つい飲み過ぎて次の日にひどい二日酔い!というのは、誰にでも経験があるのではないでしょうか。そんな二日酔いになってしまった時は、一刻も早く回復したいですよね。すぐに回復するための飲み物や、二日酔いにならないための方法をまとめてみました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

二日酔いに効く飲み物は何がある?

二日酔いになってしまったら、何とか早く回復したいと思いますよね。そのためには、水分補給をすることがとにかく大切です!

それでは、どんな飲み物を飲めば早く回復することができるのでしょうか?また、二日酔いを防止するために気をつけること、おすすめの飲み方などを紹介していきます。

自分に合った方法で、二日酔いに気をつけながら、お酒を楽しんでいきたいですね。

二日酔いになる原因は?

アデノシン

二日酔い、とくに頭痛の原因となるのは、アルコールに含まれているアデノシンという成分のためです。

アデノシンには血管拡張作用があり、リラックスすることにもつながります。お酒を飲んで気持ち良くなってリラックスするのはこのためですね。

ところが、このアデノシンを大量に摂取することで、きちんと分解することができず、翌日の症状として、ズキズキとした頭痛に悩まされてしまうことになるのです。

利尿作用により脱水する

アルコールには利尿作用があり、アルコール50g摂取した場合、600~1000mlの水分が失われると言われています。アルコールを摂取することで、もともとあった体内の水分も一緒に、どんどん排出されてしまうのですね。

ですから、自分では気がつかないうちに、体の水分が失われてしまい、脱水症状になってしまうのです。脱水症状になると、体がだるくなったり頭痛がしたりという症状が出てしまいます。

お酒を飲んでいる間には、水分をとっているという意識があるので、なかなか脱水症状に気がつきにくいと言えるので、注意が必要ですね。

脱水により水分・栄養が失われる

アルコール分解によって、脱水症状になってしまうと、頭痛、身体疲労(だるさ)を感じるようになります。血液中の水分や酸素が失われて、循環がうまくいかなくなっているのです。

また、二日酔いの特徴である吐き気、食欲不振になってしまい、体がだるい状態が続いてしまいます。本来必要な量の水分まで失われてしまうため、水分補給がとても重要になってくると言えるでしょう。

アルコール分解によって低血糖になる

アルコール摂取によって、必須アミノ酸のひとつであるグルタミン、糖の生産が不足してしまいます。

肝臓で作られているこれらの成分ですが、アルコール分解に肝臓が使われるため、その間にグルタミンを生産することができず、糖分不足になってしまうのです。

グルタミン、糖分の不足によって、アルコール分解をする力が弱まってしまうので、二日酔いが長引く原因となってしまうのですね。

低血糖で筋肉痛のような痛みが出る

低血糖によって起こる症状として、ズキズキとする頭痛と、筋肉痛があります。

筋肉を構成しているアミノ酸のうち、グルタミンが60%を占めているので、それが不足してしまうと、筋肉に痛みを感じてしまうのです。運動の後の筋肉痛のような痛みですね。

血液中の糖分が不足することで、体全体に糖分が運搬されずに、低血糖になってしまうのです。

アセトアルデビド

アセトアルデヒドという成分により、二日酔いの症状は現れるとされています。アセトアルデビドは、吐き気や頭痛などを起こしやすく、分泌が弱く体内に残りやすいので、二日酔いになってしまうのです。

それをうまく分解する働きを持つアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)の活性が弱いと、血液中に有害なアセトアルデヒドがいつまでも残ってしまうため、悪酔いを起こす原因となってしまうのですね。

このアセトアルデビドが体内に残った状態になると、頭痛、吐き気、体のだるさという、いわゆる二日酔いの症状が出てしまうことになります。

大量のアルコールは分解しきれない

アセトアルデビドによる症状は、頭痛、体のだるさ、吐き気、疲労といういわゆる二日酔いの症状と同じです。そのため二日酔いの犯人はアセトアルデビドだとされています。

適量のアルコールであれば、分解されて体外に排出されますが、大量のアルコールを摂取した場合、分解しきれずに体内に残ってしまうのですね。

その結果、翌日になって体がだるい状態が続いてしまうのです。

胃酸分泌により食欲が増進し食べすぎる

アルコールを大量に摂取すると、胃酸の分泌が促され、胃酸過多になってしまうという症状になります。二日酔いで、胃がムカムカして、吐き気がする感覚は、このためと考えられます。

アルコールを飲んでいる時には、胃酸がより分泌されて、空腹感を感じて食べ過ぎてしまいがちです。飲んだ後にもなんとなく空腹感を感じて、ラーメンを食べたり、なんてこともありますよね。

そして、次の日にその食べ物がなかなか消化しきれず、胃もたれを起こしてしまったり、消化不良や下痢といった問題が起きてしまうのですね。

飲んでいる時の食べ物に気をつけ、アルコールによって食欲が一時的に増進されているという意識を持つと、気をつけることができるかもしれませんね。

胃の塩酸分泌により消化が正常にできない

胃の塩酸分泌が過剰になってしまうと、吐き気や、胃がムカムカする感覚があり、食欲不振になります。また、食べ物が十二指腸にきちんと排出されず、胃もたれしたり、下痢になってしまうこともあるでしょう。

胃腸が通常の状態ではないため、食べたものがきちんと消化されず、また食欲も不振になってしまいます。

気持ち悪さが続く場合には、消化を助けるために、消化酵素剤、または総合胃腸薬を、たくさんの水と一緒に飲むのが良いですね。

酸素不足

アルコールを大量に摂取することで、酸素不足になってしまうことも考えられます。二日酔いの頭痛、疲労感、体のだるさは、酸素欠乏症が原因となっているのです。

酸素は血液を通して体全体に運ばれます。アルコールを摂取すると、酸素吸入量も減ってしまいますが、血液の中にもアルコールが入り込むことで、運搬される酸素の量が減ってしまうのです。

体内での酸素はとても重要で、呼吸から取り入れるだけでは不十分なのです。血液によって体中に運ばれる酸素が不足すると、体がだるくなり、脳の酸素不足によって、頭痛が引き起こされてしまうでしょう。

ウィスキーやテキーラなどメタノールの多いお酒

アルコール度数が強いお酒(ウィスキー・テキーラ等)には、メタノールが含まれています。メタノールは肝臓での処理に非常に多くの時間を要するとされています。

二日酔いになりにくいお酒は、エタノール100%のお酒です。けれど、ほとんどのお酒は作る過程においてメタノールが発生するので、お酒を飲む限り、メタノールを避けることは難しいようですね。

メタノールの分解には時間がかかり、またその間はエタノールの分解を後回しになってしまいます。そのためため、メタノールが体内に残っている時間が長くなってしまうのです。

その結果、疲労感やだるさが長く続いてしまい、二日酔いの状態になるのですね。。

メタノールは肝臓で分解するのに時間がかかる

メタノールが体内に残った状態になっていると、二日酔いの症状である、頭痛、だるさ、吐き気や体の痛みといった問題が出てきます。とくに、筋肉痛のような感じで体の節々が痛んだりする症状も出てくるでしょう。

これらはメタノールを早く分解することで回復しますが、メタノールが肝臓で分解されるのには時間がかかってしまうため、二日酔いが長引いてしまうことも多いようです。

できるだけ肝臓の代謝を高めるように、酸素入りミネラルウォーターを飲むことがおすすめですね。さらに、とにかく水分補給をして、アルコールを体外に排出することが大切だと言えるでしょう。

二日酔いに効く飲み物は?

スポーツドリンクでナトリウムと水分を補給

脱水や低血糖が原因の二日酔いの場合、水分補給をすることが、とにかく大切です。アルコールには、水分と栄養素を奪う性質があるので、水分を素早く吸収できるものを飲むと良いでしょう。

ナトリウムを一緒に摂取することで、脱水状態の体に素早く水分を取り込むことができます。とくに手頃なのは、スポーツドリンクでしょう。飲みすぎたと思ったら、なるべく早く補給すると効果的ですね。

スポーツドリンクは食欲がなくても飲みやすい

スポーツドリンクを飲むことによって、失われた水分を補給するだけでなく、クロール、カリウム、糖分を補給することができます。

ただ水を飲んでも、体内の失われた成分を補給することにはなりません。尿になって排出される時、塩分も失っているので、適切な量の塩分、糖分も必要です。そこで便利なのがスポーツドリンクです。

カリウムを摂取することによって、体内に残っているアルコールを、早く体外に排出することができるので、二日酔いも早く解消されるのですね。

また、スポーツドリンクは食欲不振でも飲みやすいので、二日酔いで胃がムカムカしている時でも飲むことができますね。

代表的なスポーツドリンクで効くものは?

代表的なスポーツドリンクで、とくに二日酔いに効くものは何でしょうか。最近では、バラエティーも豊富で、美味しい味のものもたくさんあります。自分の好きなものを探してみると良いですね。

アクエリアスは、失った栄養素をすべて含んでいるので、素早く効果的に水分補給することができるでしょう。水分だけでなく、ナトリウムや糖分、ビタミンなども栄養素も摂取することができます。

そのほかにも、ポカリスエット、ダカラ、アミノサプリCなども、有効に栄養素を体に取り入れることができるでしょう。

二日酔いになった時にすぐに摂取できるように、冷蔵庫にはいつも入れておくようにすると良いかもしれませんね。

果実ジュースで糖分を補給

二日酔いの脱水状態に摂取したいのは、100%オレンジなどの果実ジュースです。豊富なビタミンが含まれていて甘く美味しいので、低血糖による二日酔いにに嬉しい飲み物ですよね。

アルコール分解によって失われた糖分も、果実ジュースを摂取することで補給することできますね。果糖を摂取することによって、低血糖を素早く解消し、同時に水分補給もできるので一石二鳥です。

オレンジ、グレープフルーツなどの爽やかな味が、二日酔いでムカムカした胃をリフレッシュしてくれるとも言えるでしょう。

果実ジュースでビタミンも補給

アルコールを摂取することによって失われた、ビタミンや栄養素を補うためにも、果実ジュースで栄養補給すると良いでしょう。100%のものを選ぶことで、良質なビタミンを摂取できますね。

けれど、メタノールが原因の二日酔いの場合には、果実ジュースを飲むことでは効果はありません。スポーツドリンク、または二日酔い用のドリンクを飲んだ方が回復は早いかもしれませんね。

そして、水分補給の際には、酸素入りミネラルウォーターで酸素を補給することもおすすめです。

果実ジュースにレモンを加えると効果的

一般的に、二日酔いに効くとされて飲まれている果実ジュースには、オレンジジュースやグレープフルーツジュースがあります。自分の好きなもので飲みやすいものを選ぶと良いでしょう。

レモンを少し加えることでクエン酸を摂取することができ、疲労回復には効果的です。ビタミンCを摂取することができて、胃もたれしていても、すっきりとしていて飲みやすいですよね。

なるべく良質で、自然な100%の果実ジュースを選ぶように心がけると、ビタミンなどの栄養素も一緒に摂取できるのでおすすめです。

二日酔いに効く果実

二日酔いに効果的な果実は、オレンジ、トマト、柿、バナナなどです。糖分を補うことで、低血糖を解消し、カリウムを多く含んでいるため、アルコールを早く体外に排出する働きがあります。

そのほか、グレープフルーツは、日本で昔から二日酔いに効くとして飲まれてきました。すっきりとして、ビタミンCも豊富に含まれているので、積極的に摂りたいですね。

二日酔いで食欲がなく、何も食べたくない、と思う時でも、フルーツなら食べられるのではないでしょうか。フレッシュジュースにしても良いですし、そのまま食べても良いですね。

デトックス効果があるので、体に溜まった毒素を外に排出してくれるでしょう。

ビタミンやカリウムを含んだお手製ジュース

果実ジュースをベースに、二日酔いに効く食材を用いてジュースにするのも良いアイデアです。自分で工夫して好きなフルーツを加えたり、味を調整できるので、好みのものができますね。

ビタミンやカリウムを多く摂取することを心がけながら、好きな果実ジュースをベースに、フルーツやはちみつ、レモン汁などを加えてみると良いでしょう。

ミキサーに自分の好きなフルーツや野菜を入れて、スムージーにして飲めば、二日酔いで食欲がなくても、栄養たっぷりの食事にすることができます。

日本古来の二日酔い対策ならしじみ汁!

BS放送で野球中継を楽しむ方ならご存じだと思いますが、街頭で二日酔いのサラリーマンがしじみのエキスを飲まされて「うわっ!なんですかこれ?」と顔をしかめるコマーシャルがあります。そのあとにしじみのサプリメントを渡されて「なんでこれ先に出せへんの?」というオチがつくのですが、しじみには二日酔いに有効な成分が入っていることがよく知られています。

また、しじみは一旦下処理をしてから冷凍庫で保存しておくと、生の状態よりも栄養価がアップすることも分かっています。二日酔いの時って胃も弱っていますから、あれこれおかしなものを飲むよりも、昔から親しまれているしじみ汁を飲むのもおススメです。

市販されている飲み物

コンビニやスーパーで気軽に買える二日酔い用ドリンクは、強い味方ですよね。中でも早く治したい場合には、ノ・ミカタが最も効くと言われているようです。

アルコール分解を早めてくれて、肝臓の代謝を上げてくれる働きがあります。即効性があり、早く二日酔いを治したい場合には、試してみると良いでしょう。

そのほかにも、体のだるさを早くとりたい場合には、ヘパリーゼが効果的と言えそうです。胃腸の状態をすばやく戻してくれるので、胃がムカムカしている場合にも良いでしょう。

市販の二日酔い用ドリンクは、効き目に個人差があると言えるので、自分に合ったものを見つけて、それを飲むようにすると良いでしょう。

酸素水

アルコール摂取によって酸素欠乏になっている場合には、酸素入りのミネラルウォーターがおすすめです。血液の中の酸素が不足すると、だるさや頭痛の原因になります。

スーパーやコンビニなどで、ミネラルウォーターと一緒に並んでいます。酸素が豊富に含まれているので、血液中の失われた酸素を、すばやく補給してもとの状態に戻してくれるでしょう。

水分補給をしながら、さらに酸素を補給することで、二日酔いから回復するのが早くなるので、一度試してみる価値ありですね。

炭酸飲料水

スプライト、コーラ等の炭酸飲料を摂取することによって、酵素の働きが促進され、アルコールが早く分解されるでしょう。

炭酸のミネラルウォーターは、天然酵素が含まれていて、ミネラルも豊富に含まれているのでおすすめです。飲みにくい人は、レモンを一絞りすると、クエン酸も一緒に摂取することができ、疲労感回復につながるでしょう。

また、炭酸水は喉越しもスッキリとして飲めるので、二日酔いでムカムカしている時でも飲めますね。

ズキズキ頭痛を治す飲み物

ズキズキと痛む頭痛を早く治したい時には、コーヒー・牛乳を摂取すると良いでしょう。

コーヒーに含まれているカフェイン、セロトニンには血管収縮作用があるので、広がった血管を通常の状態に戻してくれる働きがあるのです。また、ぼーっとした頭もスッキリ目覚めることができそうですね。

二日酔いにならないために飲酒前にできる予防法は?

ウコンなどを飲んでおく

最近では、二日酔い防止ドリンクを飲む前に飲む習慣が一般化してきましたよね。

ウコンの力、ノ・ミカタ、ヘパリーゼ、ハイチオールCなどの、効果的な二日酔い防止ドリンクを飲んでから、飲酒するように心がけましょう。そうすることで、アルコールの吸収がおだやかになり、分解もされやすくなるでしょう。

お腹が空いた状態で飲まない

二日酔いを避けるためには、空腹状態での飲酒を避けることです。空腹での飲酒は、アルコール吸収を早め、血中のアルコール濃度が高くなりやすいのです。

また、空腹での飲酒は、血中のアルコール濃度がピークに達するのを早めやすく、低血糖を早めると言われています。急激に体に負担を与えてしまうことになってしまうのですね。

前ふりをしておく

親しい間柄の人なら、今日はちょっと「たくさん飲めないんだ」と前ふりをしておきましょう。会社の飲み会などでも、あらかじめお酒が弱いことを伝えておけば、無理に飲まされるリスクも下がると思います。それでも強要されるようなら死んだフリでもしておきましょう。

胃にバリア

アルコールの吸収を遅らせるためには、脂肪分の摂取も重要です。特に、良質な植物性脂肪を摂取することによって、アルコールが体内へ吸収されていくスピードがゆるやかになります。ゴマやナッツなどがおススメですよ。そうすることによって、二日酔いも防止することができるのですね。

緑茶もおススメ

脂肪をどうしても摂取したくない場合には、緑茶を飲むと良いでしょう。緑茶に含まれているカテキン(フラボノイドの一種)が、アルコールなどの栄養吸収を阻害します。緑茶なら自動販売機やコンビニで簡単に手に入るので、飲酒前や飲酒中のお供にしましょう。

二日酔いにならないために飲酒中に気を付けることは?

冷酒は後から効いてくる

お酒の温度も二日酔いと関係してきます。一般的には温かいお酒の方が回りが早いので、早く酔うために結果的に酒量を減らすことに繋がります。逆に、「親父の小言と冷酒は後から効いてくる」と言われるように冷酒は口当たりが良くて飲みやすいものの、二日酔いになるリスクが高くなってしまうので飲みすぎには注意です。

ただ、ホットワインや熱燗を飲む場合、その鼻の粘膜を介して湯気によって酔っぱらってしまうこともあるそうです。お酒が苦手な方はそれが嫌で冷たいお酒を飲むことがあるのですが、それも二日酔いのリスクを高めてしまうことになります。

炭酸で割らないようにする

ポカリスエットでお酒を割って飲むと回りが早いと言いますが、吸収が早いので当たり前です。また、ビールがなぜ即効性があるかと言うと、炭酸飲料だからです。そのため、お酒は炭酸で割らないほうがいいですよ。コーラ割りなどは悪酔いの元凶です。

ゆったりとした気分で飲むようにする

梯子酒をして記憶がなくなると言う人はたくさんいると思いますが、これはお酒を飲んだ状態で運動しているようなものだからです。血行が良くなればお酒がまわるのは当然のことです。出来れば落ち着いた気分でゆったりと腰を据え、料理の味を楽しみながら大人な飲み方をすると良いでしょう。

トイレに行くようにする

お酒を飲んだらトイレが近くなりますが、しっかり出しておいてお酒以外の水分を補給するようにしましょう。おしっこを出すだけだと体内のアルコール濃度が高まってしまうので、適度な塩分と水分をとることが二日酔い対策のためにも重要です。

お酒と薬をいっしょに飲まない

まず、薬を飲まないといけないような状態であれば、飲酒は絶対に避けるようにしましょう。薬によっては重篤な結果ともなってしまいかねません。調子が悪い時こそ飲み会を断る絶好のチャンスです。おとなしく家に帰って栄養のあるものを食べて、薬を飲んで寝てください。

チャンポンしないようにする

とりあえずの一杯にビールってとてもおいしいものですが、実はある程度他のお酒を飲んだ後に再びビールを飲むと、一杯目のようにおいしく飲めるんです。俗に「生戻り」なんて言ったりするのですが、この飲み方は酒豪用です。一般人はマネしないようにしてくださいね。

醸造酒には要注意!

「ビールなら大丈夫だけど日本酒はちょっと…」とか「どうもワインは苦手で…」なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。なぜかと言うと蒸留酒に比べて、醸造酒の方が悪い良いしやすいと言われているからです。ただし、蒸留酒の場合の品質の悪いお酒を飲めば二日酔いの恐れはあります。

寝る前には水分補給を!

お酒を飲んで酔っ払って家に帰ってバタンキュー。これが二日酔いの最大の原因です。アルコールを分解する際には大量の水分が必要とされます。二日酔いの時に喉が渇いているのはその為です。寝る前に水分補給をすることで、二日酔いのリスクを低下することが可能ですよ。

まとめ

二日酔いになってしまうと、体がだるいまま1日を過ごしてしまい、もったいないような気分になりますよね。それを防ぐために、飲む前や飲んでいる時にできることから、取り入れてみてはいかがでしょうか。

ぜひ参考にして、お酒をさらに楽しく気持ち良く飲めるようにしていきたいですね。