「美白になるには何をしたらいいのか」という疑問を抱えている人もいるかもしれませんね「地黒だから」「綺麗な肌を手に入れたいから」など美白になりたい理由はさまざまだと思います。しかし、方法を知らなければ努力することも出来ません。美白になる方法や食べ物を知って自分なりに努力を行うようにしましょう。

美白になるには何をしたらいいの!?

近年では美白の女性に好印象を持つようになる人が増えてきましたよね。また、多くの女性が「美白になりたい」という願望を抱えていると言われています。しかし、中には生まれた時から地黒で悩みを解決する方法がわからないという人もいるかと思います。また、このような気持ちを持っていても努力をすることが出来なければ、美白になることが難しいでしょう。

では、どうしたら美白を手に入れる事が出来るのでしょうか?なるべく簡単な方法で美白になりたいですよね。簡単に美白になれる方法を知って、自分なりに努力を行うようにしましょう。美白になるには「努力をする」「高い意識を持つようにする」という事が大切なのです。

また、普段から美白効果のある食べ物を摂取するようにしてもいいかもしれませんね。その方法やどのような食べ物で美白になれるのかという事を参考にしてみてください。今まで抱えていた悩みを解消出来るようになるといいかと思います。

美白になるには…?地黒でも頑張れば美白になれる!

洗顔は「優しく洗う」が基本

美白を目指す時には、もちろん美白用の化粧品を揃えることは大切です。しかし、使用しているアイテムだけに頼っていては、美白効果は半減してしまいお金の無駄になってしまいます。

美白になるための近道は、「洗顔をきちんとすること」です。洗顔は毎日するもので、とても基本的なことですよね。しかし、忙しかったり、疲れていると、洗顔を念入りにする気力がなく適当に洗ってしまう…なんてことはありませんか?

このような日が積み重なると、皮膚の汚れは取れないままです。これだと、いくら効果の高い化粧品をつけていても、基本の肌の調子が悪いので美白効果は期待できません。女性は外出する時には化粧をする人がほとんどだと思います。たとえ薄化粧でも、化粧下地やファンデーションなどは付けるので、クレンジングオイルやジェル、洗顔フォームでしっかり汚れを落としましょう。

洗顔をする時には、洗顔フォームを適度に泡立てて、顔を泡で優しくマッサージするように洗いましょう。汚れを取ろうとして強く洗うと、肌を傷めて肌トラブルの元になるので気を付けましょう。お湯の温度は、32度が最適です。それ以上だと熱すぎて、肌の必要な皮脂まで取れたり、乾燥肌になるそうです。

日焼け止めは拡散タイプを使用

今では紫外線が昔以上に強くなっているため、日焼け止めで紫外線対策をしている人は多いと思います。ただ、日焼け止めを塗るシーズンを、夏限定にしていたりはしませんか?紫外線は夏だけでなく1年中出ていると言われています。なので、外出する時には必ず日焼け止めを塗るようにしましょう。

それに、晴れの日だけでなく、雨の日ですら少量ですが紫外線は出ているそうです。そのため、1年中日焼け止めは手放さないようにしましょう。これが将来シミやそばかすを作るか作らないかの分かれ目になります。

肝心なのは、「どのような日焼け止めを選ぶか」ということです。実は、日焼け止めには紫外線吸収剤が含まれているものもあります。それを選ぶと紫外線が肌に吸収されるわけではありませんが、紫外線を浴びた時に熱を発生させてブロックするため、肌トラブルを起こす可能性があると言われています。

出来れば紫外線吸収剤の含まれていない、拡散タイプの日焼け止めの方がおすすめです。

腸内の善玉菌を増やす

腸内環境が悪いと便秘気味になって、肌の調子も悪くなりますよね。このように、私たちの肌は腸内環境が整っているかいないかで、大きく左右されます。これは美白にも関係があることです。

私たちの肌は、ターンオーバーをして新しい肌に生まれ変わっています。これも腸内環境が悪いと上手く出来なくなるそうです。つまり、ターンオーバーが不調の人は、長期間古くなった皮膚を身に着けているということです。これでは美白への道のりも遠のきますよね。普段から便秘気味という人は、腸内環境が悪いのかもしれないので、まずはそこの改善からしてみましょう。

腸内環境を整えるという事は、腸内に善玉菌の数を増やすということです。そのため、美白効果だけでなく体の免疫力をあげて、病気にかかりにくい健康体を作ることにも繋がります。日頃から、善玉菌の豊富な食物を積極的に摂取しましょう。善玉菌を増やすのに効果的な食物はヨーグルトや牛乳、バナナなどがあります。

睡眠はゴールデンタイム内に!

毎日の睡眠時間は何時ごろですか?美白になれるかどうかは、「いつ寝るか」も重要なポイントになってきます。寝る時間としては、肌のゴールデンタイムとも言われる10時から2時までが理想です。この時間帯は肌のターンオーバーをする時間とも言われているので、その時に起きていると肌の調子は良くなりません。

そして、睡眠時間は最低でも7時間は寝るようにした方が、新陳代謝も活性化され美白効果も上がるそうです。仕事で朝7時に起きる人は、12時までには寝るようにしましょう。寝る前にスマホでゲームなどをしていると、なかなか寝付けなくなるので、スマホは寝る直前には見ないように。

そしてもう一つ大切な事は「食事」です。実は、ただ単に睡眠時間を守るだけでは美白効果は期待されないそうです。顔の肌を作り出す成分はタンパク質を言われています。なので、毎日の食事でタンパク質の含まれた食品を積極的に摂取するようにもしましょう。

適度な運動で代謝アップ

毎日適度な運動、していますか?仕事などが忙しくなると、たとえ運動を心がけていてもついサボってしまう、なんて人も多いでしょう。しかし美白を目指しているのであれば、毎日少しでも運動をしましょう!というのも、運動をしないと肌のターンオーバーがきちんと行われないからです。

わざわざ時間を作るのが面倒、という人は普段の行動の中で運動を少しプラスさせてみるといいでしょう。例えばいつもエレベータを使うのを階段に変えてみるとか、電車を自転車通勤に変えてみるなど、日々の生活の中で出来る事から始めてみるといいでしょう。運動する習慣が身に付けば、血流が良くなって美白になるだけでなく冷え性の改善にもなるはずです。

大人になるにつれて、運動する習慣が減りますが、運動している人は同じ年齢でも若々しく見えるものです。美白を目指している人は、美意識が高い人が多いはずです。運動は少ししんどい時もありますが、綺麗な肌になるために頑張りましょう!

美白になるには…?顔は毎日の手入れが大切

顔のマッサージを行う

美白になるためには、マッサージで顔の血行をよくすることも大切です。顔がくすんだりむくんで見えてしまうのは、リンパの流れが滞り、老廃物が排出されていないからです。マッサージは顔だけではなく、首や頭皮も含めてするとさらに効果がアップするみたいです。

マッサージをする時には、クリームなどをつけずにそのまましてしまうと、肌を傷つける原因にもなってしまうので、マッサージクリームなどを付けてから行いましょう。

■顔、デコルテのマッサージ方法

1.両手の親指を顎に当て、耳の後ろまで5回さする
2.親指以外の4本の指で、耳の後ろ、鎖骨、肩までを5回さする
3.左胸のデコルテを右手でさすり、脇下のリンパ節まで流して揉む
4.右胸も同じように行う
5.人差し指、中指、薬指を使って、眉上から額の生え際までを5回さする
6.両手の指先を使って、顔の右側を顎先からこめかみにかけてゆっくりと持ち上げ、5回繰り返す
7.左側も同じように行う

肌を「押しながら」マッサージもしよう

先ほどの指で肌をさするマッサージの次は、肌を指の平で押すしていきましょう。こうすることで、更に顔のリンパの流れが良くなうので、肌のツヤが出て美白に近づけるそうですよ!この時に、マッサージクリームの量が少なくなってきたら足しましょう。

■やり方
1.眉頭から眉尻、こめかみまでを人差し指と親指でつまみながら押していく
2.眉間に中指と薬指を置いて、額の方へ指を上げていく
3.額に人差し指、中指、薬指を置いて、真ん中から左右のこめかみまで軽く押していく
4.目のくぼみに中指と薬指を置いて、目の上から下までを軽く押す
5.口角から小鼻までを中指と薬指で押し、また口角に戻ってこめかみまで少し力を入れて押していく
6.親指と人差し指を使って、フェイスラインをつまんで、顎先から耳下まで押し上げていく

シャンプー中に頭皮マッサージ

頭皮のマッサージも、肌の調子をよくしてくれます。毎日お風呂に入って髪を洗うついでに、頭皮を指の腹で優しく押すようにマッサージしてみましょう。頭頂部には、「百会」と呼ばれるツボがあり、そこを押すのも効果的です。百会は頭頂部のくぼんでいる部分にあります。あとは、親指を使って首の付け根を押すのも気持ちいですよ。

美白効果のあるクリームを活用する

美白効果のある化粧水やクリームを買うとき、色んな種類のものがあると悩みますよね。数ある美白化粧品の中でも、高い美白効果で知られているのが「ルシノール」です。化粧品を選ぶ時には、ルシノールが配合された商品を選ぶといいでしょう。

ルシノールは、シベリアで育つもみの木から取れる成分で、化粧品会社のPOLAが独自に開発しました。なぜ美白効果が高いのかというと、ルシノールにはメラニンを黒色に変化させるチロシナーゼと結合し、シミなどを作る働きを弱める作用があるそうです。ルシノールは刺激も強くないので、敏感肌の人でも安心して使えます。

他には、「ハイドロキノン」も美白効果が高いと言われていますが、ルシノールと比べて刺激が強いため、敏感肌の人はまずはパッチテストをして、肌に異常が見られないかそうかを確かめてから使用しましょう。また、肌の気になる部分以外にはあまり塗らない方がいいとも言われています。

顔全体に塗ってしまうと、綺麗な肌に白班ができる可能性もあるそうなので、シミなどを薄くした部分にのみ付けるようにしましょう。

美白になるには…?効果のある食べ物2選

柑橘系の果物

私たちの健康が何を食べるかに左右されるように、肌の調子も食べるものによって変わります。美白効果を高めたいのであれば、ビタミンCが一番効果的と言われています。

オレンジやレモンなどの柑橘系の果物にはビタミンCが豊富に含まれているので、積極的に摂取していきましょう。ただ、市販のジュースなどは糖分なども多く含まれているものもあるので、出来れば生搾りのジュースを飲むのが理想です。

ただ、柑橘系の果物を摂取する時にはタイミングが重要です。というのも、柑橘系に含まれるビタミンCには、紫外線をより吸収する働きがあるので、日焼けを更に悪化させてしまうからです。なので、オレンジジュースなどを飲む時は、外出しない時間帯に飲むといいでしょう。

逆に、外出前に食べた方がいい果物はイチゴです。イチゴは抗酸化作用が優れているので、日焼け予防にも効果的と言われてます。イチゴは食後に5~6粒ほどを生で食べるといいそうです。ちなみに、ヘタを取るとビタミンCが流れてしまうので、食べる直前まで取らないことがポイントです。

トマト

トマトは抗酸化作用が期待出来る優れた野菜だと言われています。私たちの体は、紫外線などを浴びると活性酸素を体内に取り込むようになり、それが大量に増えると老化の原因になり、顔にもシミなどが出来やすくなるそうです。

そんな時に活性酸素を退治してくれるのが、抗酸化作用のある食べ物です。トマトに含まれるリコピンには、老化を防ぐ働きや、活性酸素を除去する働きがあることが知られています。

また、リコピンは熱を通すことでより高い効果が出てくると言われています。そのためトマトをスープにして飲むようにしてもいいかもしれませんね。スープの中に相性の良いブロッコリーを入れるようにしましょう。ブロッコリーの中にはたくさんのビタミンが含まれていますよ。スパイシーな味付けやコンソメ味など、飽きないように工夫しながら続けられると良いですね。

美白になるには努力が必要!

このように美白になるには、ある程度自分なりに努力をおこなう必要があります。だた努力をしっかりと行うことが出来れば、誰でも美白を手に入れる事が出来るのです。生活習慣や美意識を見直すようにして。美白になる努力を行うようにしましょう。

また、美白になったからといって気を抜いてはいけません。毎日美白のために努力をし続けるからこそ、本当の透明感のある美白が手に入るようになるのです。周りの人がうらやましいと思うような肌になれるといいですね。