば、それは日光湿疹かもしれません。この記事ではそんな日光湿疹に対処する方法や、予防のための方法をご紹介しています。

日焼けの後にブツブツと湿疹が…これって何?

この湿疹って何?

日焼けをしたあと湿疹が出てしまった場合、日光が原因で湿疹が出ている可能性があります。このように、日光が原因で起こる湿疹を総称して「日光湿疹」と呼びます。日光過敏症や光過敏症、日光アレルギーと呼ばれることもあります。

似たような症状が出るものとして、「日光湿疹」と呼ばれるものもあります。日光蕁麻疹の場合には、光を浴び始めて比較的早い段階で症状が出始め、症状が治まるのも早いと言われています。それに対して、日光湿疹の場合には、日光を浴びて数時間から数時間後に症状が出ると言われています。

湿疹を写真でチェック!あなたはあてはまる?

上記の写真のように、日光に当たった部分だけに湿疹ができている場合には、日光湿疹の疑いがあります。写真のように洋服で隠れる部分や、あごの下など日陰になりやすい部分には症状が出にくいのが特徴です。
このような症状が、日焼け直後に出たら日光蕁麻疹、数時間後から数日後に出たら日光湿疹だと判断できるでしょう。

湿疹のあらわれる場所は?

日光湿疹は、直射日光が当たる場所ならばどこでも出る可能性があります。その中でも出やすいのが唇や腕だと言われています。唇の場合、皮膚がデリケートであるため日光の刺激を受けやすいのではないかと考えられます。

腕は、夏になると半そでを着るなどして、日光にさらされやすい場所であるということが原因として考えられます。顔は帽子などで日陰になることも多いのですが、腕は無防備に光にさらしたままということが多くあるためではないかと考えられています。

湿疹の原因は?

日光にあたったことが原因で湿疹がでてしまうのは、紫外線がおおきく影響しているようです。紫外線によって皮膚が刺激を受けることで湿疹が出てしまうようですが、紫外線そのものが原因である場合もあれば、化膿止めや熱さましなどの、服用している薬と紫外線の両方が関係している場合もあるようで、はっきりは分からないようです。

日光湿疹の5のつタイプ

多形日光疹

多形日光疹の場合、強いかゆみが出て光が当たった部分に、小さな丘疹が発生することが特徴だと言われています。若い女性に多く発生する傾向があるようです。日光湿疹の中では最も多い症状だとも言われているようです。

慢性光線過敏性皮膚炎

慢性光線過敏性皮膚炎という病気は、女性よりも男性、しかも60代近い中高年の方に多くみられるそうです。症状は皮膚がごわごわの状態になってしまったり、ひどいかゆみも伴うと言われています。発症原因は分かりませんが、発症してしまうと完治させるのは大変で、日光に当たる時間を制限されたり、部屋を暗くしたりと、完全に遮光する必要も出てきてしまうぐらい大変な症状です。きちんと病院で治療していくことが重要です。

日光蕁麻疹

日光蕁麻疹という病気になりやすいのは、20~50代ぐらいの人だそうです。幅広い年齢層ですので、つまりは誰でも発症する可能性があるということです。原因は分かっていないそうです。日光湿疹の一種とも考えられるようですが、正確には日光湿疹とは違う病気であるそうです。じんましんですから、症状は急にあらわれて、すぐに落ち着いたりするそうです。外出時にはしっかり日よけをしましょう。

光線性接触皮膚炎

光線性接触皮膚炎の場合、日光に当たる前に何らかの化学物質に触れてアレルギーを起こしている部分に、紫外線の刺激が加わることによって発症すると考えられています。キャンプに行った際など、いつもと違う環境や植物に触れた際に発症した場合には、この症状が疑われます。

光線過敏型薬疹

光線過敏型薬疹は、日光に当たるだけではなく、薬を服用していることも原因で起こる症状のようです。薬だけでも、日光だけでも起こらないようですね。主に、症状を発症しやすい薬は、熱さましの薬、抗がん剤、血圧を下げる薬などです。

症状はどんなものがある?

主症状

皮膚が赤くなってヒリヒリとした後、元の肌の色に戻ったり、肌が黒くなったりした場合には一般的な日焼けであると考えられます。それに対して、日光湿疹の場合にはその名の通り日光に当たった部分に湿疹が出ます。

日焼けをした部分にブツブツが出てきたり、赤みがひかなかったり、その他にも何か気になる症状があった場合には、すぐに皮膚科に相談すると良いでしょう。吐き気や頭痛の症状が出る場合もあります。

悪化した場合

症状が悪化した場合には、色素沈着などの原因となることもあります。また、かき崩してぐじぐじとした液体が出てきてしまうような状態になると、完治までにかなり時間がかかってしまうこともあります。

また、慢性光線過敏性皮膚炎の場合には完治させることが難しいため、発症してしまうと、日光に当たる時間や活動を制限されることもあります。

検査する方法ってあるの?

日光湿疹を疑った場合、皮膚科で検査を受けることができます。日光湿疹は紫外線によって引き起こされると考えられているため、まずは背中などの目立たない部分に紫外線を照射して経過を観察します。それで異常が現れた場合には、血液検査やパッチテストなどの詳細な検査を行うことになります。

検査費用は一般的には4000円から5000円程度と言われていますが、病院によって差があるため、心配な場合には事前に問い合わせておくと良いでしょう。

日光湿疹になるのは大人だけ?赤ちゃんもなるの?

日光湿疹は、大人だけでなく赤ちゃんにも出ることがあります。昔は日光浴が推奨されていましたが、いまは赤ちゃんはなるべく直射日光を避けた方が良いとされています。赤ちゃんは腕や足は洋服に包まれている場合が多いので、顔に症状が出やすいと言われています。

お散歩など日に当たる行動をした後に、頬に赤みやブツブツが出た場合には日光湿疹が疑われます。肌がカサカサしている場合には日光湿疹の前兆である可能性もありますので、ベビーオイルなどを使って保湿をしてあげると良いでしょう。

日焼けのケアと湿疹の治療法

日焼け後の基本ケア

日焼けをしたということは、状態としてはやけどをしているのと同じです。きちんとケアをしてあげることで、湿疹をはじめとした肌トラブルを予防することができます。

日焼けをした場合には、まずその部分を冷やします。冷水のシャワーを使ったり、タオルに包んだ保冷剤を使うと良いでしょう。当日は、湯船につかっての入浴は避けます。

次に、保湿を行います。痛みがない場合には普段使っている化粧水や乳液などをたっぷり使って保湿をします。ヒリヒリする場合には軟膏を使うのが良いとされています。我慢できないほどの痛みがある場合には炎症を起こしている可能性がありますので、皮膚科に相談すると良いでしょう。

日焼けに湿布って貼っていいの?

日焼け後に肌を冷やすために湿布や冷えピタなどを利用する人もいるようですが、これは正しい方法なのでしょうか。湿布というのは、メントールが入って冷たく感じているだけで、実際に冷えているわけではありません、つまり冷やすために使うのは誤りということになります。

また、冷えぴたの場合には炎症や傷がある場所には使用してはいけないとされています。日焼けは炎症の一種ですから、これも誤りということになりますね。日焼けを冷やす際には、少し面倒でも冷水や濡れタオル、保冷材などを使用しましょう。

湿疹の治療薬1.抗アレルギー薬

湿疹を抑える薬としては、抗アレルギー薬が使われることがあります。内服薬で体の中からアレルギー症状を抑える薬で、場合によっては眠くなるという副作用が出ることがあります。痒みを抑えることでひっかくことを予防し、それによる症状の悪化を防ぐ効果もあります。

湿疹の治療薬2.副腎ステロイド治療薬、免疫抑制薬

副腎ステロイド治療薬は、皮膚の炎症の際に広く処方される薬です。炎症を抑える効果があり、赤みやブツブツなど皮膚の表面に出ている症状を抑えてくれる効果があるとされています。

免疫抑制薬とは、体内で過剰に起きている免疫反応を抑える薬です。アレルギーというのは、基本的には外部からの刺激に免疫が過剰に反応して起きる現象ですので、免疫反応を抑えることによって症状を抑えられる可能性があります。

市販薬はないの?

日光湿疹に市販薬を使う場合、一般的には湿疹に効果があるとされている薬が使われることが多いようです。これで改善できる場合もありますが、効果が感じられなかったり、炎症部分に自己判断で塗り薬を使うことで、逆に症状を悪化させてしまう場合もあるようです。一度試してみるのは悪いことではありませんが、できれば皮膚科に相談する方が理想的です。

湿疹の予防と対策

直接日差しに当たらない工夫を

日光湿疹を予防するためには、まず直接日差しに当たることを避けるのが一番重要です。なるべく日陰で過ごすようにしたり、長袖や手袋、帽子などを使用して肌に直接日光が当たることを避けましょう。日光湿疹だけでなく、紫外線が引き起こすそのほかのトラブルを避けることにもつながります。

日焼け止めの使用

肌が出てしまう部分には、必ず日焼け止めを使用しましょう。日光湿疹の原因は紫外線だと考えられていますが、日焼け止めを使用することで紫外線が肌に到達するのをカットすることができます。真夏以外の時期も常に紫外線は降り注いでいますので、できれば冬でも日焼けどめを使用する習慣をつけておくのが理想的です。

まとめ

日焼けをしている部分だけに湿疹ができた場合には、日光湿疹の疑いがあります。紫外線が肌に当たることで引き起こされると考えられていて、5つのタイプに分けられます。皮膚科に行くと検査を受けることができますので、おかしいと感じた時には相談してみると良いでしょう。

日焼け後には正しいケアを行うことで、湿疹をはじめとした、紫外線による様々なトラブルを避けることができる可能性があります。また、直射日光に当たらないように工夫したり、日焼け止めを使用したりといった工夫も効果的だと言われています。日光湿疹ができてしまった場合には、皮膚科に行って薬を処方してもらうのが治療の早道となります。